荒井千裕*音の綴り方

荒井千裕*音の綴り方 メルマガ第1030号@腕が疲れるのは筋肉が弱いからではない

♪#♪──────────────────────

荒井 千裕#音の綴り方*スカイツリー発信

*第1030号*
2018年8月13日刊
──────────────────────#♭#

おはようございます#こんばんは。
発刊人の荒井千裕です。


本日は、ドイツの作曲家でピアニストの
グスタフ・ランゲ(1830-1889)、

ロシアの作曲家でピアニストの
レオニード・ニコラーエフ(1878-1942)、

アルゼンチンのタンゴの作曲家・ピアニスト・ヴァイオリニストの
アグスティン・バルディ(1884-1941)、

アメリカのコロラトゥーラ・ソプラノ歌手の
キャスリーン・バトル(1948-)の誕生日です。



゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚



そして、イタリア後期バロック音楽の作曲家、
フランチェスコ・ドゥランテ(1684-1755)、

ドイツのチェリストで作曲家の
ベルンハルト・ロンベルク(1767-1841)、

ブラジル音楽の作曲家でマンドリン奏者の
ジャコー・ド・バンドリン(1989-1969)、

アメリカのサキソフォーン奏者、
キング・カーティス(1934-1971)、

ハンガリーのヴァイオリニスト、
ヨハンナ・マルツィ(1924-1979)、

フランスの作曲家でヴァイオリニストの
レイモン・ガロワ=モンブラン(1918-1994)、

アメリカの現代音楽の作曲家でピアニストの
デイヴィッド・チューダー(1926-1996)、

日本の作曲家、
池野 成氏(1931-2004)、

イギリスの作曲家、
アーノルド・クック(1906-2005)、

ハンガリーのヴァイオリニスト、
ヨーゼフ・シヴォー(1931-2007)、

アメリカのギタリストでエレクトリック・ギターの発明家、
レス・ポール(1915-2009)の命日です。



────────────────────────
@腕が疲れるのは、筋肉が弱いからではない
────────────────────────

ピアノを弾いていると、多くの人が感じるだろうことの1つに、

「練習をしていると腕がつかれる(痛くなる)」があるのではないでしょうか?


腕が疲れるのは、腕の(または身体の)筋肉が弱いから、
鍛えられていないからでは、ありません。

スポーツをやる人が必要な(あるいはスポーツをやっていると
自然に身体についていく)筋肉は、ピアノを弾く人たちには
特に必要はありません。

腕が疲れるのと筋肉に何か関係があるとしたら、
ピアノを弾く時に、筋肉を固めてしまう時間が続くからではないでしょうか。
言い換えると、身体が縮こまっている時間。

筋肉を使うとしたら、逆に考えてみましょう。

「筋肉をゆるめてあげる」 です。

すると、体の節々がどんどん広がって行き、
ラクに身体を使ってピアノを弾けるようになりますよ。

それが出来るようになると、腕が疲れない(痛くならない)だけでなく、
何時間練習しても、身体が疲れる事はなくなります。

ただし、頭を使って練習すれば、脳は疲れますよ(笑)。

ちょっと意識してみて下さいね。



────────────────────────
*荒井千裕ピアノ・サロンのご案内
────────────────────────

ドビュッシー没後100年の今年は、ドビュッシーづくしのプログラム。
9月2日(日)午後、東京南麻布のセントレホールにて。

お話と映像とピアノのコラボ「おんがくの絵本」新作も披露!

お時間がございましたら是非お運び下さいね!
あなたさまにお目にかかれるのを楽しみにしております♪

ご予約はこちらから。
https://goo.gl/ec7QbD



お読みくださり、ありがとうございました。

メッセージをお寄せ下さる場合は、
このメルマガに直接返信して下さいね。

頂いたメッセージは全て、嬉しく読ませて頂いておりますが、
お返事を期待しないで頂けると嬉しいです。


筆 荒井千裕

────────────────────────
メール・マガジン:荒井 千裕#音の綴り方
発行責任者:荒井 千裕
公式サイト:https://chihiropiano.com
メール:chihirohk@gmail.com
電子書籍:本番で演奏するための練習法
http://goo.gl/bPUKW5
現在10冊発売中!
Copyright ChihiroARAI all right reserved.

荒井千裕*音の綴り方

発行周期: ほぼ 平日刊 最新号:  2018/12/10 部数:  873部

ついでに読みたい

荒井千裕*音の綴り方

発行周期:  ほぼ 平日刊 最新号:  2018/12/10 部数:  873部

他のメルマガを読む