荒井千裕*音の綴り方

荒井千裕*音の綴り方 メルマガ第1027号@演奏会に行こう!

♪#♪──────────────────────

荒井 千裕#音の綴り方*スカイツリー発信

*第1027号*
2018年8月2日刊
──────────────────────#♭#

おはようございます#こんばんは。
発刊人の荒井千裕です。

今日は最初に1つ、お断りというのか、私事をお話しておきますね。
私としては一言ではありますが、メルマガでお話したのですが、
ここ数日のうちに、香港教室へのお問い合わせや
香港の以前の住まいに郵便を送って下さった方がいるので。

私は25年住んだ香港での生活に終止符を打ち、
6月より帰国しております。
永住帰国です。

よく元生徒さんたちが、事前の連絡なしに
香港宅にピンポーン!ってやってくることがありました。
香港内でも実によく引っ越しましたので、
ピンポーン!先生いる?って訪ねてくれた生徒さんたちが
行ったのは、引っ越す前の家だった、何てこともありました。

元生徒さんたちはわかっているはず、と思うのですが。
何しろ私もまだ住所が定まっていないので、
住所をお知らせするべく方々にもちゃんとご案内出来ていない状態です。

以上です。
というわけで、5月までは「香港発信」だったこのメルマガは、
6月から「スカイツリー発信」になっております。



゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚


さて本日はドイツの現代音楽の作曲家、
カール・アマデウス・ハルトマン(1905-1963)、

日本の現代邦楽の作曲家、
長澤 勝俊氏(1922-2008)の誕生日です。


゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚


そして、イタリアのテノール歌手、
エンリコ・カルーソー(1873-1921)、

オーストリア後期ロマン派の作曲家、
エミール・フォン・レズニチェク(1860-1945)、

イタリアのオペラ作曲家で指揮者の
ピエトロ・マスカーニ(1863-1945)、

スイスの作曲家・指揮者・ピアニストの
ルドルフ・ガンツ(1877-1972)、

メキシコの作曲家で指揮者の
カルロス・チャベス(1899-1978)、

日本の作曲家、
服部 正氏(1908-2008)の命日です。



────────────────────────
@演奏会に行こう!
────────────────────────

何を唐突に、と思われたでしょうか。

先日私は、ある先生のお弟子さんたちの発表会を
聴きに行きました。

もしかしたら、よくあるかもしれない、
街のピアノ教室の発表会かもしれません。

つまり、生徒さん達みんながみんな、
コンクール制覇に向けて精進しているとかではなく、
もしかしたらお家にピアノがない生徒さんもいるかもしれない
(電子ピアノだったりキーボードだったりするかもしれない)、
これは憶測ですよ。もしかしたら全員、家に生ピアノがあるのかも
しれません。

それはわからないけれど、でも、私も今までずっと
普通の街のピアノ教室をやっていましたから、
同じ目線で楽しませて頂きました。

これがね、楽しいんですよ!

あなたが想像出来ない様々な演奏に出会えますよ。

良い悪いという目で見る(聴く)のをやめましょうね。
他人批判をするのは簡単です。でもね、それをしている限り、
あなたも同じ事をされます。
と同時に、「批判されてるのでは?」と、怯え続けることになります。

あら捜しはやめましょう。

そうではなくて、良いところを見つけるの。
他人の演奏だからね、何の壁もなく自由に聴けますよ。
しかも、ご友人のお子さんでもなければ前情報もありませんから、
新鮮な気持ちで全てを受け止められます。

演奏するスタイル、姿勢から、
息遣い、何もかもが勉強になりますよ。

そして演奏者に注目するだけでなく、
オススメはホールの一番後ろに座って楽しむこと。

どんな風に音が響いてくるのかな〜?ってね。
めっちゃ味わって下さい。
これはホールによって差はあるでしょうけれど、
楽しいですよ。

せっかく私達はピアノを、音楽をやっているのですから、
自分で楽しむだけじゃなく、人様の演奏からも楽しさを
いっぱい頂いちゃいましょう!

純粋に楽しめたなら、必ずあなたの演奏にも活かせる
学びを得られますよ。



────────────────────────
*8月の東京レッスン、ご予約受付中!
────────────────────────

今、空いているのは以下の日程です。

8月25日(土)、そして平日はご相談可能。

ご興味の有る方はこちらのページをご覧ください。
https://chihiropiano.com/piano_lesson/tokyolesson/

遠慮なくお問い合わせ下さいませ。


────────────────────────
*荒井千裕ピアノ・リサイタルのご案内
────────────────────────

ドビュッシー没後100年の今年は、ドビュッシーづくしのプログラム。
9月2日(日)午後、東京南麻布のセントレホールにて。

お話と映像とピアノのコラボ「おんがくの絵本」新作も披露!

お時間がございましたら是非お運び下さい。

ご予約はこちらから。
https://goo.gl/ec7QbD



お読みくださり、ありがとうございました。

メッセージをお寄せ下さる場合は、
このメルマガに直接返信して下さいね。

頂いたメッセージは全て、嬉しく読ませて頂いておりますが、
お返事を期待しないで頂けると嬉しいです。



筆 荒井千裕

────────────────────────
メール・マガジン:荒井 千裕#音の綴り方
発行責任者:荒井 千裕
公式サイト:https://chihiropiano.com
メール:chihirohk@gmail.com
電子書籍:本番で演奏するための練習法
http://goo.gl/bPUKW5
現在10冊発売中!
Copyright ChihiroARAI all right reserved.

荒井千裕*音の綴り方

発行周期: ほぼ 平日刊 最新号:  2018/12/13 部数:  875部

ついでに読みたい

荒井千裕*音の綴り方

発行周期:  ほぼ 平日刊 最新号:  2018/12/13 部数:  875部

他のメルマガを読む