荒井千裕*音の綴り方

荒井千裕*音の綴り方 メルマガ第1020号@頭の位置

♪#♪──────────────────────

荒井 千裕#音の綴り方*スカイツリー発信

*第1020号*
2018年7月2日刊
──────────────────────#♭#

おはようございます#こんばんは。
発刊人の荒井千裕です。


本日は、ドイツ生まれのオペラ作曲家、
クリストフ・ヴィリバルト・グルック(1714-1787)、

フランスの作曲家でピアノ教師の
シャルル=ルイ・アノン(1819-1900)の誕生日です。
※ 練習曲の「ハノン」さま。


゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚


そして、イタリアのリュート奏者で作曲家の
ヴィンチェンツォ・ガリレイ(1520頃-1591)、

ドイツ盛期バロック音楽の作曲家、
クリスティアン・ペツォールト(1677-1733)、

日本の作曲家、
深井 史郎氏(1907-1959)、

チェコの指揮者、
ズデニェク・コシュラー(1928-1995)、

アメリカの作曲家、
アール・ブラウン(1926-2002)、

アメリカのオペラ歌手、
ビヴァリー・シルズ(1929-2007)の命日です。




────────────────────────
@頭の位置に注意してみよう
────────────────────────

今日は是非、あなたがピアノを弾く時の(弾いている最中の)
頭の位置に注意して欲しいと提案します。


あなたはピアノを弾いている時、どんな姿勢をしているでしょうか?
ピアノを弾くとなると、楽譜を見たり鍵盤上の指の動きを見る事が
あるでしょう。

手指の動きを見るあまり、頭が鍵盤に近づきすぎていないでしょうか?

少し、あなたが思っているよりも頭をピアノから離してみましょうか。
気持ち、頭を後方へ。

少し斜め上を(譜面台の上部を)見るくらいでも良いかもしれません。

手指の動きを目で追う時、目で追っているつもりが
頭ごと手指の動く方へ追っているかもしれません。

もしそうだとしたら、そんなに近づかなくても見えるので、
少し頭を離して(後方へやって)、目で遠くをヨコに広く眺めるように、
手指の動きを「視界に入れる」ように捉えてみてはどうでしょうか?

頭が前へ、或いは下へ行ってしまうと、肩は凝るわ
腕の動きに制限がかかるわ、疲れやすいわで
良いことありません。

もう1つ、良くないことが起きます。

それは、音の聴こえ方です。
あなたが出す音の聴こえ方が変わりますよ。
頭が鍵盤に近づいている時と、少し頭を上げている時とでは。

是非、今日は頭の位置に注意を置いて、
頭が前へ行っている時・落ちている時と、
頭をピアノから少し話した時(後方へ置いた時)との違いを
味わってみて下さいね。



────────────────────────
*バッハ・装飾音の考え方講座開催のご案内
────────────────────────

ベルギー在住のチェンバリスト・ピアニスト・通奏低音奏者で
作曲家の末次克史先生によるバッハ講座第3弾開催のご案内です。

今回は、「バッハ・装飾音の考え方」について。

・その装飾音は本当に必要なのか
・必要な装飾音とそうでない装飾音の見分け方
・装飾音の意味
・楽譜に無い装飾音の入れ方

以上の事柄について、チェンバロとピアノを使って
考えていくワークショップです。

受け身だけではなく、あなた自身がバッハの装飾音について
考える力をこの機会に身につけませんか?


7月15日(日)13時から
東京都杉並区のスタジオ・ピオティータにて。
受講費:5,000円

詳細はこちらをご覧ください。
https://chihiropiano.com/event/bach_workshop3/

お問合せ・ご予約は、わたくし荒井が承っております。
以下の方法でお寄せ下さい。

・このメルマガに返信
・荒井へメールで chihirohk@gmail.com
・Facebookのメッセンジャーで
・Facebookのイベントページへのコメント投稿
https://www.facebook.com/events/1364140440319926/

末次先生のこの講座についてのブログ記事はこちら。
https://ameblo.jp/suetsugukatsu23/entry-12368722471.html

あなた様のご参加をお待ちしております。



────────────────────────
@7月のレッスン、受け付けております!
────────────────────────

7月の東京でのレッスンは、22日(日)と28日(土)。
平日は応相談です。

初めての方はこちらのページをご一読頂けますと幸いです。
https://chihiropiano.com/piano_lesson/tokyolesson/

お問い合わせ・ご予約はこのメルマガに返信か
ウェブサイトのお問い合わせから、もしくは
Facebookでお友達として繋がっている方はメッセンジャーから
承ります。


お読みくださり、ありがとうございました。

メッセージをお寄せ下さる場合は、
このメルマガに直接返信して下さいね。

頂いたメッセージは全て、嬉しく読ませて頂いておりますが、
お返事を期待しないで頂けると嬉しいです。
筆 荒井千裕

────────────────────────
メール・マガジン:荒井 千裕#音の綴り方
発行責任者:荒井 千裕
公式サイト:https://chihiropiano.com
メール:chihirohk@gmail.com
電子書籍:本番で演奏するための練習法
http://goo.gl/bPUKW5
現在10冊発売中!
Copyright ChihiroARAI all right reserved.

荒井千裕*音の綴り方

発行周期: ほぼ 平日刊 最新号:  2019/02/18 部数:  876部

ついでに読みたい

荒井千裕*音の綴り方

発行周期:  ほぼ 平日刊 最新号:  2019/02/18 部数:  876部

他のメルマガを読む