荒井千裕*音の綴り方

荒井千裕*音の綴り方 メルマガ第1010号@発想記号の指示の違いを想像する

♪#♪──────────────────────

荒井 千裕#音の綴り方*香港発信

*第1010号*
2018年5月21日刊
──────────────────────#♭#

おはようございます#こんばんは。
発刊人の荒井千裕です。

今日は先に1つ、お知らせです。

9月2日(日)に東京は南麻布のセントレホールさんで
リサイタルをさせて頂くことになりました。

ご予約の受付を、明日22日から開始致します。
こちらのご予約専用ページで、明日からお受け致します。
https://goo.gl/ec7QbD

今年はドビュッシーの没後100年なので、
ドビュッシーづくしのプログラムを組みました。

今回もお話と映像とピアノのコラボレーションでの
「おんがくの絵本」をお楽しみに!

皆様のご来場をお待ちしております。



゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚


さて本日は、ギリシャのピアニスト、
ジーナ・バッカウアー(1913-1976)、

フランスのトランペット奏者、
モーリス・アンドレ(1933-2012)、

スイスのオーボエ奏者・指揮者・現代音楽の作曲家、
ハインツ・ホリガー(1939-)、

日本のカウンターテナー、
米良 美一氏(1971-)の誕生日です。


゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚


そして、オーストリアの作曲家、
フランツ・フォン・スッペ(1819-1895)、

ポーランドのピアニスト・指揮者・作曲家の
カール・ミクリ(1821-1897)の命日です。



────────────────────────
@発想記号の指示の違いを想像してみよう!
────────────────────────

楽譜を読んでいくと、様々な「発想記号」を目にするでしょう。

発想記号はたくさんありますが、例えば

・amabile アマービレ:優しい かわいらしい
・appassionato アパッショナート:熱情的に 感情豊かに
・dolce ドルチェ:優しく 柔らかく 甘く
・con fuoco コンフォーコ:熱烈に 火のように
・espressivo エスプレッシーヴォ:表情豊かに 感情を込めて

と言ったような感情表現をするためのものです。


発想記号は、作曲家さんが「こんな表情(気持ち)で弾いて欲しい」
「こんな表情(気持ち)を表して欲しい」という思いを持って
そこに書き入れたのだと思います。

ただ、ここで気をつけて欲しいことが1つあります。


「発想記号の意味だけに視点を奪われるな!」ということ。


発想記号の意味だけを取り出して、そのフレーズはこの発想記号だから
こう弾かなきゃ、次のフレーズはあの発想記号だからこう?

発想記号は、確かに作曲家が指示したものであっても、
言葉の意味はどんなものでも1つではないと思います。

その言葉だけにとらわれない・縛られない。
まずそこに音楽があることが第1です。

そこにあるそのフレーズを素直に感じてみる。
そのフレーズを奏でる上での発想記号です。

発想記号が先にあってその音が並んでいるのではなく、逆。
それらの音が並んで紡がれる音楽だから、その発想記号になった。
そう考えてみてはいかが?

だったら、あなたはそのフレーズに何を感じて、
どう弾きたい・どう弾こうとするのでしょう?

そんなことを、考えてみましょう。



────────────────────────
*バッハ・装飾音の考え方講座開催のご案内
────────────────────────

ベルギー在住のチェンバリスト・ピアニスト・通奏低音奏者で
作曲家の末次克史先生によるバッハ講座第3弾開催のご案内です。

今回は、「バッハ・装飾音の考え方」について。

・その装飾音は本当に必要なのか
・必要な装飾音とそうでない装飾音の見分け方
・装飾音の意味
・楽譜に無い装飾音の入れ方

以上の事柄について、チェンバロとピアノを使って
考えていくワークショップです。

受け身だけではなく、あなた自身がバッハの装飾音について
考える力をこの機会に身につけませんか?


7月15日(日)13時から
東京都杉並区のスタジオ・ピオティータにて。
受講費:5,000円

詳細はこちらをご覧ください。
https://chihiropiano.com/event/bach_workshop3/

お問合せ・ご予約は、わたくし荒井が承っております。
以下の方法でお寄せ下さい。

・このメルマガに返信
・荒井へメールで chihirohk@gmail.com
・Facebookのメッセンジャーで
・Facebookのイベントページへのコメント投稿
https://www.facebook.com/events/1364140440319926/

末次先生のこの講座についてのブログ記事はこちら。
https://ameblo.jp/suetsugukatsu23/entry-12368722471.html

あなた様のご参加をお待ちしております。



お読みくださり、ありがとうございました。

メッセージをお寄せ下さる場合は、
このメルマガに直接返信して下さいね。

頂いたメッセージは全て、嬉しく読ませて頂いておりますが、
お返事を期待しないで頂けると嬉しいです。



筆 荒井千裕

────────────────────────
メール・マガジン:荒井 千裕#音の綴り方
発行責任者:荒井 千裕
公式サイト:https://chihiropiano.com
メール:chihirohk@gmail.com
電子書籍:本番で演奏するための練習法
http://goo.gl/bPUKW5
現在10冊発売中!
Copyright ChihiroARAI all right reserved.

荒井千裕*音の綴り方

発行周期: ほぼ 平日刊 最新号:  2019/01/14 部数:  877部

ついでに読みたい

荒井千裕*音の綴り方

発行周期:  ほぼ 平日刊 最新号:  2019/01/14 部数:  877部

他のメルマガを読む