荒井千裕*音の綴り方

荒井千裕*音の綴り方 メルマガ第1006号@俯瞰してみよう

♪#♪──────────────────────

荒井 千裕#音の綴り方*香港発信

*第1006号*
2018年5月7日刊
──────────────────────#♭#

おはようございます#こんばんは。
発刊人の荒井千裕です。


本日はドイツの作曲家・ピアニスト・指揮者の
ヨハネス・ブラームス(1833-1897)、

ロシアの作曲家、
ピョートル・チャイコフスキー(1840-1893)の誕生日です。


゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚


そして、ドイツの初期バロック音楽の作曲家、
ヨハン・ヤーコプ・フローベルガー(1616-1667)、

イタリアの作曲家、
ニコロ・ピッチンニ(1728-1800)、

ボヘミア出身の作曲家、
レオポルト・アントニーン・コジェルフ(1747-1818)、

イタリア出身の作曲家、
アントニオ・サリエリ(1750-1825)、

ドイツの作曲家、
ノルベルト・ブルグミュラー(1810-1836)、
※ 練習曲で有名なヨハン・フリートリッヒ・フランツ・ブルクミュラーの弟

オーストリアの作曲家で指揮者の
フェリックス・ワインガルトナー(1863-1942)、

オーストリアのクラリネット奏者、
レオポルト・ウラッハ(1902-1956)の命日です。



────────────────────────
@俯瞰してみよう!
────────────────────────

「俯瞰する」とは、物事を大きく捉えて見ること。

ピアノに限ったことではないと思いますが、
目の前のことに向き合って一生懸命になっている時に
陥りやすいことがあります。

それは、全体像として見ることを忘れがちなこと。

小さなことをコツコツと丁寧にやることは大事だし、
日本人はそういうことが得意な人が多いようにも思います。

小さなこととは、今から打鍵するその1音へのこだわりや、
1つのフレーズの紡ぎ方・歌い方・タッチの運びなど。

でもね、その小さなことが積み重なって大きなこと(1つの曲)が
出来上がるのですよね。1つの演奏が出来る。

だけど、大きなこと・全体像を見ようとしないと、
ただのジグゾーパズルのパーツの集まりみたいになります。
いや、ジグゾーパズルはパーツをきちんとあてはめていけば
全体がきれいに出来るはずですが・・・

ジグゾーパズルだって、手元だけ見ていないで、
時に少し離れてみて、全体がどんな風に出来上がっているのか
確かめながらやるのではないかしら?

音楽も同じ。時に「引いて」全体を見てみましょうか。

きっと感じ方や感じるものが変わりますよ。
もしかしたら小さなパーツを見ていた時は最善だと思っていたものが、
全体を見たらデコボコしているかも、しれません。



今朝、ベルギーの末次先生が更新されたブログ記事にも、
俯瞰するのに通じるようなお話が書かれていました。
ぜひ訪れて読んでみて下さいね。
とても良い勉強法だと思います。私も今夜から実践してみます。

「読譜のススメ」
https://ameblo.jp/suetsugukatsu23/entry-12374036201.html


────────────────────────
*バッハ・装飾音の考え方講座開催のご案内
────────────────────────

ベルギー在住のチェンバリスト・ピアニスト・通奏低音奏者で
作曲家の末次克史先生によるバッハ講座第3弾開催のご案内です。

今回は、「バッハ・装飾音の考え方」について。

・その装飾音は本当に必要なのか
・必要な装飾音とそうでない装飾音の見分け方
・装飾音の意味
・楽譜に無い装飾音の入れ方

以上の事柄について、チェンバロとピアノを使って
考えていくワークショップです。

受け身だけではなく、あなた自身がバッハの装飾音について
考える力をこの機会に身につけませんか?


7月15日(日)13時から
東京都杉並区のスタジオ・ピオティータにて。
受講費:5,000円

詳細はこちらをご覧ください。
https://chihiropiano.com/event/bach_workshop3/

お問合せ・ご予約は、わたくし荒井が承っております。
以下の方法でお寄せ下さい。

・このメルマガに返信
・荒井へメールで chihirohk@gmail.com
・Facebookのメッセンジャーで
・Facebookのイベントページへのコメント投稿
https://www.facebook.com/events/1364140440319926/

末次先生のこの講座についてのブログ記事はこちら。
https://ameblo.jp/suetsugukatsu23/entry-12368722471.html

あなた様のご参加をお待ちしております。



お読みくださり、ありがとうございました。

メッセージをお寄せ下さる場合は、
このメルマガに直接返信して下さいね。

頂いたメッセージは全て、嬉しく読ませて頂いておりますが、
お返事を期待しないで頂けると嬉しいです。


筆 荒井千裕

────────────────────────
メール・マガジン:荒井 千裕#音の綴り方
発行責任者:荒井 千裕
公式サイト:https://chihiropiano.com
メール:chihirohk@gmail.com
電子書籍:本番で演奏するための練習法
http://goo.gl/bPUKW5
現在10冊発売中!
Copyright ChihiroARAI all right reserved.

荒井千裕*音の綴り方

発行周期: ほぼ 平日刊 最新号:  2019/02/21 部数:  876部

ついでに読みたい

荒井千裕*音の綴り方

発行周期:  ほぼ 平日刊 最新号:  2019/02/21 部数:  876部

他のメルマガを読む