荒井千裕*音の綴り方

荒井千裕*音の綴り方 メルマガ第994号@ベートーヴェン流教授法


カテゴリー: 2018年03月26日
♪#♪──────────────────────

荒井 千裕#音の綴り方*香港発信

*第994号*
2018年3月26日刊
──────────────────────#♭#

おはようございます#こんばんは。
発刊人の荒井千裕です。


本日は、ドイツのピアニスト、
ヴィルヘルム・バックハウス(1884-1969)、

ベルギー出身でフランスで活躍した指揮者、
アンドレ・クリュイタンス(1905-1967)、

アメリカの作曲家、
リー・ハーライン(1907-1969)、

韓国のヴァイオリニスト、
チョン・キョンファ(1948-)、

アメリカの作曲家で指揮者の
アラン・シルヴェストリ(1950-)、

日本のジャズ・ピアニスト、
上原ひろみ氏(1979-)の誕生日です。


゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚


そして、盛期ルネサンス音楽のフランドル楽派の作曲家、
ハインリヒ・イザーク(1450頃-1517)、

スペインのルネサンス音楽の作曲家、
アントニオ・デ・カベソン(1510-1566)、

ドイツの作曲家、
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(1770-1827)、

ベルギーの作曲家、
フランソワ=ジョゼフ・フェティス(1784-1871)、

ロシアの作曲家、
ツェーザリ・キュイ(1835-1918)、

エストニアの作曲家、
キリルス・クレーク(1889-1962)、

ドイツの指揮者、
オイゲン・ヨッフム(1902-1987)の命日です。



────────────────────────
@ベートーヴェン流教授法
────────────────────────

今日はベートーヴェンの命日なので、ベートーヴェンが残した言葉を
シェア致します。


これは「譜読み」から「仕上げ」までをどうするか?というお話です。
「譜読みから仕上げ」のやり方は、人それぞれでしょうし、
1人の人でもやり方はいろいろ持っていると思います。

ではベートーヴェンのお言葉です。


゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚


正しい指遣いができるようになり、拍子も正しくとれ、
音の間違いをするようなことがなくなったら、
表現に重点を置いて教えて下さい。

そこまでいったら、小さな間違いで弾くのを止めないで、
曲を通して弾かせ、それが終わってから注意してやってください。

私はほとんど教えることはしていませんが、
教える時はいつでもそういうやり方をしています。

それが音楽科を育てることになり、
結局は芸術の目的にかなうことになります。

またそうすれば、先生も生徒も退屈することがないでしょう。

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚


これは、ベートーヴェンの甥っ子カールにピアノを教えていた
カール・チェルニーにあてて送った手紙の一部です。

「こうやって教えてね」って、チェルニーにアドバイスするところに
ベートーヴェンの人間性が垣間見えるようです。

身内へレッスンをお願いする時は、一切口出しをしない、
という講師も多いと思います。お願いする方のやり方を尊重しているのでしょうが。


さて、もしもあなたがこのベートーヴェンのやり方をしていなかったら、
一度やってみて下さい。
あ、これは教える側もそうですし、学習者の立場でも、
自分の練習の仕方として、何を目標にするか?という点でね。

例えば曲を仕上げていく過程のポイントその1が
「正しい指遣いで弾けるようにすること」なら、それが出来たら
「拍子を正しくとっているか?気を付ける」
「音の間違いはないのか?」

そして「表現に重点を置く」と。

一度に全部並行してやろうとすると、何かが抜け落ちても
気付きません。
だから、ひとつずつ丁寧に。


そしてもし、あなたがこのような感じで練習をしているなら、
別の捉え方をしてみるのもアリです。

例えば先に「どう表現したいか」を考える。そして
「その表現をする(伝える)ための指遣いはどうしたらいいか?」を
考えて実行してみる。などね。


こだわって練習することも有効です。
そして、ひとしきりこだわってみたら、
もう一度頭を柔軟に、やわらか〜くして、
他の角度からも見つめられるようになると、
最強ですよ。



お読みくださり、ありがとうございました。

メッセージをお寄せ下さる場合は、
このメルマガに直接返信して下さいね。

頂いたメッセージは全て、嬉しく読ませて頂いておりますが、
お返事を期待しないで頂けると嬉しいです。


筆 荒井千裕

────────────────────────
メール・マガジン:荒井 千裕#音の綴り方
発行責任者:荒井 千裕
公式サイト:http://chihiropiano.com
公式ブログ:https://ameblo.jp/chihirohk/
メール:chihirohk@gmail.com
電子書籍:本番で演奏するための練習法
http://goo.gl/bPUKW5
現在10冊発売中!
Copyright ChihiroARAI all right reserved.

荒井千裕*音の綴り方

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 平日刊
最新号 2018/09/17
部数 868部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

荒井千裕*音の綴り方

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 平日刊
最新号 2018/09/17
部数 868部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング