荒井千裕*音の綴り方

荒井千裕*音の綴り方 メルマガ第979号@人と違っていい!


カテゴリー: 2018年01月18日
♪#♪──────────────────────

荒井 千裕#音の綴り方*香港発信

*第979号*
2018年1月18日刊
──────────────────────#♭#

おはようございます#こんばんは。
発刊人の荒井千裕です。


本日は、ロシアの作曲家、
ツェーザリ・キュイ(1835-1918)、

フランスの作曲家、
エマニュエル・シャブリエ(1841-1894)の誕生日です。



そして、スペインとポルトガルで活躍した
後期バロック音楽の作曲家、
エマニュエル・シャブリエ(1673-1747)、

チェコのヴァイオリニスト、
オタカール・シェフチーク(1852-1934)、

ポーランドのピアニスト、
ヤン・スメテルリン(1892-1967)、

フランスのピアニスト、
ピエール・バルビゼ(1920-1990)、

チェコスロバキア出身のピアニスト、
ヤン・ホラーク(1943-2009)の命日です。




────────────────────────
@人と違っていい!
────────────────────────

今日はちょっと精神的なお話です。


人はそれぞれが違うのは、本当は当たり前です。
クローンじゃないのですから。


それなのに、生年月日で学年分けされて、
学年ごとに(勝手に)グループ分けされていたり、
偏差値にしろ、あらゆるコトが、
何かを基準にして、振り分けられていると思います。
(それが悪い、と言う話では、ありません。)


本当は、本心から誰かと自分の「力関係」を
比較したくなどないのに、
無意識のうちに、気付いたら誰かと比べていて、

自分の力のなさを、何か、自分に足りないと
感じているものを、「自分の才能のなさ」だ、
と決定づける理由を探していませんか?


それは、ある視点から見たら、
誰かが優れていて、あなた(わたし)は、ダメなのかもしれない。


でも、視点を変えると、その関係は、真逆にもなりうるし、
また、眼中にもなかった人が、自分のターゲット内に入ってくるコトも、
あります。


陸上競技のように、タイムで、
球技のように、点数で、全ての判定が明らかになるのと、
私たちがいる芸術・音楽では、ちょっと違います。

全否定はしません。否定もしてないつもりです。
陸上だって球技だって、結果に至るまでの事を見るだけでも、
何か物凄い影響力をもたらすコトは、あります。


音楽でも、普段は競い合うものではないけれど、
それでも、一度、コンペティション(コンクール)に出れば、
誰かと比較され、優劣をつけられるのは、避けられません。
むしろ、それを理解して出ている「はず」です。


そうではなくても、同じ教室の中で、
或いは同じサークルの中で、
同じ何かのグループの中での、力関係のような、
「比較」が、あります。


それは、他者視点でもあり、自分視点でも、あります。

そんな時に、こう思って頂けたらなぁ、と思います。

それは、


「人と、違っていい」


だって、人と違う自分こそが、当たり前だからです。

人と同じだなんて、気持ち悪い、くらいに捉えて頂けたらなぁ、です。


人と違う・・・と、もしもその「人と違う自分の部分」についてを、

卑下するかのように、「ダメな部分」だ、と認識するなら、

そこを、ぐっと踏み止まって、考え方を転換してみましょう。



誰かと違うわたしのその部分は、
もしかしたら、輝きを持つ利点ではないか?


と。


どの世界でも、自分から見た自分の「欠点」は、
他者から見たら、羨ましく思われるような「利点・長所」であるコトが、
多いのです、 



音楽でも、ピアノでも、全てがそうだとは言いませんが、

自分の欠点だ、と思い込んできたコトが、
もしかしたら、物凄い長所にもなり得るコトかもしれない、

と言うコトを、ちょっと、あなたの心のどこかに置いて頂ければと思います。


それは、そうかも!?と気付いた時に、
それをそのままにしておくのではなく、
それを、明るい方へ、良い方へと転換していく(いける)考え方を、
示せるように、ちゃんと自分と向き合う事をお勧めします。


※ 自分の努力不足からの結果を、
 「これがわたしの長所だ」と言うのは、
 本日の話とは、違うお話である事を、ご理解くださいませ。





────────────────────────
@今年の抱負を、シェア!その2
────────────────────────

ずっと弾きたかった曲を今年こそ、
最後まで音取りし弾ききりたいです。
(そして来年はその曲を煮込みたい)

手が遅い、練習がままならないのですが、
できる範囲で(時に道草もしながら)少しずつでも進んでいきます。


゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ 


無理をせず、適度な負荷を自分にかけること、
優先順位を守ることです。

なんでもムキになる性格の私が自分に言い聞かせること:
仕事は頑張りすぎず、メリハリをつけてしかし立場をまもりつつ
趣味の音楽のために体力と気力を温存する。


゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ 


ありがとうございます!
皆様の「2018年の抱負」が、それぞれにふさわしいペースで、
それぞれにふさわしい形で、ふさわしい時に、
叶っていきます事を、心からお祈りしております!




────────────────────────
**末次克史先生によるバッハ講座のご案内**
────────────────────────

ベルギー在住のチェンバリスト・通奏低音奏者・ピアニストで
作曲家の、末次克史先生が、この冬も日本で
講座をされます。


・2018年1月28日(日)13時より

岡山県 岡山市 ピアノファクトリーにて

「作曲家の手の癖を読み解く」
受講料:¥5,000(定員 8名)

 
講座受講の参考に、末次先生のブログ記事を
是非お読み下さい。とても興味深い内容の講座です!

https://ameblo.jp/suetsugukatsu23/entry-12343295365.html


講座のお申し込み・お問い合わせは、
末次克史先生のウェブサイトの「お問い合わせ」から。

http://katsu23.com/jp/contact



────────────────────────
@「楽しんで弾く!」を、シェア!その8
────────────────────────

今日の「楽しんで弾く!」は、エレクトーンとピアノの先生からです。

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ 


それは私にとって、演奏中に真っ白になれること。
それでいて美しい音が出ていること。

曲はなんでもいいんです。
難易度とか、どーでもいい。

次の音は〜とか、ここではこう盛り上がって〜など考えないで、
心が行きたい方向に、指が動きたいように動くこと。

それができた時「ああ!楽しいっ!素敵!やばい!」って震えます。

滅多にないんですけどね。笑

音を丁寧に出していく先に、そういう感動があったら
それが一番楽しいです。


゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ 


とっても素敵な「楽しんで弾く!」コトですね♪
メッセージを拝見していて、私もウキウキしてきました。
このメッセージをお寄せ下さった方が、
音と戯れて笑顔でいっぱいになっているご様子が、
想像出来ました♪

ありがとうございます!
あなた様の「楽しんで弾く」時が、たくさん訪れますよう、
お祈りしております。




お読みくださり、ありがとうございました。

メッセージをお寄せ下さる場合は、
このメルマガに直接返信して下さいね。

頂いたメッセージは全て、嬉しく読ませて頂いておりますが、
お返事を期待しないで頂けると嬉しいです。



筆 荒井千裕

────────────────────────
メール・マガジン:荒井 千裕#音の綴り方
発行責任者:荒井 千裕
公式サイト:http://chihiropiano.com
公式ブログ:https://ameblo.jp/chihirohk/
メール:chihirohk@gmail.com
電子書籍:本番で演奏するための練習法
http://goo.gl/bPUKW5
現在10冊発売中!
Copyright ChihiroARAI all right reserved.

荒井千裕*音の綴り方

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 平日刊
最新号 2018/08/16
部数 864部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

荒井千裕*音の綴り方

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 平日刊
最新号 2018/08/16
部数 864部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング