荒井千裕*音の綴り方

荒井千裕*音の綴り方 メルマガ第934号@肩甲骨を意識してみる


カテゴリー: 2017年07月27日
♪#♪──────────────────────

荒井 千裕#音の綴り方*香港発信

*第934号*
2017年7月27日刊
──────────────────────#♭#

おはようございます#こんばんは。
発刊人の荒井千裕です。


本日は、ナボリ王国時代の作曲家でギタリストの
マウロ・ジュリアーニ(1781-1829)、

スペインの作曲家でピアニストの
エンリケ・グラナドス(1867-1916)、

ハンガリーの作曲家・指揮者・ピアニストの
エルンスト・フォン・ドホナーニ(1877-1960)、

日本のヴァイオリニストで指揮者の
鷲見 三郎氏(1902-1984)、

日本のバリトン歌手、
徳山 璉氏(1903-1942)、

ロシア出身の作曲家・指揮者・ピアニストの
イーゴリ・マルケヴィチ(1912-1983)、

イタリアのテノール歌手、
イーゴリ・マルケヴィチ(1915-1982)、

日本のヴァイオリニスト、
藤川 真弓氏(1946-)の誕生日です。



゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ 



そして、ハンガリーの作曲家、
フランツ・ドップラー(1821-1883)、

イタリア出身の作曲家でピアニストの
フェルッチョ・ブゾーニ(1866-1924)、

チェコのヴァイ折にスト、
ヴァーシャ・プシホダ(1900-1960)、

アメリカの作曲家で指揮者の
ジェローム・モロス(1913-1983)、

ドイツの指揮者、
ホルスト・シュタイン(1928-2008)、

フィンランドの作曲家、
エイノユハニ・ラウタヴァーラ(1928-2016)の命日です。




────────────────────────
@肩甲骨を、意識してみましょう。
────────────────────────

どんな風に弾きたいのか、
どんな音を出したいのか、

どうやって、欲しい音を出すために
体を使って行ったらいいのだろう?

その時、呼吸はどうなっているだろうか?

と、試行錯誤しているだろうと思います。


音の動きに合わせて、手を回転しながら弾くと、
腕に力が溜まらず、余計な動きもなくなり、
弾きやすくなります。

と書きますと、ヘェヘェそうか、やってみよう!

と試す方もおられるでしょう。

これは、このように文章でのやり取りだけの場合でも、
対面でのレッスンでも、どちらの場合にも、
とても気をつけないと、全てを伝えられるか、
全てが伝わっているのか、わからないという
危険があります。


「手を回転する」と言うと、
あなたは、手のどこを回転させる、と思うでしょうか?

手首? 肘? 腕全体?


どこかの部位だけに意識を集中すると、
「その部分で回転させる!」というところに
真っ直ぐになりやすいかもしれません。


弾いている時、見た目は、
「手首を回転させている」ように、見えるでしょう。

しかし、もし、もう少し引いて、全体像を見てみると、
「肘を柔軟に回転させているのかな?」
と思うかも、しれません。

「どこに意識があるのかわからないけれど、
 腕全体が回転してないかな?」
と思うかも、しれません。


指先から指の付け根まで、
指先から手首まで、
指先から肘まで、
指先から肩まで、ではなく、

指先から背中まで、ワンピース(ひとつながり)だ、
と捉えて見ましょうか。


キーポイントは、「肩甲骨」です。

肩甲骨を解放する、
肩甲骨を開く、
肩甲骨を開くから、連動して
腕が動く(回転する)、という感覚を、
意識して見て下さい。

感じられるでしょうか?

肩甲骨を開くように、解放するように、
回転させるようにすると、
肩から腕から、連動して動きますが、
この時、とても広がりを感じられると思います。

自由に、なります。


この事について、本日27日(木)夜の
ブログ記事で、もう少しお話ししてみようと思います。
(万が一、忘れちゃったらゴメンなさい。)





────────────────────────
**チェンバロから考えるバッハ・ピアノ奏法の可能性**
 〜Vol.2 バッハ・指遣いの考え方〜
────────────────────────

8月6日(日)13時から
東京都杉並区の「スタジオ・ピオティータ」さんにて
http://ms-tms.com/piotita-navi/

講師はベルギー在住のチェンバリスト・ピアニスト・
通奏低音奏者・作曲家の、末次克史氏。

バッハの指遣いって、どう考えたらいいんだろう?
他の作曲家とは違うのだろうか?

ワークショップ型の講座です。
https://goo.gl/7vGt6Z

皆様にも、実際に指遣いを考えて頂きます。

受講費:5,000円

ご予約・お問い合わせは、荒井がメールで
承っております。
chihirohk@gmail.com

是非、ご参加下さいね。



────────────────────────
**荒井千裕ピアノ・リサイタル**
〜ピアノでワクワクの旅〜
────────────────────────

9月3日(日)14時開演
代々木の森リブロホールにて
http://libromusic.co.jp/map.html

前半は、映像とお話とピアノを交える「お話組曲」です。

・ショパン「子犬のワルツ」
・ダカン「かっこう」
・シューマン「怖いおはなし」
・ベートーヴェン「エリーゼのために」
・プロコフィエフ「タランテラ」
・ドビュッシー「月の光」
・リスト「愛の夢」


後半は、「FUN !!!」をテーマに選びました。

・バッハ=ケンプ「主よ、人の望みの喜びよ」
・シューマン「ウィーンの謝肉祭の道化」
・ドビュッシー「ダンス」
・ラヴェル「道化師の朝の歌」


チケットのご予約は、こちらのサイトで承っております。
http://www.kokuchpro.com/event/pianodewakuwaku/

一般   :4,000円
中・高校生:3,000円
小学生以下:2,000円


楽しい時間を共有しにいらして頂けたら嬉しいです!




お読みくださり、ありがとうございました。

メッセージをお寄せ下さる場合は、
このメルマガに直接返信して下さいね。

頂いたメッセージは全て、嬉しく読ませて頂いておりますが、
お返事を期待しないで頂けると嬉しいです。



筆 荒井千裕

────────────────────────
メール・マガジン:荒井 千裕#音の綴り方
発行責任者:荒井 千裕
公式サイト:http://chihiropiano.com
公式ブログ:http://ameblo.jp/chihirohk/
メール:chihirohk@gmail.com
電子書籍:本番で演奏するための練習法
http://goo.gl/bPUKW5
現在10冊発売中!
Copyright ChihiroARAI all right reserved.

荒井千裕*音の綴り方

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 平日刊
最新号 2018/09/17
部数 868部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

荒井千裕*音の綴り方

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 平日刊
最新号 2018/09/17
部数 868部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング