荒井千裕*音の綴り方

荒井千裕*音の綴り方 メルマガ第1981号@暗譜について考える

♪#♪──────────────────────

荒井 千裕#音の綴り方*スカイツリー発信

*第1981号*
2019年2月21日刊
──────────────────────#♭#

おはようございます#こんばんは。
発刊人の荒井千裕です。


本日は、オーストリアの作曲家でピアニストの
カール・ツェルニー(1791-1857)、

フランスの作曲家、
レオ・ドリーブ(1836-1891)、

日本の作曲家、
金須 嘉之進氏(1867-1951)、

スペインのクラシック・ギタリスト
アンドレス・セゴビア(1893-1987)、

ドイツの指揮者でチェリストの
ミヒャエル・ザンデルリング(1967-)の誕生日です。


゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚


そして、アメリカの作曲家・指揮者・ピアニストの
モートン・グールド(1913-1996)、

日本のヴァイオリニスト、
夏目 純一氏(1907-1999)、

ポーランドの作曲家で指揮者の
スタニスワフ・スクロヴァチェフスキ(1923-2017)の命日です。




────────────────────────
@暗譜について考えてみようか
────────────────────────

このメルマガでも、過去に何度も暗譜について
取り上げて来たことがあります。

初期の頃からメルマガをお読み下さっている方には
「あぁ、またこの話題?」    かもしれません。


暗譜の方法は一つじゃないです。
それは、練習しているうちに何となく覚えちゃった〜♪
な曲もあれば、必死に練習を重ねても
なかなか覚えられない曲もある事を
あなたも経験していますよね。


そして、暗譜の方法はいろいろあるけれど、
それぞれの方法が全ての人にとって良い方法かと言うと、
そうとは言えないわけです。


だから、あらゆる方法があることを知って、
そしてあなたにとって良いかも?と思うものは、
面倒くさがらず、どんどん取り入れてみましょうね。



さて、暗譜にもイメージ・トレーニングを取り入れる事を、
是非、試してみて下さいね。

これはね、特にピアノに向かう時間を
自在に取れない人にオススメ!です。

でもね、ピアノが目の前にあって、
いつだって練習できるけれど、
人前演奏はめっちゃ緊張して頭が真っ白になる!

という、そんなあなたにもオススメです。


暗譜のイメトレも方法は一つではないんですが。

一つはまさにイメージとして暗譜する方法。
これは、よく速読とかで、
本を開いた状態を写真に撮るように記憶するというの、
聞いたことありませんか?

これと同じことです。

一般的な本に比べて楽譜を開いた状態って、
結構大きいですよね。
この状態を写真に撮ったかのように記憶する(よう努めてみる)。

これが出来るようになると、
暗譜で弾いていても、ページをめくるのも
眼の前のイメージの楽譜のページがめくられる感じです。

だからと言って、目の前に浮かんでいるイメージの楽譜の
細部を読みながら弾いているわけではありません。

ただ、目の前にポワンと楽譜がある状態です。

ほら、99%暗譜しているけれど、譜面台に楽譜を置いて
弾くこと、ありますよね? そんな感じです。


他にも暗譜をイメトレでする方法がありますが、
それはまた次回に。

是非、お試し下さいね!



────────────────────────
@2月3月の東京レッスンのご予約受付
────────────────────────

2月26日(火)28日(木)。

3月は火・木曜日と23日24日を除く土日で受け付けています。

はじめての方はこちらのページを御覧下さい。
https://chihiropiano.com/piano_lesson/tokyolesson/

遠慮なくお問い合わせ・ご予約下さいね。



お読みくださり、ありがとうございました。

メッセージをお寄せ下さる場合は、
このメルマガに直接返信して下さいね。

頂いたメッセージは全て、嬉しく読ませて頂いておりますが、
お返事を期待しないで頂けると嬉しいです。



筆 荒井千裕

────────────────────────
メール・マガジン:荒井 千裕#音の綴り方
発行責任者:荒井 千裕
公式サイト:https://chihiropiano.com
メール:chihirohk@gmail.com
電子書籍:本番で演奏するための練習法
http://goo.gl/bPUKW5
現在10冊発売中!
Copyright ChihiroARAI all right reserved.

荒井千裕*音の綴り方

発行周期: ほぼ 平日刊 最新号:  2019/02/21 部数:  876部

ついでに読みたい

荒井千裕*音の綴り方

発行周期:  ほぼ 平日刊 最新号:  2019/02/21 部数:  876部

他のメルマガを読む