タイランドビュー バンコク滞在レポート

★バンコク近郊のサラブリー県にあるワット・プラプッタチャーイとナムトック・サムラン国立公園への行き方


カテゴリー: 2014年08月26日
============================

     タイランドビュー 207号

                                     2014/08/26
============================

★バンコク近郊のサラブリー県にあるワット・プラプッタチャーイとナムトック・サムラン国立公園への行き方

バンコクから約100km、サラブリー県にある
プラプッタチャーイ(ナムトック・サムラン)国立公園に行ってきました。

バンコクから一番近い国立公園で、キャンプもできる場所です。
野生の動物や植物を見ることができる公園です。

バンコクからバスで行ってきたので行き方を紹介したいと思います。

バンコク北・東北バスターミナル(モチット2)から
サラブリー行きが数社あり、頻繁に出ています。
78バーツとか。
アヌサワリー辺りからロットゥー(ミニバン)も出てるようですが、
アユタヤ行きやコラート方面と比べ、サラブリー行きが
少ないような気がしました。

バンコクから国道を進むと、サラブリー市街に入る手前の
右手に低い山が見えます。
軍の敷地奥にも山が見えますが、
それは国立公園というほどの広さはなさそうです。

サラブリーのバスターミナル。
到着後、乗り合いバスのところへ行き、
プラプッタチャーイ行きを聞いてみました。
バスターミナルからは出てないようです。

バスターミナルを背に右に向かい、
3分くらい歩くとプラプッタチャーイ行きがありました。

バスターミナルから歩いていくと、
時計塔みたいのがあり、その前辺りに
トラックを改造した乗り合いタクシーがいます。

ワット・プラプッタチャ―イ行きの乗り合いバス。
朝夕は30分に1本くらい出てそうですが、
その他の時間は1時間に1本あるかないか…。
サラブリー市街からお寺前まで15バーツ。

朝は6時半が始発らしいです。
お寺からの戻りは午後3時半が最終とのこと。
乗り遅れたら、歩くしかない…。

プラプッタチャーイは略してプラチャ―イ。
タイ人の一般的な発音ではパチャーイ。
外国人もそのつもりで言った方が通じると思います。

大よその位置はグーグルマップで見ていたので、
小高い山の上にあるのが、お寺なのは何となくわかりました。

サラブリ市街からお寺の麓まで30分程度。

帰りもサラブリ市街まで行ってバスターミナルから
バンコクまで戻っても良いのですが、
国道で降ろしてもらって、バンコク行きのバスやロットゥーを止めて
乗りこんでも値段も変わらないし、良いかもしれません。
その際は乗り合いトラックのドライバーに聞くと良いでしょう。

自家用車だと、1時間半くらいで着いてしまいそうです。
100kmちょっとなので、自転車などでも行けそうですが、
国道を走るのがちょっとコワイかもしれません。

ワット・プラプッタチャーイへつづく。

この記事の写真はブログにアップしています。

バンコク近郊のサラブリー県にあるワット・プラプッタチャーイとナムトック・サムラン国立公園への行き方
http://thailandview.blog50.fc2.com/blog-entry-7364.html 

バンコク近郊のサラブリー県にあるワット・プラプッタチャーイ
http://thailandview.blog50.fc2.com/blog-entry-7376.html 

サラブリー県のプラプッタチャーイ(ナムトック・サムラン)国立公園
http://thailandview.blog50.fc2.com/blog-entry-7401.html

☆--チェンマイ旅行記--☆
http://chiangmaithailand.seesaa.net/

☆--パンガン島・フルムーンカフェ--☆
http://fullmooncafe.blog4.fc2.com/

☆--写真でみるタイ料理--☆
http://thai.i-frontierasia.com/thaifood/

☆--名古屋1泊5000円以内のホテル・旅館--☆
http://hotel.i-frontierasia.com/nagoya/

============================

 メルマガ「タイランドビュー バンコク滞在レポート」
   
・ 発 行 者 thailandview
・ ブ ロ グ http://thailandview.blog50.fc2.com/  
・ メールアドレス  thailandview2@yahoo.co.jp

============================

このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を
利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ ) 
◎タイランドビュー のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://archive.mag2.com/0001154813/index.html

このメルマガは現在休刊中です

タイランドビュー バンコク滞在レポート

RSSを登録する
発行周期 週2~3回発行
最新号 2015/02/15
部数 125部

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

タイランドビュー バンコク滞在レポート

RSSを登録する
発行周期 週2~3回発行
最新号 2015/02/15
部数 125部

このメルマガは
現在休刊中です

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング