タイランドビュー バンコク滞在レポート

☆バンコク(モチット2)からバスでタイ国境アランヤプラテートのローンクルア市場へ


カテゴリー: 2014年02月20日
============================

     タイランドビュー 202号

                                     2014/02/20
============================

☆バンコク(モチット2)からバスでタイ国境アランヤプラテートのローンクルア市場へ

滞在期限の延長のためカンボジア国境ポイペトに出国してきました。
数年前にルンピニ公園前からカジノバスに乗って
行ったことがありましたが、今は反政府デモもあり、
怪しいので、モチット2からバスで行ってみました。

かつて、バスは国境前まで行かず、ソンテウなどに
乗り換えて国境まで行くような話だった気がします。

最近はタイからバスでプノンペンなどに行けるように
なったのもあるのか、国境前のローンクルア市場まで
行けるようになってました。

朝5時と6時出発のものがありました。

国境まで300mくらいの交差点でバスを降りました。
帰りの乗車場所を聞くと、奥の方だと…。
ローンクルア市場前まで所要4時間ちょっと。

出国審査前はそこそこ人が並んでました。

タイ出国、カンボジア入国、出国、タイ入国で1時間ちょっとと
そこまで時間はかかりませんでした。

以前、ものすごい人数の外国人が並んでいて、
外で1時間以上待たされ、熱中症になるかと思ったことがあります。
ので、水も持参でしたが、思いのほかすんなりといきました。

カンボジア陸路の入国審査は何故か緊張します。
何か難癖をつけられたりしないか不安で
タイ入国が完了するまで気が抜けない感じ。
国境オフィスの周辺は整地され、
何か建物ができそうな雰囲気。
デューティーフリーとかができるのかも。

線路があったらしいところが整地されてました。

ロットゥーはモチット2まで190バーツだそうです。
多分、3時間半とかなんだろうな~。
次回、来ることがあったら、帰りはロットゥーだな。

帰りのバスに乗るターミナルは結構遠い。
1kmくらいありそう。
ローンクルア市場の広大さを大いに感じました。

ターミナルにトランスポート社のオフィスはなく、
その辺のタイ人がカモろうとして、「そのバスは来ない」と
言い張り、トゥクトゥクに乗せようとします。

朝も国境近くまで来たし、電話して確認したら、来ると言ってるし。
それでも来ないと言うタイ人。
そして、バスがやってきて、「あれは?」と聞くと
「知らない」と去っていきました。

タイ語もできず、何も知らない旅行者だったら…。
と、たまにあるタイ人を嫌いになる瞬間でした。

定刻は13時でしたが、その前に出発。
アランヤプラテートのバス会社オフィス前に停車し、
定刻13時半を少し過ぎて出発。

何か所かバスターミナルに寄ったり、
病院前など主要な場所で乗り降りしながらバンコクへ。
ランシット辺りから渋滞の時間に…。

モチット2に19時頃到着。所要約6時間…。
やはり、帰りはロットゥーだな。

昔からあまりロットゥーの印象が良くなく、
バスにしたのですが、バスは遅くても広くて快適でした。
行きはバス、帰りはロットゥーが良いかもしれません。

少しそのつもりでもあったのですが、
トランスポート社でチケットを買う時、
同じ路線を往復で買うと10%割引になるので、
ついつい買ってしまった訳です。

因みにバスの料金は片道221バーツ(割引後)でした。 

この記事はブログにアップしています。
http://thailandview.blog50.fc2.com/blog-entry-6651.html

☆--タイのビザ情報ブログ--☆
http://thai-visa.seesaa.net/

☆--カンボジア1泊20ドル以下の安宿情報--☆ 
http://hotel.i-frontierasia.com/cambodia/

☆--ラオス1泊30ドル以下の安宿情報--☆ 
http://hotel.i-frontierasia.com/laos/

☆--チュンポンのホテルとタウン情報--☆
http://thai.i-frontierasia.com/chumphon/

============================

 メルマガ「タイランドビュー バンコク滞在レポート」
   
・ 発 行 者 thailandview
・ ブ ロ グ http://thailandview.blog50.fc2.com/  
・ メールアドレス  thailandview2@yahoo.co.jp

============================

このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を
利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ ) 
◎タイランドビュー のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://archive.mag2.com/0001154813/index.html

このメルマガは現在休刊中です

タイランドビュー バンコク滞在レポート

RSSを登録する
発行周期 週2~3回発行
最新号 2015/02/15
部数 125部

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

タイランドビュー バンコク滞在レポート

RSSを登録する
発行周期 週2~3回発行
最新号 2015/02/15
部数 125部

このメルマガは
現在休刊中です

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング