タイランドビュー バンコク滞在レポート

☆バンコクで公開された映画おしんを観てきました

カテゴリー: 2013年10月26日
============================

     タイランドビュー 200号

                                     2013/10/26
============================

☆バンコクで公開された映画おしんを観てきました

バンコクのSFシネマ系で公開しているようで、
セントラルワールド、ターミナル21、セントラルプラザ・ラマ9などで
やっているようでした。

SFシネマのサイトからオンラインでセントラルプラザ・ラマ9を選択して予約。
一般席170バーツにクレジット決済手数料みたいのが10バーツ。

メールや携帯に予約番号がやってきて、映画館の券売カウンターで
提示してチケット受け取り、入館となります。

タイでも知名度があるらしい「おしん」。
学生は休みにも関わらず、館内はガラガラ。
10人くらいしかいなかったような。
長々とした広告の後、国歌みたいのが流れ、全員起立。
更に広告が続きます。

タイの映画は放映開始予定時刻から10分過ぎてても
まだまだ余裕で間に合います。
およそ、20分くらいでしょうか?

東映のマークが出てきて、映画が始まります。
吹雪の中、ヨロヨロ歩く子供が出てきて、
それが、おしん。これがオープニングでした。

ストーリーについてはネタばれも何もないでしょう。
昔のおしんのリメイクみたいな感じ。

登場人物とか、細かな点が面白かったので少し紹介。

日本語音声だと思って、安心して行きましたが、
最初から訛りのきつさに思わず字幕を読んでしまいました。
タイ語と英語の字幕でした。

発音は「おしん」でなくて「おすん」。
訛った発音に慣れるまで少し時間がかかりました。

おしんの父はスマップの稲垣吾郎。
頑張って演じてましたが、小作農の割りには手がキレイ過ぎ。
彼は「笑いの大学」などにも出てて、結構面白い役者かと。

おしんの母は上戸彩。
真冬の川に本気で入ってるらしい女優根性はスゴイ。
しかし、小作農にしては整い過ぎのマユゲが気になりました。

最初の奉公先の岸本加世子がコワイ。

奉公先から脱走し、山中で助けられた先にガッツ石松。
それは台本通りですか?アドリブですか?
ガッツさん、大丈夫ですか!?と思ってしまう演技。

2番目の奉公先では泉ピン子、圧倒的な存在感!
脇役や準主役を超えてる感じです。
おしんにとって重要な役どころではありますが、
この人がいなかったら映画になってないかも。

泉ピン子の婿娘役(?)として元祖おしんも出演。

泉ピン子の孫の女の子がかわいかったです。
国民的美少女コンテストで入賞しただか何だか。

主演のおしんははまり役かも。
父と違い爪に泥が入って汚いし、
母と違い全く垢ぬけない素朴な感じ。まさにおしん。
演技も上手だと思う。

と、ストーリーの中には入りきれませんでしたが、
色々と観察できて面白かったです。

この記事はブログにもアップしています。
http://thailandview.blog50.fc2.com/blog-entry-6155.html

おしん公式サイトはこちら
http://pr.livedoor.com/movie/oshin/


☆--バンコクのイサーン料理食べ歩き--☆
http://thai-dishes.com/isan/

☆--動画でみるバンコク--☆
http://thai.i-frontierasia.com/movie_bkk/

☆--ヤンゴン旅行・観光情報ブログ--☆
http://yangontrip.blog.fc2.com/

☆--【伊藤潤一式】口臭消滅プログラム--☆
http://blog.livedoor.jp/koushushoumetsu/


============================

 メルマガ「タイランドビュー バンコク滞在レポート」
   
・ 発 行 者 thailandview
・ ブ ロ グ http://thailandview.blog50.fc2.com/  
・ メールアドレス  thailandview2@yahoo.co.jp

============================

このメールマガジンは、インターネットの本屋さん『まぐまぐ』を
利用して発行しています。( http://www.mag2.com/ ) 
◎タイランドビュー のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://archive.mag2.com/0001154813/index.html

このメルマガは現在休刊中です

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む