ユニブロマガジン

サンプル誌

筆者の個人的発見に基づく、自分はこう思う、自分ならこう利用する等といった提案をしていきたいと思います。

ユニブロマガジン第1回の今日は、SeeSaaブログです。

私がバグフィックスに参加したソフトで、
SeeSaaブログが作れるようになりました。
(このソフトは3回目で紹介する予定です)

さて、SeeSaaブログを作ってみた感想ですが、・・・。

SeeSaaブログすごいっ!
えーと。
独自ドメインとのマッピングがタダで出来る。

結果は見ての通りなのですが、
こんな感じで
http://unixblog.seesaa.net/ が、
http://unixblog.itmanagement.jp に化けます。
両方にアクセスしてみてください。

しかもこれはフレーム転送とかなどと違って、
本当にunixblog.itmanagement.jp配下にコンテンツがあるように見えます。

例えば、左上のタイトルはリンクになっているのですが、
この実体はunixblog.seesaa.netにあるhtml文の中で、
unixblog.itmanagement.jpをポイントしているわけです。

さて、有料でこういったサービスをやっているところはけっこうあります。
例えば、Livedoorブログとか。

それに対してFC2のように、有料であってすら独自ドメインとFC2ブログのマッピングは提供しないというところもあります。
個人的にはFC2ブログはかなり気に入っています。

さて、やり方なのですが、最初よく分からず、
SeeSaaのホスト名にpingを打ってみて、
返って来たIPアドレスをDNSに設定してみました。
そうすると、・・・

Forbidden

になりました。う~む。

まあ、そんなところだろうな。
ま、どっちかって言うと、これは当然過ぎる結果です。
表面上のIPアドレスをマッピングしただけでは、
出来るとは思っていませんでした。しかし、
ものぐさな私は、もしかしたら「これで上手く行けば儲けもの」
などと思ってやってみたのでした。

さて失敗してはじめて私は、マニュアルはないのかと思って探し始めました。

・・・・・。あった。

ブログ ・ヘルプ -> 設定 -> 独自ドメイン
というのがある。
http://blog-help.seesaa.net/article/32923100.html

要約すると、こういうことらしいです。

unixblog.itmanagement.jp. A 59.106.28.131

この一行をDNSに設定すればいい訳です。

ちなみに私は、「unixblog」というホスト名は適当に新規で作りました。

やりかたまとめ。
独自ドメインを取る。
SeeSaaブログ開設。
DNSの設定。
SeeSaaでマッピングの設定。

これで、独自ドメインでブログが<ドメイン料金のみで>出来上がるので、

後は普通に記事を書いていけばいい訳です。

先に書いたように、ブログサービス会社は独自ドメインで
ブログ運用させるにはたいていの場合、有料としています。
標準的な料金は、315円程度のようです。
しかし、315円が毎月掛かると年間で3600円になってしまい、
ドメインの年間維持費が1000円程度であることを考えると、
ドメイン料の約4倍近く掛かってしまうことになります。

つーか、ドメインが有料なのは当然としても、
タダで提供されているのとほぼ同じブログサービスに
なぜ、そんなに払わなけりゃあいけないんだ?

第一そんなに払うんだったら、あえて無料ブログの有料版を使う必要など一切なく、
最初からホスティングサービスと契約すればいいだけの話じゃないか!

という素朴な疑問は、当然に、誰しも感じることだと思います。

この疑問に対する解決として、SeeSaaのアプローチは至極まとを得ていたと思います。

その点において、画期的だったと思います。

次回は、ユニブロマガジン発刊記念といたしまして、読者プレゼントをします。

ユニブロマガジン

発行周期: ほぼ 週末刊 最新号:  2018/11/03 部数:  21部

ついでに読みたい

ユニブロマガジン

発行周期:  ほぼ 週末刊 最新号:  2018/11/03 部数:  21部

他のメルマガを読む