岡田斗司夫の毎日メルマガ

「庵野監督の『シン・ウルトラマン』ってホントなの!? 2  もし実現したらアカデミー賞も十分狙える」

---------------------------
庵野監督の『シン・ウルトラマン』ってホントなの!? 2 「もし実現したらアカデミー賞も十分狙える」
---------------------------

今日は、ニコ生ゼミのハイライトです。
『岡田斗司夫ニコ生ゼミ』から一部抜粋してお伝えします。

*********************************
 こういうお金絡みの話はですね、タオルくんより、にせテッドの方が好きなので、彼の意見も聞いてみましょう。

――――――
岡田:
 にせテッド、どう?

にせテッド:
 金の話、大好き!
 こういうお金の話っていうのは、権利がゴチャゴチャしてくると、何年か先を見据えての話になってくるからね。だから「今はない」、「今はない」と言ってても怪しいよ。
 だって、円谷プロは“否定”してないもん。「うちは何も言ってない」としか言ってないもんね。
――――――

(にせテッドの岡田の声当てについて)
 まあ、にせテッドは、こういう“邪道の声”です。
 コメントで「もっと本物っぽい声でやって」という意見もありますけど、本物の声ではありません。これは偽物ですからですね(笑)。

・・・

 でも、もし庵野秀明が『シン・ウルトラマン』やるとしたら、たぶん、メチャクチャ面白くなるんですよ。
 というのも、僕は“移民問題”を扱うと思っているからですね。

 『シン・ゴジラ』という作品において庵野秀明は、実は国際問題や国内政治、あとは防衛問題などと一緒にゴジラを語っていたわけですね。
 対して、ウルトラマンには、バルタン星人やメフィラス星人などのように、植民とか民族問題がふんだんに入っているんですよ。特に、『ウルトラセブン』の中には、沖縄出身の脚本家、金城哲夫が手掛けた「ノンマルトの使者」というエピソードがあります。
 僕は、庵野秀明が『シン・ウルトラマン』を作るとしたら、これを入れてくる……というか、中心に持って来るんじゃないかなと思ってるんですけど。

 「ノンマルトの使者」というのはどんな話かと言うと。
 ウルトラセブンことモロボシ・ダンとアンヌ隊員は、海で休暇を取ってました。そこに1人の少年がやって来て「人類が海底開発を止めないと、“ノンマルト”が怒り出して襲撃してくるぞ! だから、もうこれ以上の開発は止めて!」と忠告するんです。
 「開発を止めないとノンマルトの攻撃が始まる」と。それを聞いて、モロボシ・ダンは不思議に思うんです。モロボシ・ダンの正体はウルトラセブンであり、光の国であるM78星雲の人間なんですね。そのM78星雲では「ノンマルト」というのは「地球人」を指す言葉だったからです。
 「えっ? 僕らは地球人のことをノンマルトと言ってるんだけど、少年は『人類に対してノンマルトが~』と言った。なんでこんな不思議なことがあるんだろう?」と、不思議に思っていたんです。
 そうこうしているうちに、人類は海底開発を止めなくて、ついにノンマルトたちの襲撃が始まります。ウルトラセブンは、ノンマルトが繰り出してくる怪獣と戦い、勝利するというお話なんですけども。
 そんな中でわかったのは、「もともと地球というのはノンマルト達の世界だった」ということなんです。
 ノンマルトという種族が、いわゆる原住民として住んでいた。現在、地球人と呼ばれている人類というのは、今から数十万年から百万年くらい前に、そこへ強制的に移住して来て、ノンマルト達と戦い彼らを海へ追いやった。ノンマルト達は仕方なく、人類に押される形で海底に逃げ込んでいったというのがわかるんですね。
 そして、それがわかった上で、ウルトラ警備隊の隊長は「今さら、そんなことを公表するわけにいかない。こうなればノンマルト達を全て滅ぼしてしまって、『人類は元から地球に住んでいた』ということにして、もう一件落着でいいんじゃないか」という、すごい政治的な判断をするという話なんですね。

 だから、これを『シン・ウルトラマン』として実写化するとなると、間違いなくアカデミーが狙えるんですよ。
 なぜなら、「アカデミー賞というのは、こういう政治的な話が大好きだ」というのと、あと、これってインディアンから住む土地を奪って、今や自分たちがアメリカ人だと思っているヨーロッパ系移民達のアイデンティティを強く揺さぶるからです。
 そして、強く揺さぶりながらも、「でも、もう俺達は、今さら元の国には帰れない。このアメリカ大陸で暮らしていくしかない。人類は地球で暮らしていくしかない」という、こういった話に出来るからなんですよね。
 『未来のミライ』というアニメがアカデミー賞を取れなかったというのは、やっぱり、政治的なメッセージが弱いからなんですよ。
 でも、この「ノンマルトの使者」をベースにした庵野秀明版の『シン・ウルトラマン』だったら、おそらく、強烈なメッセージを入れられるんですね。

・・・

 この『シン』シリーズというのは、ウルトラマンで終わるとは思えない。
 『シン・宇宙戦艦ヤマト』、『シン・仮面ライダー』、『シン・少女革命ウテナ』(笑)という路線に続いて行きそうだというか、「庵野の老後はこれで楽しく過ぎて行くんではないかな?」って思います。
 これらの作品、実は『宇宙戦艦ヤマト』も『仮面ライダー』も『少女革命ウテナ』も、今言ったようなですね、実は世界に通用するような政治的なメッセージが付加できて、全てが国際的な賞が狙えるような作り方が出来るんです。
 ここら辺、ビジネスに関しては大変、目の付け所が厳しいというか、やり手のカラーとしても狙いたいところではないでしょうか、というふうに思います。

――――――
岡田:
 どう思う、タオルくん? タオルくんは金絡みの話が好きじゃないからね、ちゃんと中立的な意見をください。

タオルくん:
 うーん、でもね、それは全部、岡田の妄想なんでしょ?

岡田:
 そうっすね(笑)。
 はい、全部、僕の妄想です。ごめんなさい。タオルくんも一緒に謝ってくれ。
(タオルくん、頭を下げる)
――――――

 みんなもう、コメント欄では「新しい『シン』は何だろう?」って予想しあってるんですけど。
 『シン・ベルサイユのばら』って? そんなはずねえよ(笑)。


**************************************

動画や全文が気になった方、【岡田斗司夫アーカイブ】(月額2,160円)のご入会はこちらから!
↓
http://blog.livedoor.jp/okada_toshio/archives/51552665.html


---------------------------

このメールは転載歓迎です。ただし、下記のメールマガジンが出所である旨、必ず、URLを明記してください。
http://www.mag2.com/m/0001148694.html

よかったら、感想をTwitterで @toshiookadaまで教えてください。
http://go.otaking-ex.com/RKjMqiy0

最後まで読んでくれて、ありがとうございました。
---------------------------
岡田斗司夫の毎日メルマガ
---------------------------
また明日!

--------------------------------------------------------------

このメルマガはFREEexのメンバーのサポートでお届けしました。


───────────────────────────────────
企画編集:のぞき見のミホコ(FREEexメンバー)
ライター:ヤムアキ(FREEexメンバー)
───────────────────────────────────


■発行日2019年3月20日 6:00
URL : http://blog.livedoor.jp/okada_toshio/
発行システム まぐまぐ http://www.mag2.com

岡田斗司夫の毎日メルマガ

発行周期: ほぼ 日刊 最新号:  2019/03/20 部数:  14,544部

ついでに読みたい

岡田斗司夫の毎日メルマガ

発行周期:  ほぼ 日刊 最新号:  2019/03/20 部数:  14,544部

他のメルマガを読む