FP歴16年家計診断3000件の吹田朝子の金運up人生術

仮想通貨をヒントにしたお金との付き合い方

カテゴリー: 2017年09月02日
今やビットコインの取引量が世界一という日本。
過去1年で6倍になった方、この2か月で2倍になったという方もいます。

そんな中で、「お金」とは何なのか?
その定義もどんどん進化しています。
お金で幸せはどう変わるのでしょうか?

もう、FPとしてではなく、お金のメンタリストとして活動しています。

仮想通貨に関するエンジニアさんと話をした際の本質的な気づきについては、
近々発行する「お金のメンタリスト通信」で配信しますね。
↓↓↓
https://www.reservestock.jp/subscribe/43015


さて、実はこんな研究結果があります。

宝くじで1000ポンド(約14万円)が当たった人の幸福度が上昇するのは、
なんと3年目からだそうです
(ニック・ポータヴィー氏「The Happiness Equation(幸福の計算式)」より)。

思いがけない収入があったときに、なぜ満足を得るのに2年もかかるのでしょうか?

それは、捉え方の違いから。

自分が稼いだお金なら、それは、
本来受け取るべきお金としてすぐに認識できます。

でも、単なる幸運など思いがけない収入は、そうはいきません。

実感するまでに
自分がそのお金を受け取るのに十分ふさわしいのかどうか?
自分の中で葛藤がおこり、
その事実を受け入れるのに2年もかかるという調査結果があるのです。

なるほど・・・

どうしたら受け入れられるようになるのか?
私は、ここで、
「循環」の視点を持てるかどうかが分かれ道と思います。

「循環」って、ちょっとした切り口です。
今までの自分の行動と、その先の関連性などを、自分の中でつなげていくんです。
そうした思考を繰り返していくと、今の出来事も「受け取っていいんだ!」
と思えるようになるのです。

仮想通貨の法外な値動きも、自分と社会との繋がりを見出せるかどうかで、捉え方が変わります。

仮想通貨に関するエンジニアさんと話をした際の気づきについては、
近々発行する「お金のメンタリスト通信」で配信しますね。
こちらからどうぞ。
↓↓↓
https://www.reservestock.jp/subscribe/43015

最後までお読みくださり、ありがとうございました。
皆さんが良い流れに乗れるように少しでも参考になればと思います。

ついでに読みたい

FP歴16年家計診断3000件の吹田朝子の金運up人生術

発行周期:  週刊 最新号:  2017/09/02 部数:  143部

他のメルマガを読む