営業・宣伝が得意な会社の契約書の落とし穴・契約書の基礎・効果的活用法

行政書士柏崎法務事務所

__________________________________

【営業・宣伝が得意な会社の契約書の落とし穴・契約書の基礎・効果的活用法 】


              送信元 行政書士柏崎

___________________________________


こんにちわ。

行政書士の柏崎です。


みなさんは、夜寝るときにエアコンをつけてますか?


わたしは寝るときもエアコンをつけっぱなしにしています。

朝までぐっすり眠りたいですからね。

でも、今月の電気代が心配です…



さて、今日は契約書のトリビア的な話題です(↓)。


~~Q~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


契約書の契約金額の欄は、「円」でしめるのが正しいですか?

それとも「円也」でしめるのが正しいですか?


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

A

どちらでしめても、「間違っている」ということはありません。

法律的にも有効、マナー的にも問題ありません。


そもそも金額の最後に「円」もしくは「円也」

という文字を付け加えるのは、

「金額の偽造を防ぐ」ためです。


この点、昔は「円」だけでしめると、

その後に「○○銭」と付け加えられて

金額が変造されるおそれがありました。

ですので、その頃は「円也」でしめるのが

書き方としては正しかったといえます。


でも、現在は日常生活において

「銭」という単位を使うことはまずありません。

ですので、「円」だけでしめても

変造の危険はなく、大丈夫というわけです。


もちろん、現在でも「円也」でしめて間違い

というわけではありません。

どちらでもお好きなほうをお使いいただければいいと思います。



↓ 契約書作成相談はこちら ↓

電話番号  045-211-6219

メールアドレス kashiwazaki@kashiwazaki-office.com


****************************

ホームページはこちら
契約書作成サイト→http://kashiwazaki.blogdehp.ne.jp/

秘密保持契約書→http://himituhoji.com/

匿名契約書・ファンド組成→http://www.yokohamakaisha.net/category/1412262.html
 
横浜市中区弁天通1丁目14番地3階18号

電話番号  045-211-6219

このメルマガは現在休刊中です

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む