営業・宣伝が得意な会社の契約書の落とし穴・契約書の基礎・効果的活用法

行政書士柏崎法務事務所

__________________________________

【営業・宣伝が得意な会社の契約書の落とし穴・契約書の基礎・効果的活用法 】


              送信元 行政書士柏崎

___________________________________


こんにちわ。

行政書士の柏崎です。


~~Q~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


さて、業務委託契約書のなかで一番重要な条項は

なんだと思いますか?


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


委託料に関する条項?


仕事の納期を定めた条項?


秘密保持条項?


それとも……??




はい。

たしかに、これらはどれも大切な条項です。


でも、「一番」重要な条項かというと、違います。



考えてもみてください。

業務委託契約ってどんな契約ですか?


自社の「業務」を、下請とか外部の第三者に「委託」する契約ですよね。


とすれば、この契約のなかで最も重要な要素は、

「どんな業務」について、「どういうお仕事をしてもらうか」という

点なわけです。


そう、業務委託契約書のなかで一番重要な条項とは、

「委託業務の内容を明らかにした条項」です。



これがはっきりしていないと、

委託する側とすれば、

「やってもらいたい仕事を相手がやってくれない」

ということになり、


反対に受託する側とすれば、

「あんなこともこんなこともいろいろと仕事を押し付けられる」

ということになりかねません。



こうしたトラブルを避けるためにも、

「委託業務の内容を明らかにした条項」、すなわち「委託業務に関する条項」は、

一義的に明確である必要があります。



とはいうものの、委託業務の内容が複雑とか、量が多いという場合には、

必ずしも業務委託契約書で業務内容を確定しなくてもOKです。

その場合は、仕様書などで確定することになります。


もつろんその場合には、

「本契約に基づく委託業務の内容は、別紙仕様書に定めるとおりとする。」

という条項を契約書に入れるのを忘れてはいけませんよ~。



↓ 契約書作成相談はこちら ↓

電話番号  045-211-6219

メールアドレス kashiwazaki@kashiwazaki-office.com


****************************

ホームページはこちら
契約書作成サイト→http://kashiwazaki.blogdehp.ne.jp/

秘密保持契約書→http://himituhoji.com/

匿名契約書・ファンド組成→http://www.yokohamakaisha.net/category/1412262.html
 
横浜市中区弁天通1丁目14番地3階18号

電話番号  045-211-6219

このメルマガは現在休刊中です

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む