【考えるヒント(常勝競馬)無料メルマガ】9年目突入の行列のできる大穴競馬予想メルマガ

【考えるヒント/馬場考察&阪急杯の有力馬診断の総まとめ】

カテゴリー: 2019年02月21日
【馬場考察】
(※馬場差は[S超高速~C並~F超低速]の7段階表記)
[先週の芝の伸び所&馬場差の傾向]
東京…土日共にイーブン/B
京都…土はやや外有利、日は外有利/D
小倉…土日共にイーブン/C

[今週の芝の伸び所&馬場差の予想]
中山…1週目/Aコース/伸び所はイーブン付近/馬場差はB
阪神…1週目/Aコース/伸び所はイーブン~やや内有利/馬場差はB
小倉…3週目/Bコース替わり/伸び所はイーブン付近/馬場差は


[昨年同開催の芝の伸び所&馬場差の一覧表(※馬場推移を推察する上でご参考下さい)]
2/24 A中山イ(B)     A阪神イ(B)  B小倉イ(B)
3/3 A中山イ(C)     A阪神イ(B)  B小倉イ(B)
3/10 A中山イ(DC=C)  A阪神イ(B)  A中京2~イ=イ(D=C)
3/17 A中山イ=3~イ(C) A阪神イ(B)  A中京2~イ=イ(D=C)
3/24 A中山イ(C)     A阪神2=イ~2(B) B中京イ(D)
3/31 B中山イ=イ~3(B) B阪神イ~2=イ(A)
4/7  B中山イ(B)     B阪神イ(C=B)  A福島2イ=2~イ(D)
4/14 B中イ=イ~3(B=C)  B阪2イ=イ(A=C)  A福イ~2=イ(D=F)

(※一覧表の活用法&過去年の一覧表についてはコチラの限定記事(パスワード= baba )をご覧下さい→ http://blog.livedoor.jp/sguw/archives/2349664.html )


【阪急杯の有力馬診断】
※印は[★激走候補~△やや有力~▽やや軽視~―無印」を表します

▽レッツゴードンキ牝7岩田54梅田智(栗東)
コノ馬の17年秋以降の好走歴はスプリンターズS2着・スワンS3着・高松宮記念2着。
そのスワンSは着順こそ好走ですが、その前のスプリンターズSからは大きくパフォーマンスを落とした結果でした。
つまりは、コノ馬の最近はスプリントG1でしか本気レベルの走りをしていないという…そこに照準を合わしている分でその前後走では期待外れ率が高いというコトになっています。
今回も高松宮記念を見据えた叩き台であるコトは明白で、ここでは勝負をしてこないのが今のレッツゴードンキ(陣営)のデフォルトです。


―アドマイヤゴッド牡7北村友56須貝尚(栗東)
昨年唯一のプチ激走の5走前函館SSは、外枠でも岩田Jらしい騎乗で上手いこと内から捌いての4着。それみたく内で脚を溜めて気を抜かさない競馬ができれば上位進出の可能性が出て来ますが、それは4走前みたく詰まり凡走とも表裏一体のハイリスク戦法。
前走タンザナイトSの大外枠競馬敗戦は度外視できますが、理想内枠競馬でもフルゲート多頭数戦では嵌まる可能性は極めて小さいし、仮に嵌まってもしても重賞級だとやや足りないか。


▽エントシャイデン牡4坂井瑠56矢作(栗東)
デビュー2戦目の京王杯2歳S回顧で『エントシャイデンはブランボヌールの全弟ですが、体型や走法はソレとは別物で、決してスプリンター方向ではなく寧ろマイル超寄りの馬だろう。今回は距離千四が忙しかった分の良い脚見せるも全く届かずの競馬で、外回り距離1600~1800なら見直せる。』と書いた通り、その後も距離12~14ではパフォーマンスを落として、距離16で好結果を残しているという戦績。
3連勝も全て外回りマイル条件で、昇級初戦での内回り千四条件となると?


―タイムトリップ牡5浜中56菊川(美浦)
前々走ファイナルSは昨年末阪神最終日最終レースでの差し追い込み有利決着、前走石清水Sも外有利馬場での外追い込み有利決着…それらに乗じての連続好走を決めたのがタイムトリップです。
例えば阪神カップ好走馬が阪急杯に直結しない通り、前者は差し脚が後者は立ち回りが強調される傾向あって、それに照らして言えばタイムトリップの連続好走結果は今回には引き継がれ辛いと言えます。


△ダイアナヘイロー牝6武豊55
まずは前走阪神カップ時の有力馬診断を参照↓
『5走前高松宮記念は展開不利、4走前函館SSはドン詰まり、3走前北九州記念は非スンナリ競馬で気難しさ出して敗戦、2走前セントウルSは鼻出血、前走京阪杯は久しく理想的なスンナリ2番手競馬で好走。

決して強い馬だとは思いませんが、アクシデント・展開不利なくまともにスンナリ先行競馬さえできれば重賞級でも恵まれて好走は可能という馬なのでしょう。

ココも枠順や相手関係的に、それが叶いそうかどうかが全てです…それさえ叶えられればこういう精神的にムラのある馬というのは精神状態が噛み合っている時には連続して頑張れる傾向ですので。』

・・・
前々走京阪杯は11人気3着、前走阪神カップは11人気1着。
ポイントとしては、武豊Jの手綱が離れた分で非常に妙味ある状況だったというのと、やはりコノ手のタイプは精神的に噛み合う瞬間ならば連続好走できるというのと。

後者の観点で言えば今回も目が離せないのですが、今回は武豊Jに手綱が戻って好走後だった前走の人気薄がウソの様に大人気に推されそうな点。

昨年阪急杯1着も前走阪神カップ1着も共通項はノーマークえの逃げ一発…先週フェブラリーSインティがあったばかりですが、常識的には買い時は過ぎてしまったのではないかという見方になる。


―トウショウピスト牡7古川吉56土田(美浦)
理想は逃げの手ながらも、毎度の様に強力な同型馬に阻まれて逃げられず且つHペース展開不利を受けてしまいがちという残念な近況。
3戦振りの距離延長千四起用で、約1年振りの逃げの手に出るチャンス…そうでないとまたダイアナヘイローの楽逃げというツマラナイ競馬(結果)も見えてきますので、そういう意味で動向を大いに注目したい一頭。


★ダイメイフジ牡5和田竜56森田(栗東)
まずは5走前中京記念11着時の有力馬診断見解を参照↓
『前走CBC賞はデムーロ騎乗も1人気11着大敗…それの敗因としては距離不足と季節面が指摘されていました。
そこから中2週でのマイル重賞転戦は…更に猛暑気候で大丈夫なのかと思えますし、また折り合い面も鍵になってくる馬ですので距離適性が仮に1200よりも1600としても2F延長ローテは簡単ではないでしょう。』

・・・
その昨夏中京記念ではやはりと言うべきか、折り合い面で難しい所を見せていましたし、あとは距離の壁か夏場連戦もあったかで及ばずの結果に。

そこから間隔を空けて良績季節を迎えた昨秋以降は、初戦京阪杯こそ不利もあって大敗を喫したものの、2戦目ラピスラズリSで一変1着。
前々走阪神カップは4着健闘で、前走淀短距離Sは距離不足と内不利馬場もあっての小差敗戦。

今回は時季も距離もベスト条件で、地味なタイプだけに少なからず人気落ちするはずですが、あながち足りない馬ではありません。
内枠を引ければの穴候補。




▽スターオブペルシャセン6杉原56藤沢和(美浦)
とにもかくにも折り合いが鍵という馬で、昨年は折り合い下手ウチパク騎乗時のみ崩れて、他では5戦5好走という分かり易い戦績になっています。
前走阪神カップについては、前々走オドノヒュー騎手が折り合い無視競馬をした分の後遺症がないか心配していましたが、内枠後方競馬で馬の後ろで落ち着けられるポジショニングが良く、概ね力を出し切れての3着好走でした。
今回もまずポイントは折り合い…極端外枠なら軽視、引き続き内枠ならば押さえなければならない一頭でしょう。

ただし、藤沢和厩舎の今時期の勝負気配に疑問有という点で、重い印までは打ち辛い。


―ヤングマンパワー牡7池添56手塚(美浦)
まずは前走東京新聞杯時の有力馬診断を参照↓
『スンナリ系馬。
3走前京成杯AHは向かい風強風を真っ向に受ける道中外ポジショニングから、不得手とする右回りでの挙動も怪しくて…総じて度外視できる敗戦と見ます。

2走前富士Sは「中外枠スンナリ先行競馬ならば掲示板級(あわよくば3着)あっても良い」と診断しましたが、若手の有望株と言われながらも特別戦141戦0勝の平場専用騎手の武藤雅騎手には荷が重かった様で…10番枠から馬群内へと誘導して直線でも内を突いてから馬の気分を害し続ける競馬での惨敗。折り合い重視で運んだとの弁ですが、だからこそ馬群から離れた競馬をすべき馬だと思うのですが・・・。

前走中山金杯も右回り小回りコースではやはり乗り難しくての大敗。

つい4走前関屋記念では4着善戦した通り、左回り大箱コースでは乗り方次第ではまだ可能性残している馬と見ていますが…その乗り方の面でまたも信頼ならない(踏まえた乗り方をしてくれるのか全く分からない)ブロンデルJでは・・・。』

・・・
その前走東京新聞杯もブロンデル騎手の謎Hラップ追走で必然の失速劇。
それら近走はずっと裏目競馬の連続での不振戦績で、左回り大箱コースで常識的な競馬ならば無きにしも非ずと見ますが、この右回り内回り条件では無理なので。。


★ミスターメロディ牡4福永56藤原英(栗東)
前々走オーロCは休み明け初戦の分もあったのか掛かり追走で、結果的には追い込み決着に巻き込まれる形での負けて強しの範疇の敗戦。

前走阪神カップはガス抜きできた2戦目で、折り合い面も大分マシとなった分で本領発揮となりました…まともに力を出しさえすれば近年最強レベルレベルのNHKマイル好走馬としてこれ位は走れて当然というコトでしょう。

敵は折り合い面とキレ負け…それは表出しないだろう阪神千四条件ならば地力最上位級馬として順当に評価するしかありません。


―ラインスピリット牡8森一56松永昌(栗東)
スプリンターズS後の2戦は共に調教の動きからして本調子ではありまえんでしたので、G1激走後の反動で復調に戸惑っている感は否めません。まずは最終追い切りで終いまでキッチリ脚を伸ばす姿を見せてくれないコトには何れにしても狙い辛い。
その上に、今回は距離千四という雨馬場という苦手条件では・・・。


▽ロードクエスト牡6川田57小島茂(美浦)
左回り向き馬。
4走前スワンSこそ右回りでもデムーロマジック(当時詳述)で勝利しましたが、やはり右回りだと相当注文が付く面は否めません。
前走東京新聞杯は待望の左回り戻りで、やや内有利馬場バイアスを外差し競馬で4着の好内容。
左回りならば鞍上問わず・馬場バイアス問わず買わねばならいあですが、右回りだと不器用な競馬しかできない点で外ロスある競馬でも間に合う外差しバイアスというのを前提に考えたい馬…開幕週フルゲート戦のココでは不発の可能性の方が高い。


★リョーノテソーロ牡4幸56武井(美浦)
コノ馬は集中力の問題から馬群の中を突く競馬をしたいというクチ。
そのせいで昨秋以降の芝5戦中3戦で詰まり脚を余す形で、特に前々走はドン詰まりさえなければ勝ち負けまであったはずで、前走もドン詰まりで何もできずの結果でした。
距離千二スピード決着には対応できない所もあるので、距離延長千四起用はプラスです。
内枠を引いてくれるコトが前提となりますが、馬特性的にもレース傾向的にも内枠を生かす競馬での激走のチャンスは見込める大穴候補。


【ブログご案内】
ブログでは「」を現在公開中です!
http://blog.livedoor.jp/sguw/
宜しければブログの方も上記リンクから飛んでご覧下さいm(__)m 

☆考えるヒント(常勝競馬)コンテンツ
(ブログ)http://blog.livedoor.jp/sguw/
(mixiコミュ)http://mixi.jp/view_community.pl?id=5049238
(ツイッター)https://twitter.com/jou_syou
(メール)sguw125@gmail.com

ついでに読みたい

他のメルマガを読む