教育貧困にならないために

サンプル誌

登録解除⇒http://archive.mag2.com/0000XXXXX/index.html
………………………………………………………………
★☆お金が貯まる家庭はやっている!☆★

===教育貧困にならないために===
………………………………………………………………
メルマガ発行人 川畑明美のプロフィール
>>> http://www.costofeud.com/profile/index.html
-----------------------------------------------------
このメルマガは、読者登録された方か無料レポートをダウンロードされた方に配信しています。

はじめまして、川畑です。

子どもに「私は私立中学に行きたい!」と宣言され、
あわてて教育資金をつくるすべを調べ・実践しています。

そんなとき、友達のお宅ではどうしているのか?と思いますが、
なかなか聴けないお金の話。

いろいろ研究中ですが、
調べたり実践して分かったことを、
少しでもメルマガを通してお伝えできれば、と思っています。

┏…┓
 1 学資保険だけでは、全然足らない!
┗…┛ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
上の子どもが生まれたとき、思いがけず、
出産祝いをたくさん頂きました。

100万円に少し足らないくらいだったので、
郵便局で先割りして、18歳満期で100万円になる学資保険に加入しました。

その他に、パパ100万円、ママ100万円くらいの外貨債権を持っていましたので、
あと100万円くらいで、大学資金はだいだい足りるかなぁ、
と思っていました。
ところが、子どもが年中組になったある日。
「ママ!●●ちゃんが、慶應女子中学にいくから、私も行くね」
と、言うではありませんか!

「そうなんだ、お友達と同じ学校行きたいねー」
そう相槌をしたものの、
偏差値も高いけど、学費もトップレベルの学校じゃん!

まだ、現実を知らないで話しているのかな。
と、タカをくくっていたら、
それから、小学校に入学しても言い続けています。
しかも、勉強バリバリしています。

嬉しいけど、学費がとっても気になり始めました。
そこで、同じ保育園にいたママが
私立高校の先生だったのを思い出して聞いてみました。

┏…┓
 2 保育園ママの怖い話。
┗…┛ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
子どもが通っていた保育園で、
私立の中高一貫校で先生をしているママの話。

「うちの高校って、授業料はそれほど高くはないけど、
学校指定の塾に行くことになっているの。
それが、授業料と同じくらい金額なんだよね!」

「ええーっ!私立なのに?」

「私立だから、だよ。より良い大学に合格しないと、
私立に入れた意味ないもの」

詳しく聞くと、
だいだい、授業料が月に4万円とすると、塾が4万円くらいとのこと。
私立は、子どもが行きたいと言っても、
授業料以外でお金がかかる、と。

塾だけでなく、部活の持ち物も私立のコは、良い道具を持っている、とのこと。
あまり、安物は買えないようす。

自分で調べたところ、
私立中学の学習総額は、370万9,312円(08年文部科学省「子どもの学習費調査」より)
私立高校の学習総額は、292万9,077円(同上)

我が家の教育予算では、中学と高校だけでも足りません。
先のママの話を聞くと、本当にこれだけで足りるのか?
疑わしく思って、私なりに調べました。

その結果は、次号で。

-----------------------------------------------------
■	編集後記
教育費がどのくらい必要なのか、
いろいろ本を読んだり、webで調べたりしています。
子どもを大学に入れるのは、
人生で、家を買う次に高いそうです。

でも、教育ローンは、住宅ローンより金利高い。
しかも、老後のためのお金も必要。
考えると暗くなってしまいます。

このメルマガでは、楽しく、ラクに、
実践できる方法を探して紹介したいと思っています。
よろしくお願いいたします。

///////////////////////////////////////////////////////////////////
■発行者情報
発行責任者:川畑明美
http://www.costofeud.com/contact/index.html
登録・解除はこちら 
http://archive.mag2.com/0000XXXXX/index.html
■注意事項
当メルマガは、投資の勧誘を目的としたものではありません。
あくまで、個人的投資の記録や感想を公開したものです。

また、当メルマガの情報に基づいて被った損害については、
当方では一切の責任を負えません。
投資には元本割れなどのリスクがつきものです。
最終的な意思決定は自己責任と判断にてお願い致します。
//////////////////////////////////////////////////////////////////

★☆最後まで読んでくださりまして、ありがとうございました。
この情報が少しでもお役に立てれば、幸いです。

ご意見、ご感想、お悩みなどありましたら、
>>>tahiti84a@gmail.com
まで、お気軽にお問い合わせください。
今後も、みなさんのお役に立てるよう、有益な情報を発信していきたいと思います。

教育貧困にならないために

発行周期: ほぼ 日刊 最新号:  2019/02/23 部数:  735部

ついでに読みたい

教育貧困にならないために

発行周期:  ほぼ 日刊 最新号:  2019/02/23 部数:  735部

他のメルマガを読む