いい会社をふやしましょう!

~鎌倉投信メールマガジン~投資の真理

カテゴリー: 2018年12月28日
 
 
 
━━いい会社をふやしましょう!━━鎌倉投信・鎌倉倶楽部発行メールマガジン
投資の真理
━━━━2018年(平成30年) 12月28日金曜日━━━━━━━━━━━Vol.440━

鎌倉投信がお届けする「心を結ぶ」メールマガジン
今回も皆様を鎌倉投信や投資信託「結い 2101」と結んでいきます。

◆◆◆◆◆━PICK UP━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆◆◆ 全国各地で、説明会を開催しています。
◆◆◆  皆様の参加をお待ちしております!
◆◆   スケジュール・申込みはこちらhttps://www.kamakuraim.jp/events/
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

皆様、こんにちは。
今年は暖冬のせいか、本社屋の木々もようやく色づいてきました。今年も早いもので
残すところ、あと数日。大掃除や暮れの買い物など慌ただしい日を過ごされる方も
多いかと思いますが、お身体に気をつけて、どうかよい年をお迎えください。

※次回の配信は、2019年1月11日になります。

〜目次〜
| 投資の真理
| イベント&セミナー情報
| トピックス
| メディア情報
| 「結いだより」のご案内


◇◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
投資の真理
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◇

皆様、こんにちは。鎌倉投信の鎌田恭幸です。

いつも鎌倉投信のメルマガを読んでいただきありがとうございます。

今年の株式市場は、年後半に向けて大荒れの展開となりました。直接のきっかけは、
米国株の大幅な下落ですが、その背景として、米国における、景気拡大のピーク
アウト感、金融政策に対する不信感、米中貿易摩擦への懸念、トランプ政権の
政権運営等の複合的要因が挙げられます。
これを受け、日本を含む世界株式市場は、12月に入り大きく値を下げ、日本株式の
代表的指数である東証一部株価指数(TOPIX)も年初来安値を更新し、12月27日の
同指数は1501.63(11月末比-9.9%)となりました。そのような相場環境の中、当社の
投資信託「結い2101」の基準価額も、12月27日現在で17,741円(11月末比-6.8%)
と値下がりしましたが、キャッシュ比率を高めに維持するなどのリスク管理が奏功し、
下落率は抑制されています。

これらの事象に対応した当社の投資判断は、
1.投資先の「いい会社」の企業業績は、足下も順調に推移し、その傾向に大きな変化
はないこと
2.「いい会社」の株価は、財務状況や業績に照らして魅力的な水準にあること
3.金融市場が大きく揺れる中にあっても、企業業績の土台となる「いい会社」の
経営者・社員さんは、これまでと変わらず日々仕事に取り組まれていて、実態として
の企業価値に変わりはないこと
などから、市場の動向に振らされることなく、今までと同様の運用方針を継続して
います。具体的には、12月以降、株価が大きく値下がりした状況下で、「いい会社」
の株式をしっかりと買うという投資行動を取りました。今のところ、この運用方針に
変更はありません。

鎌倉投信では、マクロ経済や金融市場の動向を予測した運用はおこなっていませんが、
今回の変調は、リーマンショック以降おこなわれてきた、金融財政政策による過剰
流動性(マネーの膨張)によって支えられた株価形成の転換を示唆する、と私は理解
しています。私たちは、過去において、バブルの崩壊、アジア通貨危機、リーマン
ショック、そして今回の変調等、概ね10年おきに金融市場の混乱に直面しています。
経験上、こうしたときに最も大切なことは、(市場で乱高下する価格を見るのではなく、)
投資先の価値の本質を冷静に観ることでしょう。

鎌倉投信が設定・運用する「結い 2101」が投資する「いい会社」は、日々一所懸命、
新たな価値の創造に取組んでいます。資本市場で売り買いされる株価とは関係なく、
そうした実務の現場から生みだされる経済価値、社会価値、財務価値は、変わらない、
むしろ、そうした価値が高まる状況下において、株価が値下がりするのであれば、
長期の視点で投資する者にとっては、いいものを安く買うチャンス、と捉えることが
できるでしょう。今の値動きを「不安」と捉えるか、「機会」と捉えるかは、投資家の
姿勢によります。しかし、「投資で成功する秘訣は、いい会社の株式を、安く買って、
長く持つこと」という、投資の巨匠 ウォーレン・バフェットが説くシンプルな投資
の考え方が、投資の真理である、と実感します。

波乱含みで年を越すことになりましたが、今年一年本当にお世話になりました。
来年も「投資家の資産形成と社会の持続的な発展」に貢献できるよう、鎌倉投信の
役職員全員で力を合わせて、一所懸命取組みます。皆様、どうかよい年をお迎えくだ
さい。


◇◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
イベント&セミナー情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◇

 ◎ 鎌倉投信と「結い 2101」のご案内(説明会)
====================================
鎌倉投信と「結い 2101」について分かりやすく説明します。

グローバル経済の拡大やそこで見られる潮流の変化、日本が抱える様々な課題、
その中でみなさんの資産形成や社会の持続的成長に必要な処方箋などもご提案します。

この会は、はじめて金融のことを学ぶ人から既に投資のご経験がある方まで
どなたでもご参加いただけます。
お気軽にご参加下さい。楽しみにお待ちしています!

▼▼▼詳細・お申込みはこちら
https://www.kamakuraim.jp/events/

▼▼▼鎌倉投信の投資信託「結い 2101」の詳しいご案内はこちら
https://www.kamakuraim.jp/yui2101/

この説明会は、勧誘を目的としたものではありませんが、「結い2101」の勧誘を
おこなう場合があります。「結い2101」の購入にあたっては、投資信託説明書
(交付目論見書)を確認いただき、「投資リスク」・「手数料」等、十分ご理解の上、
お申し込みください。


◎ 資産運用と投資信託の基礎知識  (初心者向け勉強会)
 ~社会も心も豊かになる投資をはじめよう!~
====================================
この勉強会では、鎌倉倶楽部(お客様窓口)のスタッフが講師となり、投資信託の
仕組みや制度、投資の基本的な考え方を分かりやすく説明します。
投資に踏み出せない方の不安や疑問を解消できるよう、お手伝いさせていただきます
ので、是非、参加ください!

▼▼▼詳細・お申込みはこちら
https://www.kamakuraim.jp/events/categories/beginner/
この勉強会は、勧誘を目的としたものではありませんが、「結い2101」の勧誘を
おこなう場合があります。「結い2101」の購入にあたっては、投資信託説明書
(交付目論見書)を確認いただき、「投資リスク」・「手数料」等、十分ご理解の上、
お申し込みください。


◇◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
トピックス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◇

 ◎ My 鎌倉倶楽部
====================================

My 鎌倉倶楽部は、鎌倉投信に総合取引口座をお持ちいただいている方が利用できる
オンラインサービスで、電子交付サービス、残高・取引履歴やトータルリターンの
照会、定期定額購入の金額変更、各種登録事項の変更などのご利用が可能です。
また、「結いだより」も電子版で、スマートフォンでも読みやすくできています。
さらに受益者限定の動画を視聴できます。
「知りたかった情報が分かる!」「読みやすい!」などの声をいただいています。
まだ登録がお済みでない方は、お早めにご登録ください!
https://myclub.kamakuraim.jp/Portal/Account/Login



 ◎ 鎌倉投信の本
====================================
■『21世紀をつくる 「人を幸せにする会社」』
著者:坂本光司、価値研
出版:株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン
価格:1,500円+税


■『外資金融では出会えなかった
    「日本でいちばん投資したい会社」』
著者:鎌田恭幸
編集協力:新井和宏
発行者:アチーブメント出版株式会社 青木仁志
価格:1,400円+税



◇◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メディア情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◇

 ◎ 鎌倉投信に関して放送・掲載されたメディアを紹介します。
====================================
▼▼▼2018年6月掲載
読売新聞 6月1日「社会貢献型の投信広がる」に、鎌倉投信が紹介されました。


▼▼▼2018年3月掲載
「結い2101」が、QUICK資産運用研究所で「中長期投資にふさわしい投信」の一つに
選ばれ、日経電子版とQUICK Money Worldに掲載されました。
・QUICKが選ぶ「中長期投資にふさわしい投信」(第1回) 
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO28572440W8A320C1000000/
・第1回QUICKが選ぶ「中長期投資にふさわしい投信」~運用成績を定量評価~
https://www.quick.co.jp/3/article/12955


▼▼▼2018年3月掲載
朝日新聞 3月13日(夕刊)に、鎌倉投信が紹介されました。
https://www.asahi.com/articles/DA3S13400995.html



▼▼▼鎌倉投信が取り上げられた雑誌、新聞、TVなどのメディア情報はこちら
https://www.kamakuraim.jp/media/


◇◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「結いだより」のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◇

 ◎ 鎌倉投信株式会社 鎌倉倶楽部から「結いだより」をお届けしています。
====================================

投資信託「結い 2101」のお客様(受益者)宛に月次運用報告書を、「結いだより」
として月1回お届けしています。

▼▼▼「結いだより」はこちら
https://www.kamakuraim.jp/yuidayori/



┌──────────────┐
メールマガジンについて
└──────────────┘

メールマガジンの配信解除を希望される方は、以下よりお知らせください。

▼▼▼配信解除はこちらから
http://www.mag2.com/m/0001113100.html
⇒2行目(メールアドレスを入力)のフォームに配信先のメールアドレスを入力し、
「解除」ボタンを押すと配信が解除されます。

▼▼▼メールマガジンのバックナンバーはこちら
http://archive.mag2.com/0001113100/index.html

ご質問やご意見は、ホームページのお問い合わせページよりどうぞ。
▼▼▼お問い合わせはこちらまで
https://www.kamakuraim.jp/inquiry/


※メールマガジンをお読みになる際は、MSゴシック10フォントをご利用くだ
 さい。

※URLの表示が折り返されたりしてクリックをしてもリンクが効かない場合は、
 全文をブラウザのURL入力欄にコピーしてご利用ください。

┌──────────────┐
発行:鎌倉投信株式会社 鎌倉倶楽部 
└──────────────┘

▼▼▼ご意見やご質問はこちらまで
https://www.kamakuraim.jp/inquiry/

鎌倉投信株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2293号
https://www.kamakuraim.jp/

本メールは、鎌倉投信によって作成された、投資家向けの情報提供資料で、投資信託
販売用資料ではありません。

<資産運用に関する注意事項>
投資信託のお申し込みに際しては、以下の点をご理解いただき、投資の判断はお客様
ご自身の責任においてなさいますようお願いいたします。
●投資信託は預金または保険契約ではないため、預金保険および保険契約者保護機構
 の保護対象にはなりません。また、「結い 2101」は、投資者保護基金の対象でも
 ありません。
●投資信託は、金融機関の預貯金と異なり、元本および利息の保証はありません。
●本資料に記載の情報は、作成時点のものであり、市場の環境やその他の状況によっ
 て予告なく変更することがあります。また、いずれも将来の傾向、数値等を保証も
 しくは示唆するものではありません。
●本資料に記載の内容は、将来の運用結果等を保証もしくは示唆するものではありま
 せん。また、本資料は、鎌倉投信が信用に足ると判断した情報・データに基づき作
 成されていますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。
●本資料の使用権は、鎌倉投信に帰属します。
●「結い 2101」をご購入の際は、投資信託説明書(交付目論見書)、契約締結前交
 付書面および金融商品の販売等に関する法律に基づく重要事項の説明等の重要事
 項説明書をあらかじめまたは同時にお渡しいたしますので、必ずお受け取りの上、
 内容をよくお読みください。
●「結い 2101」の投資信託説明書(交付目論見書)については、鎌倉投信までお問
 い合わせください。

<苦情処理措置および紛争解決措置について>
鎌倉投信は加入協会から苦情の解決および紛争の解決のあっせん等の委託を受けた
特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター(連絡先:0120-64-5005)
を利用することにより金融商品取引業等業務関連の苦情および紛争の解決を図りま
す。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
鎌倉投信株式会社:金融商品取引業者 登録番号 関東財務局長(金商)第2293号 
加入協会 : 一般社団法人 投資信託協会
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(C)Kamakura Investment Management Co.,Ltd.

いい会社をふやしましょう!

発行周期: ほぼ 週刊 最新号:  2019/02/15 部数:  4,317部

ついでに読みたい

いい会社をふやしましょう!

発行周期:  ほぼ 週刊 最新号:  2019/02/15 部数:  4,317部

他のメルマガを読む