いい会社をふやしましょう!

~鎌倉投信メールマガジン~「あったらいいな」をカタチにする小林製薬(その2)

カテゴリー: 2018年12月07日
 
 
 
━━いい会社をふやしましょう!━━鎌倉投信・鎌倉倶楽部発行メールマガジン
「あったらいいな」をカタチにする小林製薬(その2)
━━━━2018年(平成30年) 12月7日金曜日━━━━━━━━━━━Vol.437━

鎌倉投信がお届けする「心を結ぶ」メールマガジン
今回も皆様を鎌倉投信や投資信託「結い 2101」と結んでいきます。

◆◆◆◆◆━PICK UP━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆◆◆ 全国各地で、説明会を開催しています。
◆◆◆  皆様の参加をお待ちしております!
◆◆   スケジュール・申込みはこちらhttps://www.kamakuraim.jp/events/
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

皆様、こんにちは。
師走に入り、オフィスである古民家はより冷え込むようになりました。街中では、
マスクをしている人が増えた気がします。風邪やインフルエンザが流行するこの季節、
うがい・手洗い、十分な休息をとり、元気な身体で今年を乗り切りたいものです。

〜目次〜
| 「あったらいいな」をカタチにする小林製薬(その2)
| イベント&セミナー情報
| トピックス
| メディア情報
| 「結いだより」のご案内


◇◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「あったらいいな」をカタチにする小林製薬(その2)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◇

皆様、こんにちは。鎌倉投信の鎌田恭幸です。

いつも鎌倉投信のメルマガを読んでいただきありがとうございます。

秋の運用報告会も一巡し、投資先企業を訪問する機会をふやしています。この数ヶ月
間で、延べ50数社を訪れました。足元の状況確認にとどまらず、鎌倉投信として投資
先の「いい会社」に貢献できることはないか、当初評価した点に変化や反省点はない
か、などを確認するためです。投資手法にもよりますが、会社の経営理念や事業への
取組み姿勢などを観たうえで投資する場合、アナリストとしての「企業調査に対する
誠実さ」は、何よりも大切です。私は運用会社として、そうした基本姿勢を絶対に
忘れてはならない、と肝に銘じています。

さて、先週に続き、小林製薬さん訪問の雑感を続けたいと思います。
世の中には、同じような事業をしていても存続し発展する会社とそうでない会社が
存在します。その違いは、いったいどこにあるのでしょうか。小林製薬さんの歴史
から学ぶとすれば、その一つは「決断」にあった、と考えます。同社のこのわずか
10年の中でみると、卸売事業と医療機器事業からの撤退(事業譲渡)という大きな
決断です。卸売事業といえば、小林製薬さんの祖業です。100年間、会社の屋台骨を
支えてきた思い入れの深い事業で、売上規模も大きく、多くの社員が従事していました。

一方で、医療機器事業は、成長への挑戦を象徴する部門でした。それだけに、いずれの
決断も断腸の思いだったことは想像に難くありません。しかし、製造一本に事業を絞る、
という不退転の決断が、ヒット商品を次々と生み出す開発力につながり、開発先行型の
医薬品等製造業としての成長を後押ししたことはいうまでもありません。

小林製薬100年史の中で、小林一雅会長は次のように記されています。
「この先の10年20年に向けて考えていかなくてはならないことは『絶えざる創造と
革新』です。現状を絶えず否定し、『今うまくいっているからよい』ではなく、
『今うまくいっているから変える』勇気を持つことです」
企業家の飽くなき挑戦への執念を感じさせるメッセージです。

そして、前述の事業譲渡が成功したのは、その事業に関わる多くの社員、取引先、
顧客等の関係者との日頃からの厚い信頼関係があったからこそでしょう。
当時、卸事業譲渡の責任者だった小林豊副会長は、日本全国を廻り、関係者に誠心
誠意説得を続けたと伺いました。革新成功の根底には、日頃から人を大切にする誠実
さがあったことを決して見逃してはならないと感じました。(つづく)


◇◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
イベント&セミナー情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◇

 ◎ 鎌倉投信と「結い 2101」のご案内(説明会)
====================================
鎌倉投信と「結い 2101」について分かりやすく説明します。

グローバル経済の拡大やそこで見られる潮流の変化、日本が抱える様々な課題、
その中でみなさんの資産形成や社会の持続的成長に必要な処方箋などもご提案します。

この会は、はじめて金融のことを学ぶ人から既に投資のご経験がある方まで
どなたでもご参加いただけます。
お気軽にご参加下さい。楽しみにお待ちしています!

▼▼▼詳細・お申込みはこちら
https://www.kamakuraim.jp/events/

▼▼▼鎌倉投信の投資信託「結い 2101」の詳しいご案内はこちら
https://www.kamakuraim.jp/yui2101/

この説明会は、勧誘を目的としたものではありませんが、「結い2101」の勧誘を
おこなう場合があります。「結い2101」の購入にあたっては、投資信託説明書
(交付目論見書)を確認いただき、「投資リスク」・「手数料」等、十分ご理解の上、
お申し込みください。


◎ 資産運用と投資信託の基礎知識  (初心者向け勉強会)
 ~社会も心も豊かになる投資をはじめよう!~
====================================
この勉強会では、鎌倉倶楽部(お客様窓口)のスタッフが講師となり、投資信託の
仕組みや制度、投資の基本的な考え方を分かりやすく説明します。
投資に踏み出せない方の不安や疑問を解消できるよう、お手伝いさせていただきます
ので、是非、参加ください!

▼▼▼詳細・お申込みはこちら
https://www.kamakuraim.jp/events/categories/beginner/
この勉強会は、勧誘を目的としたものではありませんが、「結い2101」の勧誘を
おこなう場合があります。「結い2101」の購入にあたっては、投資信託説明書
(交付目論見書)を確認いただき、「投資リスク」・「手数料」等、十分ご理解の上、
お申し込みください。


◇◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
トピックス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◇

 ◎ My 鎌倉倶楽部
====================================

My 鎌倉倶楽部は、鎌倉投信に総合取引口座をお持ちいただいている方が利用できる
オンラインサービスで、電子交付サービス、残高・取引履歴やトータルリターンの
照会、定期定額購入の金額変更、各種登録事項の変更などのご利用が可能です。
また、「結いだより」も電子版で、スマートフォンでも読みやすくできています。
さらに受益者限定の動画を視聴できます。
「知りたかった情報が分かる!」「読みやすい!」などの声をいただいています。
まだ登録がお済みでない方は、お早めにご登録ください!
https://myclub.kamakuraim.jp/Portal/Account/Login



 ◎ 鎌倉投信の本
====================================
■『21世紀をつくる 「人を幸せにする会社」』
著者:坂本光司、価値研
出版:株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン
価格:1,500円+税


■『外資金融では出会えなかった
    「日本でいちばん投資したい会社」』
著者:鎌田恭幸
編集協力:新井和宏
発行者:アチーブメント出版株式会社 青木仁志
価格:1,400円+税



◇◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メディア情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◇

 ◎ 鎌倉投信に関して放送・掲載されたメディアを紹介します。
====================================
▼▼▼2018年6月掲載
読売新聞 6月1日「社会貢献型の投信広がる」に、鎌倉投信が紹介されました。


▼▼▼2018年3月掲載
「結い2101」が、QUICK資産運用研究所で「中長期投資にふさわしい投信」の一つに
選ばれ、日経電子版とQUICK Money Worldに掲載されました。
・QUICKが選ぶ「中長期投資にふさわしい投信」(第1回) 
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO28572440W8A320C1000000/
・第1回QUICKが選ぶ「中長期投資にふさわしい投信」~運用成績を定量評価~
https://www.quick.co.jp/3/article/12955


▼▼▼2018年3月掲載
朝日新聞 3月13日(夕刊)に、鎌倉投信が紹介されました。
https://www.asahi.com/articles/DA3S13400995.html



▼▼▼鎌倉投信が取り上げられた雑誌、新聞、TVなどのメディア情報はこちら
https://www.kamakuraim.jp/media/


◇◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「結いだより」のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━◇◆◇

 ◎ 鎌倉投信株式会社 鎌倉倶楽部から「結いだより」をお届けしています。
====================================

投資信託「結い 2101」のお客様(受益者)宛に月次運用報告書を、「結いだより」
として月1回お届けしています。

▼▼▼「結いだより」はこちら
https://www.kamakuraim.jp/yuidayori/



┌──────────────┐
メールマガジンについて
└──────────────┘

メールマガジンの配信解除を希望される方は、以下よりお知らせください。

▼▼▼配信解除はこちらから
http://www.mag2.com/m/0001113100.html
⇒2行目(メールアドレスを入力)のフォームに配信先のメールアドレスを入力し、
「解除」ボタンを押すと配信が解除されます。

▼▼▼メールマガジンのバックナンバーはこちら
http://archive.mag2.com/0001113100/index.html

ご質問やご意見は、ホームページのお問い合わせページよりどうぞ。
▼▼▼お問い合わせはこちらまで
https://www.kamakuraim.jp/inquiry/


※メールマガジンをお読みになる際は、MSゴシック10フォントをご利用くだ
 さい。

※URLの表示が折り返されたりしてクリックをしてもリンクが効かない場合は、
 全文をブラウザのURL入力欄にコピーしてご利用ください。

┌──────────────┐
発行:鎌倉投信株式会社 鎌倉倶楽部 
└──────────────┘

▼▼▼ご意見やご質問はこちらまで
https://www.kamakuraim.jp/inquiry/

鎌倉投信株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2293号
https://www.kamakuraim.jp/

本メールは、鎌倉投信によって作成された、投資家向けの情報提供資料で、投資信託
販売用資料ではありません。

<資産運用に関する注意事項>
投資信託のお申し込みに際しては、以下の点をご理解いただき、投資の判断はお客様
ご自身の責任においてなさいますようお願いいたします。
●投資信託は預金または保険契約ではないため、預金保険および保険契約者保護機構
 の保護対象にはなりません。また、「結い 2101」は、投資者保護基金の対象でも
 ありません。
●投資信託は、金融機関の預貯金と異なり、元本および利息の保証はありません。
●本資料に記載の情報は、作成時点のものであり、市場の環境やその他の状況によっ
 て予告なく変更することがあります。また、いずれも将来の傾向、数値等を保証も
 しくは示唆するものではありません。
●本資料に記載の内容は、将来の運用結果等を保証もしくは示唆するものではありま
 せん。また、本資料は、鎌倉投信が信用に足ると判断した情報・データに基づき作
 成されていますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。
●本資料の使用権は、鎌倉投信に帰属します。
●「結い 2101」をご購入の際は、投資信託説明書(交付目論見書)、契約締結前交
 付書面および金融商品の販売等に関する法律に基づく重要事項の説明等の重要事
 項説明書をあらかじめまたは同時にお渡しいたしますので、必ずお受け取りの上、
 内容をよくお読みください。
●「結い 2101」の投資信託説明書(交付目論見書)については、鎌倉投信までお問
 い合わせください。

<苦情処理措置および紛争解決措置について>
鎌倉投信は加入協会から苦情の解決および紛争の解決のあっせん等の委託を受けた
特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター(連絡先:0120-64-5005)
を利用することにより金融商品取引業等業務関連の苦情および紛争の解決を図りま
す。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
鎌倉投信株式会社:金融商品取引業者 登録番号 関東財務局長(金商)第2293号 
加入協会 : 一般社団法人 投資信託協会
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(C)Kamakura Investment Management Co.,Ltd.

いい会社をふやしましょう!

発行周期: ほぼ 週刊 最新号:  2019/02/15 部数:  4,324部

ついでに読みたい

いい会社をふやしましょう!

発行周期:  ほぼ 週刊 最新号:  2019/02/15 部数:  4,324部

他のメルマガを読む