Yunmu-雲母~九星気学/暦と行事/今週の運勢・今日の運勢

■九星気学占い■□■□■今日の運勢12月17日■

カテゴリー: 2018年12月16日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:--☆--:*:
 
≪ 今日の暦 ≫
 
 
12月17日(月)
 
癸未 みずのと・ひつじ
 
二黒土気 じこく・どき
 
先負 せんまけ
 
 
伊勢神宮月次祭
 
東京浅草観音歳の市
 
奈良春日大社若宮おん祭
 
 
:*:--☆--:*:--☆--:*:
 
≪今日の凶殺方位≫
 
 
日破殺 艮【北東】五黄
 
暗剣殺 坤【南西】八白
 
五黄殺 艮【北東】五黄
 
定位対冲 坤【南西】八白
 
 
※凶殺方位は、どなたさまにとっても悪い方位となりますのでお出掛けの際には十分ご注意下さい。また、この方位に向かっての約束事などは良い結果に至りませんので避けて無難です。
 
:*:--☆--:*:--☆--:*:
 
≪あなたの今日の運勢は?≫
 
 ◎◎◎諸事万端絶好調
 ◎◎攻めも守りも好調
 ◎ 攻めて順調
 ○ 守って無難
 △ 謙虚な姿勢で穏やかに
 ▲ おとなしく明日に期待
 ▲▲休養第一早めの就寝を
 ▲▲▲諦めも肝心
 
  
「一白水星」▲▲
自慢げに披露しては嘘吐き呼ばわりされる結果に…。急な予定変更に踊らされないよう用心を。
 
「二黒土星」○
勘違いのまま突っ走れば相手の踏み台にされ…。勉強会への誘いあれば参加して知性を磨こう!
 
「三碧木星」○
実力以上に望めばリスクを背負う結果に…。流れに任せ周囲のサポートに感謝の心を伝えよう!
 
「四緑木星」△
馬鹿にした態度で委縮させては敵に回し…。周囲の鈍さにイライラせず穏便にやり過ごそう。
 
「五黄土星」◎
親しい人を誘って楽しく語り合い親睦を深めよう◎!舞い込む新製品の話に騙されないように。
 
「六白金星」▲
改善を図ろうと動けば拗れてご破算に…。勘違い手違いに惑わされ信用を奪われないよう用心を。
 
「七赤金星」▲▲
見栄を張り派手に動けば恥を晒して落ち込む結果に…。騙されて身包み剥がされないよう用心を。
 
「八白土星」○
親切のつもりも思い伝わらず裏切られた気分に…。流れに任せ目上の指示に素直に従って無難!
 
「九紫火星」◎
過去の経験を活かして積極的に動いて成果あり◎!嫌味は上手く聞き流して浪費しないように。
 
 
☆いかがでしたか?
 今日のヒントを参考に運気を上げられるよう頑張ってください。
 
:*:--☆--:*:--☆--:*:
 
≪今日の読み物≫
 
 「伊勢神宮月次祭」
 
広い神域の中に千古の杉に囲まれた「伊勢神宮」は、神社本庁の本宗で、正式名称は「神宮」(じんぐう)ですが、他の神宮と区別するために「伊勢神宮」と呼ばれます。
 
 
神道の神社では別格とされており、格付けはされません。明治政府により国家神道の頂点の神社として位置付けられました。
 
 
「皇大神宮」(こうたいじんぐう)と呼ばれる「内宮」(ないぐう)と、「豊受大神宮」(とようけだいじんぐう)と呼ばれる「外宮」(げぐう)からなり、別宮・摂社・末社・所管社をあわせた125社を「神宮125社」と呼びます。
 
 
御祭神は「内宮・皇大神宮=天照大御神」(あまてらすおおみかみ)を祀ります。皇室の御祖先の神で日本人の総氏神とも言われています。 御神体「八咫鏡」(やたのかがみ=三種の神器の一つ である鏡)。相殿神に天手力男神、万幡豊秋津姫命。
 
 
「外宮・豊受大神宮=豊受大神」(とようけおおみかみ)。衣食住をはじめすべての産業の守りです。神相殿神に御伴神3座です。
 
 
「月次祭」(つきなみさい)は、神宮で行なわれる三節祭の一つ。神嘗祭(かんなめさい)と並ぶ重要なお祭が執り行われます。
 
 
伊勢神宮◇三重県伊勢市◇内宮=近鉄「宇治山田駅」バス15分◇外宮=JR・近鉄「伊勢市駅」徒歩5分
 
 
:*:--☆--:*:--☆--:*:
 
 「東京浅草観音年の市」
 
「浅草観音」(あさくさかんのん)の正式名称は「浅草寺」(せんそうじ)です。本尊は聖観音(しょうかんのん)。坂東三十三箇所観音霊場の札所13番。江戸三十三箇所観音霊場の札所1番。
 
 
もともと天台宗に属していましたが、第二次世界大戦後に独立し、聖観音宗の総本山となりました。観音菩薩を本尊とすることから「浅草観音」「浅草の観音様」と呼ばれ、広く親しまれています。
 
 
東京都内最古の寺院「浅草寺」(せんそうじ)の歴史は古く、明暦3年(1657)に観音堂の北に新吉原遊郭が出来たことで人々が集まるようになりました。浅草寺の催事には大勢の人達が押し寄ましたが、中でも「年の市」賑やかな行事の一つでした。
 
 
「年の市」(としのいち)とは、12月中頃から年末にかけて、正月の贈り物や縁起物、正月飾りや正月用品、日用品などを売る市のこと。
 
 
古く、人々がお正月を迎えるために、それぞれ余った作物や不要なった物を、物々交換していたのが始まりです。「歳末大売出し」などのセールや、植木市、ぼろ市、つめ市というのもこの名残。東京では、浅草観音で行われる市がもっとも古い年の市です。
 
 
年の市で売られるものは、しめ飾り・神棚・桶・餅・鯛・海老・昆布、羽子板・凧など。まな板や柄杓などの台所用品も並びます。新年を迎えるにあたり、新しいものを使い始めようという、日本人のケジメの心を物語ります。
 
 
浅草寺◇東京都台東区浅草2-3-1◇営団地下鉄銀座線・都営地下鉄浅草線・東武伊勢崎線「浅草駅」徒歩5分
 
 
:*:--☆--:*:--☆--:*:
 
 「奈良春日大社若宮おん祭」
 
春日大社の摂社「若宮」の御祭神は、本宮第三殿の天児屋根命と第四殿の比売神の御子神「天押雲根命」(あめのおしくもねのみこと)で、平安時代に御出現され「水徳の神」と仰がれました。
 
 
長承年間に大雨洪水により飢饉が相次ぎ、疫病が蔓延し、時の関白・藤原忠通公が万民救済の為に若宮の御霊威にすがり、保延元年旧暦二月二十七日、大宮(本社)と同じ規模の壮麗な神殿を造営しました。
 
 
翌年旧暦九月十七日、若宮の御神助を願って春日野に御神霊をお迎えし、祭礼を奉仕したのが「おん祭」の始まりです。長雨洪水も治まり晴天が続いたので、以後870年余に亘り、五穀豊穣・万民安楽を祈り、盛大に執り行われています。
 
 
おん祭は、奈良の年中行事で最も大規模なものとして有名。見所は神霊の渡御式です。装束姿の春日の使いを先頭に、巫女・細男(せいのお)・田楽法師・競馬騎士・大名行列などが市中を練り歩きます。御旅所にはかがり火が焚かれ、深夜まで古典芸能が奉納されます。おん祭は、国の重要無形民族文化財に指定されています。
 
 
春日大社◇奈良市春日野町160◇JR・近鉄「奈良駅」から「春日大社本殿行」バス約11分
 
 
:*:--☆--:*:--☆--:*: END :*:--☆--:*:--☆--:*:
 
 

Yunmu-雲母~九星気学/暦と行事/今週の運勢・今日の運勢

発行周期: ほぼ 日刊 最新号:  2018/12/16 部数:  349部

ついでに読みたい

Yunmu-雲母~九星気学/暦と行事/今週の運勢・今日の運勢

発行周期:  ほぼ 日刊 最新号:  2018/12/16 部数:  349部

他のメルマガを読む