子育て相談室便り(非行 不登校 引きこもり)

自己規定:自分を知ること、自分を書き換える、健康な自己愛、幸せになる

カテゴリー: 2019年01月01日
★・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・★

ラカン精神科学研究所のメルマガ

子育て相談室便り 発行番号:106 発行日:平成31年01月01日

★・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・★

●ご挨拶

ラカン精神科学研究所、登張豊美(とばりとよみ)です。

今月のテーマは

「自己規定:自分を知ること、自分を書き換える、健康な自己愛、幸せになる」

です。

登張豊美(精神分析家)@lacan_msl

公式ツイッター https://twitter.com/lacan_msl

公式フェイスフック http://www.facebook.com/kazumi.yasutomo

★・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・★

●ラカン精神科学研究所 http://lacan-msl.com/

当研究所では、精神分析(対話療法)で心の病を治療しております。

一般的にはセラピーと言います。薬や催眠を使用しません。

自分自身の問題や悩み、夫婦、親子など、人間関係、仕事、社会

に関するあらゆることについて精神分析を通して改善していきます。

お母さん方には、心理学の精神発達論にもとづいて、

「子育て」する中での悩み、迷いの相談・アドバイスをしています。

その中の大きな柱として『オールOK子育て法』を提唱しています。

子どもの不登校、ひきこもり、非行はじめとする様々な問題解決に取り組んでいます。

サイト:オールOK子育て法 http://mama.lacan-msl.com/

★・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・★


●エッセイ テーマ:

「自己規定:自分を知ること、自分を書き換える、健康な自己愛、幸せになる」


                   セラピスト  登張豊実

 
私事ですが、去年2018年1月に滋賀県から埼玉県に引っ越し
 
約一年間、我が師のもとで個人分析と精神分析理論を学んできました。
 
まだまだ知らないことが多く、残りの人生を全てかけても
 
どこまで理解できるだろう、
 
これは大変なことだと思いましたが、
 
幸いにして無理だ諦めよう、とはなりませんでした。
 
我が師は、「一生かけても飽きないものを求めていたため
 
精神分析理論、更にラカン理論に出会ったことは喜びだった」と言います。
 
私は難解なラカン理論を我が師のように喜びとは受け取れなかったけれど、
 
知りたいと思いました。
 
そして、ラカン理論は欲望論であり、幸福に至る理論であると考えました。
 
 
私は精神分析によって、“無知な自分”を知りました。
 
自分のことについてさえ、何一つ正しくわかっていなかった。
 
 
精神分析の中に『自己規定』ということがあります。
 
自己規定とは、文字通り自分で自分を規定することです。
 
それには自分を一人の他者として対象化しなければ
 
「自分は〇〇である」と言語で規定し、語れません。

 
いろいろな自分がいます。
 
優しく穏やかな自分もいれば、攻撃的な自分も、
 
真面目な自分と不真面目な自分もいます。
 
精神分析でよくあるのは、“優しい母に愛された私”と思ってきたけれど、
 
“見捨てられた私”だったというもの。
 
相反したり矛盾したり、マイナスの自分、
 
それら全て自分だと認めるのは難しいことです。
 
特にマイナスの自分は認めたくないので、排除してしまいます。
 
自分ではないと切り離して外に放り出した自分は他者に投影され
 
その人が気に食わないとか、腹が立つと言って嫌います。
 
嫌った相手とは、自分の嫌いな部分、受け入れられないものを担った
 
自分自身です。
 
嫌いな人が多いとうことは、嫌いな自分がそれだけいるということです。
 
 
良い自分も悪い自分もどんな自分も、自分として輪っかをかけます。
 
輪っかで一つにくくらなければ、桶や樽の箍(タガ)が外れるように、
 
まとまりを失いバラバラになってしまいます。
 
自己規定とは自分の様々な自我を一つにまとめる作業です。
 
正しく自己規定することによって、相反したり矛盾したり葛藤する自分も
 
一つにまとめられます。
 
自己規定の言葉を見つけることが大事です。

 
自己規定できれば、これから進む方向性が決まります。
 
「私は無知である」と規定すれば、「無知」を否定して
 
物事の真理を知る方向に向かいます。
 
そのための勉強をします。
 
それが私の場合、理論を学ぶため埼玉県への引っ越しでした。
 
 
ここで問題は、自己規定は自分一人では難しいことです。
 
完全に第三者の位置から、純粋に客観的に自己を表記するのは不可能です。
 
なぜなら、自分がかわいくまた傷つきたくないので、

自分をひいき目に見て、甘い点をつけてしまいます。
 
自分を守りたいので見たいように見てしまいます。
 
そこで要請されるの精神分析です。
 
人は本当に自分を知りたくなった時、精神分析の戸を叩きます。
 
ただ本人にとって最初は、子どもの問題であったり、
 
夫婦・家族、仕事の悩みであったりします。
 
しかし分析していくと結局は自分の問題であると気づきます。
 
子どもを変えよう、相手・他者を変えようとしても、
 
全ては自分次第だとわかります。
 
自分が変われば世界が変わる。
 
自分が幸せの方向に変われば、周りを巻き込んで
 
子どもが、家族が幸せになっていきます。
 
 
納得のいかない、またはマイナスの自分を知り、規定したら、
 
それを否定し新たな自我(言語)を書き込み、書き換えることができます。
 
そのためにはまず自分を規定しなければいけません。
 
「我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか」

(フランスの画家、ポール・ゴーギャンが絵画に書いた文章)
 
自己規定はGPSの自分がいる場所と同じく、自分の位置を明確にします。
 
この自己規定が自己愛へと展開・発展していきます。


------------------------------------------------------------

『オールOK子育て法』とは、子どもの要求を全てOKし、

待った無しに子どもから言われた通りにすぐ動く対応法、世話行動をいいます。

子どもの健全な自我の育成、主体性の獲得を目的とします。

サイト:オールOK子育て法 http://mama.lacan-msl.com/

★・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・★

みなさん、こんにちは。月刊 精神分析編集部Aです。

今月の月刊 精神分析は「胃は口ほどにモノを言う」です。

今年も春、新緑の季節がやってきました。

春の定期検診は受けられましたか?

詳細は下記URLへ。

http://agency-inc.com/stomach-cancer/

★・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・★

●活動報告:平成30年12月分(大きな行事)

12月01日 メルマガ発行105号発行

各講座の紹介URLは以下の通りです。
子育て相談室   :http://http://lacan-msl.com/#1677
分析理論講座   :http://lacan-msl.com/#1678
インテグレーター 養成講座:http://lacan-msl.com/#1679
スカイプでセラピー :http://lacan-msl.com/skypetherapy/

★・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・★

●活動予定:平成31年01月分(現在、わかっているもの)

01月01日 メルマガ発行106号発行

※予定は変更になる場合がありますので、最新情報の確認をお願いします。
最新の予定はこちら:http://lacan-msl.com/#1671

*.*:*.*:*.*:*.*:*.*:*.*.*:*.*:*.*:*.*.*:*.*:*.*:*.*.*:*.*:*.*:*.*.*:*.
*
*  ラカン精神科学研究所について
*
*  精神分析セラピー(直接面談、電話、Skype)を実施しております。
*
*  携帯 :090(7357)4540
*
*  メアド:lacan.msl☆gmail.com
*
*  ☆を@に変換したメールアドレスにメール送信願います(スパム対策)
*
*  ラカン精神科学研究所 鴻巣セラピールーム
*  〒365-0046 埼玉県鴻巣市富士見町7-10-102
*
*
*  メルマガの登録・解除はこちらから
*  http://www.mag2.com/m/0001106260.html
*
*.*:*.*:*.*:*.*:*.*:*.*.*:*.*:*.*:*.*.*:*.*:*.*:*.*.*:*.*:*.*:*.*.*:*.

ついでに読みたい

子育て相談室便り(非行 不登校 引きこもり)

発行周期:  ほぼ 月刊 最新号:  2019/03/01 部数:  372部

他のメルマガを読む