子育て相談室便り(非行 不登校 引きこもり)

今月のテーマは「子どもを見守り支える」

カテゴリー: 2018年09月01日
★・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・★

ラカン精神科学研究所のメルマガ

子育て相談室便り 発行番号:102 発行日:平成30年09月01日

★・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・★

●ご挨拶

ラカン精神科学研究所、登張豊美(とばりとよみ)です。

今月のテーマは「子どもを見守り支える」です。

登張豊美(精神分析家)@lacan_msl

公式ツイッター https://twitter.com/lacan_msl

公式フェイスフック http://www.facebook.com/kazumi.yasutomo

★・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・★

●ラカン精神科学研究所 http://lacan-msl.com/

当研究所では、精神分析(対話療法)で心の病を治療しております。

一般的にはセラピーと言います。薬や催眠を使用しません。

自分自身の問題や悩み、夫婦、親子など、人間関係、仕事、社会

に関するあらゆることについて精神分析を通して改善していきます。

お母さん方には、心理学の精神発達論にもとづいて、

「子育て」する中での悩み、迷いの相談・アドバイスをしています。

その中の大きな柱として『オールOK子育て法』を提唱しています。

子どもの不登校、ひきこもり、非行はじめとする様々な問題解決に取り組んでいます。

サイト:オールOK子育て法 http://mama.lacan-msl.com/

★・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・★


●エッセイ テーマ:「子どもを見守り支える」


                       セラピスト 登張豊実

子どもさんの年齢は様々ですが、不登園、不登校、引きこもりなど、
 
子育てに関する相談を受ける中で、共通することがいくつかあります。
 
子育てする中で、どうしても親自身の養育史上のコンプレックスが出ます。
 
無意識は再生され、親自身も嫌だった対応を子どもにしてしまいます。
 
 
親子は別々に分析を受けますが、
 
全く同じセリフを言うことで証明され,驚かされます。
 
精神発達論でいう正常な母親、父親による養育、対応を知らないため
 
結局、親のコピーとしての子どもをつくることになります。
 
それに“否”を唱えたのが、子どもの問題行動です。
 
 
親は子どもの思いや考え、感じ方まで否定し、
 
自分の考え感じ方に合わさせようとします。
 
子どもは自分とは違い、別個の存在であるという認識が
 
親に欠けているとしか言いようがありません。
 
“子どもを含め他者、対人と私ではない人”です。
 
他者(子どもも)は私と違う人なので、考え、価値観、意見の一致はない、
 
この認識をしっかりと持っただけでも、子どもへの対応は変わります。
 
親の考えや価値観を押し付けないで、子どもの意向をきくようになります。
 
 
それら子どもへの対応が『オールOK 、子育て法』です。
 
(『オールOK !子育て法』のサイト http://mama.lacan-msl.com/ を
参照ください)
 
お母さん方は「ああしなさい」「こうしなさい」「それしちゃだめ」と
 
命令指示や文句が多すぎます。
 
そのため、まず口をチャック、口を閉じてもらいます。
 
そして子どもが何を言っているかよく聴いて、それに応えます。
 
これまで口を出し、手を出してきたお母さんが

これをするだけでも大変です。
 
一方的にお母さんがしゃべり、子どもの言うことはほぼきかず、
 
また文句を言ったり、ダメ出しをして否定したりすると、
 
子どもはお母さんに言っても無駄だと思います。
 
話が通じない、自分の思いを汲み取ってもらえないと思い、
 
これが高じると、便秘症という身体の症状に置き換えらることもあります。
 
便秘のことを「お通じがない」と表現します。
 
水洗トイレの前は、バキュームカーで屎尿を汲み取りました。
 
 
こうして『オールOK 』の話をすると、「必ず」と言っていいほど、
 
お母さん方は「じゃあ、放っておけばいいんですね」と言われます。
 
お母さん方にとって、口を出さない=放っておくことです。
 
私は「いいえ、放っておくのではなく、見守るのです」と言います。
 
見守られた体験がないと、「見守る」という言葉が出て来ません。
 
口うるさく命令指示されたか、放っておかれたかの
 
どちらかしか知らないことがよくわかります。
 
見守るとは、監視の目ではなく
 
あたたかいまなざしを向けるということです。
 
支配でも放任でもなく、子どもに寄り添うことです。
 
そうすると、何かあったときに支えられます、助けられます。
 
見守られていると、何か困った時、不測の事態が起きた時には
 
サポーとしてもらえるので、子どもの心は安定します。
 
そうすれば、他者はじめ、外界に対して興味・関心をもって
 
関わって行くでしょう。
 
反対にそれがなければ、怖くて不安で閉じこもる、ひきこもるのも

理解出来ます。
 
 
私にも見守られ、まなざしを向けられた体験がありません。
 
当然、子どもたちを見守ることが出来ませんでした。
 
それが私にないことを精神分析によって意識化し自覚し
 
本来どうあるべきかを知り、
 
“見守る”という意味を理解していきました。
 
そうすれば人は変わります。
 
私は冷酷無比も思いやりに書き換えました。
 
マイナスの言語を否定して、
 
対となる反対語のプラスの言語に書き換えます。
 
自分が変容し成長するには、分析は勿論のこと、
 
精神分析理論、フロイトやラカン理論が助けとなります。
 
いつも彼らに見守られて励まされていると感じます。


------------------------------------------------------------

『オールOK子育て法』とは、子どもの要求を全てOKし、

待った無しに子どもから言われた通りにすぐ動く対応法、世話行動をいいます。

子どもの健全な自我の育成、主体性の獲得を目的とします。

サイト:オールOK子育て法 http://mama.lacan-msl.com/

★・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・★

みなさん、こんにちは。月刊 精神分析編集部Aです。

今月の月刊 精神分析は「胃は口ほどにモノを言う」です。

今年も春、新緑の季節がやってきました。

春の定期検診は受けられましたか?

詳細は下記URLへ。

http://agency-inc.com/stomach-cancer/

★・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・★

●活動報告:平成30年08月分(大きな行事)

08月01日 メルマガ発行101号発行

各講座の紹介URLは以下の通りです。
子育て相談室   :http://http://lacan-msl.com/#1677
分析理論講座   :http://lacan-msl.com/#1678
インテグレーター 養成講座:http://lacan-msl.com/#1679
スカイプでセラピー :http://lacan-msl.com/skypetherapy/

★・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・★

●活動予定:平成30年09月分(現在、わかっているもの)

09月01日 メルマガ発行102号発行

※予定は変更になる場合がありますので、最新情報の確認をお願いします。
最新の予定はこちら:http://lacan-msl.com/#1671

*.*:*.*:*.*:*.*:*.*:*.*.*:*.*:*.*:*.*.*:*.*:*.*:*.*.*:*.*:*.*:*.*.*:*.
*
*  ラカン精神科学研究所について
*
*  精神分析セラピー(直接面談、電話、Skype)を実施しております。
*
*  携帯 :090(7357)4540
*
*  メアド:lacan.msl☆gmail.com
*
*  ☆を@に変換したメールアドレスにメール送信願います(スパム対策)
*
*  ラカン精神科学研究所 鴻巣セラピールーム
*  〒365-0046 埼玉県鴻巣市富士見町7-10-102
*
*
*  メルマガの登録・解除はこちらから
*  http://www.mag2.com/m/0001106260.html
*
*.*:*.*:*.*:*.*:*.*:*.*.*:*.*:*.*:*.*.*:*.*:*.*:*.*.*:*.*:*.*:*.*.*:*.

子育て相談室便り(非行 不登校 引きこもり)

発行周期: ほぼ 月刊 最新号:  2019/03/01 部数:  372部

ついでに読みたい

子育て相談室便り(非行 不登校 引きこもり)

発行周期:  ほぼ 月刊 最新号:  2019/03/01 部数:  372部

他のメルマガを読む