子育て相談室便り(非行 不登校 引きこもり)

今月のテーマは「家庭のテーマは『言論と行動の自由』」

カテゴリー: 2018年07月01日
★・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・★

ラカン精神科学研究所のメルマガ

子育て相談室便り 発行番号:100 発行日:平成30年07月01日

★・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・★

●ご挨拶

ラカン精神科学研究所、登張豊美(とばりとよみ)です。

今月のテーマは「家庭のテーマは『言論と行動の自由』」です。

登張豊美(精神分析家)@lacan_msl

公式ツイッター https://twitter.com/lacan_msl

公式フェイスフック http://www.facebook.com/kazumi.yasutomo

★・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・★

●ラカン精神科学研究所 http://lacan-msl.com/

当研究所では、精神分析(対話療法)で心の病を治療しております。

一般的にはセラピーと言います。薬や催眠を使用しません。

自分自身の問題や悩み、夫婦、親子など、人間関係、仕事、社会

に関するあらゆることについて精神分析を通して改善していきます。

お母さん方には、心理学の精神発達論にもとづいて、

「子育て」する中での悩み、迷いの相談・アドバイスをしています。

その中の大きな柱として『オールOK子育て法』を提唱しています。

子どもの不登校、ひきこもり、非行はじめとする様々な問題解決に取り組んでいます。

サイト:オールOK子育て法 http://mama.lacan-msl.com/

★・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・★


●エッセイ テーマ:「家庭のテーマは『言論と行動の自由』」


                       セラピスト 登張豊実


『言論と行動の自由』が正常に行われている空間を家族・家庭といい、
 
この環境の中でしか自我は育まれない。
 
 
振り返った時、『言論と行動の自由』はあったでしょうか。
 
多くは、自分の欲しいもの、したいこと、言いたいことを言えば、
 
否定されるか拒否されます。
 
何かを「欲しい」と言えば「わがまま」と言われます。
 
親は不機嫌になったり、怒り出したりすることもあります。
 
そうすると、欲しいもの、欲求・欲望を出すことは
 
いけないことになっていきます。
 
更に「うちは貧乏だから」とか、「うちにはお金がない」と親は言います。
 
買ったとしても、文句を言われたり、
 
物を買っても喜ぶとか、楽しむ様子がなかったりすると
 
物を買うことは悪い事になります。
 
後に欲しいものを手に入れ、買おうとすると罪意識が発生してしまい、
 
お金がないわけではないのに、買えなかったり、
 
欲しいものではなく、安いものを買うことになったりします。
 
そうして大人になっても欲しいものに向かえなくなり、
 
欲しいもの、好きなものがわからなくなってしまいます。
 
 
クライアントは「何かしたいけど、何がしたいのか、

好きな事がわからない」と言います。
 
子どもの頃にはいろいろあった対象への関心・興味を
 
承認されず、『オールOK 』されなかったために、出せなくなり、
 
もう在るのか無いのかさえわからなくなってしまいます。
 
 
言論の自由とは、言いたいことが言える事です。
 
言いたいことが言えるためには、相手(親)がまず黙って聴いてくれ、
 
「そうだね」と同意・承認してくれることです。
 
「わがままだ」、「お前が間違っている」などと言われると。
 
それ以上自分を否定され自己愛を傷つけられたくないので、
 
言いたいことを言えなくなります。
 
 
「言える」ことは「癒える(心の悩みや悲しみが解消する)」こと。
 
「言えない」ことは「癒えない」ことであり、「家(が)無い」こと。
 
家とは寛ぎ(クツロギ)の空間・環境ですから、
 
「言え(家)ない」と寛げない、
 
つまり安心して落ち着け、

心を許してゆったりできるのが家であり家庭です。
 
そういう環境を子どもに提供するのも親の役目です。
 
この環境に無かった人は、早く大きくなって家を出て行こうと思います。
 
自分とは反対の理想的家庭を夢見て早々に結婚する人もいますが、
 
結局は安らぎも寛ぎもない自分の育った家庭と同じ家庭しか作れない
 
ということになります。
 
無意識は繰り返され反復されます。
 
 
母親は子どもに『オールOK 』し育て、

そこに秩序を教える父が登場します。
 
人は社会の中で生き、社会は秩序によって成立します。
 
このため、秩序を学ぶ必要があります。
 
言論と行動の自由だけでは無秩序になり、
 
家庭といえども無法地帯になってしまうので、
 
父が秩序を教え、統制・統合をします。
 
それを子どもは小社会(社会の最小単位)である家庭で学び、
 
そして社会へ出ていきます。
 
 
この家庭の機能を今一度見直し、立て直す必要があり、
 
そこに寄与するのが精神分析であると私は考えます。


------------------------------------------------------------

『オールOK子育て法』とは、子どもの要求を全てOKし、

待った無しに子どもから言われた通りにすぐ動く対応法、世話行動をいいます。

子どもの健全な自我の育成、主体性の獲得を目的とします。

サイト:オールOK子育て法 http://mama.lacan-msl.com/

★・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・★

みなさん、こんにちは。月刊 精神分析編集部Aです。

今月の月刊 精神分析は「胃は口ほどにモノを言う」です。

今年も春、新緑の季節がやってきました。

春の定期検診は受けられましたか?

詳細は下記URLへ。

http://agency-inc.com/stomach-cancer/

★・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・★

●活動報告:平成30年06月分(大きな行事)

06月01日 メルマガ発行99号発行

各講座の紹介URLは以下の通りです。
子育て相談室   :http://http://lacan-msl.com/#1677
分析理論講座   :http://lacan-msl.com/#1678
インテグレーター 養成講座:http://lacan-msl.com/#1679
スカイプでセラピー :http://lacan-msl.com/skypetherapy/

★・‥…━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…‥・★

●活動予定:平成30年07月分(現在、わかっているもの)

07月01日 メルマガ発行100号発行

※予定は変更になる場合がありますので、最新情報の確認をお願いします。
最新の予定はこちら:http://lacan-msl.com/#1671

*.*:*.*:*.*:*.*:*.*:*.*.*:*.*:*.*:*.*.*:*.*:*.*:*.*.*:*.*:*.*:*.*.*:*.
*
*  ラカン精神科学研究所について
*
*  精神分析セラピー(直接面談、電話、Skype)を実施しております。
*
*  携帯 :090(7357)4540
*
*  メアド:lacan.msl☆gmail.com
*
*  ☆を@に変換したメールアドレスにメール送信願います(スパム対策)
*
*  ラカン精神科学研究所 鴻巣セラピールーム
*  〒365-0046 埼玉県鴻巣市富士見町7-10-102
*
*
*  メルマガの登録・解除はこちらから
*  http://www.mag2.com/m/0001106260.html
*
*.*:*.*:*.*:*.*:*.*:*.*.*:*.*:*.*:*.*.*:*.*:*.*:*.*.*:*.*:*.*:*.*.*:*.

子育て相談室便り(非行 不登校 引きこもり)

発行周期: ほぼ 月刊 最新号:  2019/02/01 部数:  372部

ついでに読みたい

子育て相談室便り(非行 不登校 引きこもり)

発行周期:  ほぼ 月刊 最新号:  2019/02/01 部数:  372部

他のメルマガを読む