学校で教えて欲しかった、こんな英文法!

245号_must の秘密

カテゴリー: 2018年12月17日
お知らせ:当メルマガ「学校で教えて欲しかった、こんな英文法」のネタ元にもなっているアイアクセス・バンクーバーのテキスト本


「ザ・英文法」ダウンロード版 オンライン発売中! 


100点以上のイラストを使って英語の仕組みをよりわかりやすく解説。 


百聞は一見にしかず、まずは無料サンプルをご覧ください。

こちら→ http://www.iaxsvancouver.com/ovlm.php#textbook



解説の後にクイズ「第245号」があります。


☆★☆ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


【第244号解説】


次の英文を受動態にしてください。


She made me some cookies. 




























答:受動態にはできない。


問題文は目的語を2つ取る第4文型の二重目的語構文です。


二重目的語構文は大きく分けると2つに分けられます。


一つは give に代表されるグループ


She gave me some cookies.


このグループは第3文型に置き換えると、次のように前置詞 to が現るグループです。


She gave some cookies to me.


もう一つは make に代表されるグループ


She made me some cookies.


このグループは第3文型に置き換えると、次のように前置詞 for が現れるグループです。


She made some cookies for me.



give に代表されるグループは次のように受動態を作ることができます。


She gave me some cookies.
↓
I was given some cookies.       (◯)


しかし、今回の問題文にもなった make のグループは受動態を作ることができません。


She made me some cookies.
↓
I was made some cookies.        (×)



どうして give のグループは受動態を作ることができ、make のグループは受動態を作ることができないのか?


その理由はどうやら動詞と人(目的語)との関係にあるようです。


give のグループ動詞は目的語の「人」との繋がりが強いので、「人」を受動態の主語とすることができる。


それに対し、make のグループ動詞は目的語の「人」との繋がりが弱いので、「人」を受動態の主語とすることができない。


動詞と「人」との繋がりが強い、弱い、とはどういうことか?


例えば、give のグループ動詞は仮に目的語の人(me)を省略しても、そこに人がいることがわかります。


She gave me some cookies.
↓
She gave some cookies.
(彼女はクッキーをあげた)


仮に me が省略されていても、聞き手には彼女が誰かにクッキーをあげたことが想像できますね。つまり、このグループの動詞は人との結びつきが強いので、省略されても「人」の存在がわかるのです。


これに対して、make のグループ動詞は目的語の人(me)を省略すると、ニュアンスが変わります。省略すると「人」の存在がなくなるのです。

She made me some cookies.
↓
She made some cookies.
(彼女はクッキーを焼いた)


make の文で me を省略すると、彼女が自分のためにクッキーを作ったという意味になります。このグループの動詞は人との結びつきが弱いので、省略されれば「人」の存在が消えるということです。


上記のように動詞と「人」の結びつきが強い第4文型は目的語の「人」を主語として受動態が作れますが、


I was given some cookies.       (◯)


動詞と「人」の結びつきが弱い第4文型は目的語の「人」を主語として受動態が作れないのです。


I was made some cookies.        (×)


ただし、She made some cookies for me. という第3文型なら some cookies を主語として受動態を作ることができます。


Some cookies were made for me.       (◯)


* イギリス英語では I was made some cookies. をOKとする場合もあるそうです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー☆★☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


【第245号】2018年12月17日 


間違った英文はどれ?


It must be sunny in Vancouver.
(バンクーバーは晴れているにちがいない)[現在]

2) It must be sunny in Vancouver tomorrow.
(明日バンクーバーは晴れるにちがいない)[未来]

3) It must have been sunny in Vancouver yesterday.
(昨日バンクーバーは晴れたにちがいない)[過去]


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

編集後記


「ザ・英文法」スカイプレッスン! 


「ザ・英文法」講座と同じレッスンが受講できるスカイプレッスンもあります。


無料トライアルレッスンもありますので、是非、小栗式VLMを体験してみて下さい。

お問い合わせは→ info.iaxsvancouver@gmail.com



「ザ・英文法」ダウンロード版 オンライン販売中!


メルマガやブログでは表示できないイラストを100点以上使って英語の仕組みをよりわかりやすく解説。 


百聞は一見にしかず、まずは無料サンプルをご覧ください。

こちら→ http://www.iaxsvancouver.com/ovlm.php#textbook



こんにちは、オグリです。


来週はいよいよクリスマスですね。


毎年クリスマスは友達、家族、親族が集い昼食会、夕食会などが連日続くので、飲み過ぎ食べ過ぎ注意のシーズンです。


みなさんも楽しいクリスマスをお過ごしください。


Wish you a wonderful Christmas!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メールマガジン「学校で教えて欲しかった、こんな英文法!」

☆発行者:小栗 聡
☆スクールサイト:http://www.iaxsvancouver.com/
☆Facebook:https://www.facebook.com/info.iaxs
☆英文法ブログ:http://plaza.rakuten.co.jp/samito07/
☆TOEICブログ:http://ameblo.jp/samito07/
☆登録・解除:http://www.mag2.com/m/0001102660.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【第245号】答:2)

詳しくは次号で!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

本メルマガの著作権は小栗聡に属します。無断転載はお断りします。
Copyrights (c) 2010-2018 by Satoshi Oguri All rights reserved.

学校で教えて欲しかった、こんな英文法!

発行周期: 隔週 最新号:  2018/12/17 部数:  1,472部

ついでに読みたい

学校で教えて欲しかった、こんな英文法!

発行周期:  隔週 最新号:  2018/12/17 部数:  1,472部

他のメルマガを読む