健康体験記

認知症になりやすい生活習慣や病気

カテゴリー: 2015年01月12日
みなさん、こんにちは!!

いつも「健康体験記」を読んで頂き、どうもありがとうございます。

認知症は女性のほうがかかりやすい病気であることを知っていましたか?
今では決して珍しくない認知症ですが、その中でアルツハイマー型に関しては女性のほうが1.5倍~2倍ほど多いのです。
20年以上も認知症の研究で知られる鳥取大学医学部教授の浦上克哉先生は、「適切な生活習慣で予防することができます」と話します。

---------------------------------------------------
認知症になりやすい人の生活習慣の特徴で主なもの。
---------------------------------------------------

■生活習慣病

特に高血圧、高コレステロール血症(高血糖)や糖尿病は危険因子です。

■肥満

ある調査ではアルツハイマー型の発症リスクが約1.5倍高いことが報告されています。

■運動不足

運動があまりしなくて変化に乏しい生活の人は認知症になりやすいと言われています。

■お酒の飲みすぎ

アルコールは量が多すぎると、脳の中の血液循環が悪くなってしまいます。

■喫煙

たばこが発症リスクを5倍高めるという説が有力になっています。



----------------------------------------------------------
認知症を予防するためには、まず毎日の生活習慣が大切です。
----------------------------------------------------------

★魚をよく食べる(DHA,EPA)
★赤ワインを飲む(ポリフェノール)
★野菜や果物をよく食べる(ビタミンC、ビタミンE、βカロチン)
★有酸素運動をする(週3日以上)
★昼寝(但し30以内におさめる)
★起床後に早めに太陽の光を浴びる(体内時計リセット)



【関連情報】

NHK 「チョイス@病気になったとき」では、認知症の予防に大切な生活習慣が放映されています。
http://www.nhk.or.jp/kenko/choice/



最後まで読んで頂いてありがとうございます。 



■発行者情報--------------------------------------------------■

発行者		:プラス思考
問い合わせ先	:purasushikou1568@mail.goo.ne.jp
連絡先		:http://jinkull.com/ 
発行元まぐまぐ!:http://www.mag2.com/
------------------------------------------------- 
※メルマガ登録情報の変更・配信停止はこちら。
http://www.mag2.com/m/0001076802.html

注意・免責事項	:
 このメールマガジンは個別の健康相談を行うものではありません。
 私の体験であり、体質に合わない人は十分注意して使用して下さい。
 疾患のある方は使用を控えていただければと思います。
 現在治療中の方は、かかりつけの医師と相談して使用して下さい。
 ご自身の責任範囲でご利用していただき、記載内容を利用し生じた
 結果については、当方では責任を負いかねますのでご了承下さい。

■------------------------------------------------------------■

健康体験記

発行周期: 不定期 最新号:  2018/07/31 部数:  25部

ついでに読みたい

健康体験記

発行周期:  不定期 最新号:  2018/07/31 部数:  25部

他のメルマガを読む