会社収益がみるみる向上する!1分でわかる物流コスト改善のツボ

第1416号 物流購買の勘所(6) RFIの実施

★★-------------------------------------

             会社収益がみるみる向上する! 
            1分でわかる物流コスト改善のツボ
                  第1416号

---------------------------------------

今回のメニュー -------------------------------

■お知らせ

■物流購買の勘所(6) RFIの実施

■編集後記

---------------------------------------

■お知らせ

★ 輸送改善の書籍を出版しました!

『みるみる効果が上がる!製造業の輸送改善 ~物流コストを30%削減~』

 製造業の物流コストのおよそ6割が輸送コストです。つまり物流コストを下げるため
 には輸送の効率を向上させることが最重要なのです。
 本書では単なる輸送価格を下げるだけではなく、根本的に輸送効率を向上させ、輸送
 コストを下げるための方策を数多く例示しました。
 輸送価格上昇の時代に突入しましたが、そのような環境下でも輸送コストを下げなが
 らジャストインタイム輸送を実現しましょう!

 http://pub.nikkan.co.jp/books/detail/00003268


【新着セミナー】

4月までのセミナー日程が決まりましたのでお知らせいたします。
ご都合のつく方はぜひご参加下さいね!

1.東京で物流標準時間のセミナーを実施します!

  「物流標準時間活用による物流管理
   ~物流作業を定量化し、会社の収益向上に結びつける~」

 2019年3月6日(水) 10:00~16:30
 東京国際フォーラム 会議室 (東京 有楽町)
 
 詳細は以下からお願いいたします。
 http://www.tmainc.co.jp/seminor/top/3464/

2.名古屋で工場内物流のセミナーを実施します!

  「工場内物流改善の基礎実務
   ~生産ラインの効率を引き出す物流改善!~」

 2019年3月12日(火) 10:00~16:30
 名古屋ダイヤビルディング 会議室

 詳細は以下からお願いいたします。
 http://www.tmainc.co.jp/seminor/top/3461/

3.大阪で構内物流改善のセミナーを実施します!

  「3ステップで理解する 構内物流改善の正しい進め方
   ~物流改革を阻害する「よくある思い込み・勘違い」を是正し、
    構内物流で生産統制を実施する手法~」

 2019年3月18日(月) 10:00~17:00
 日刊工業新聞社 大阪支社 セミナー会場

 詳細は以下からお願いいたします。
 https://corp.nikkan.co.jp/seminars/view/2376

4.名古屋で輸送改善のセミナーを実施します!

  「~運賃値上げに打ち克つ!~ 輸送改善の取り組み方」

 2019年4月12日(金) 10:00~16:30
 愛知県産業労働センター 「ウインクあいち」

 詳細は以下からお願いいたします。
 http://www.tmainc.co.jp/seminor/top/3469/

5.東京で輸送改善のセミナーを実施します!

  「物流コストの約60%を占める輸送費大幅削減の実践
    ドライバー不足時代は改善で乗り切れる!」

 2019年4月16日(火) 10:00~17:00
 千代田区平河町近隣 会議室

 詳細は以下からお願いいたします。
 http://www.j-ie.com/activity/ie-seminar/ie-specialty/post-34287/

★ E-Learningを始めました!

 『3つの役割を果たす!構内物流改善の進め方』

 株式会社グロースベースとKein物流改善研究所との協働制作講座が完成しま
 した!
 物流のE-learningは珍しいかもしれません。
 一部無料で見られますので皆さんもアクセスしてみて下さいね。

 https://www.kaizen-base.com/contents/logi-42826/

★ 物流人財育成のための無料動画セミナーを開始しました!

今回のテーマは「稼ぎの源泉は現場力!物流技能向上施策を導入せよ!」です。
サブタイトルを「~顧客のハートをつかめる人財を育てるために~ 」ということ
で、現場力を高めるとともに、顧客のハートをつかむことでビジネス拡大に貢献
できる人財を育成するポイントをまとめてあります。

物流人財を育てたいとは思っていても、何から手をつけたら良いのかわからない、
という方にはぜひご覧いただきたいと思います。

5回に分けて動画つきのメールをお送りいたしますので、好きな時間にご覧いただ
き勉強していただければ、と思います。

お申し込みは以下からお願いします。

PCの方
https://24auto.biz/keinlogi/touroku/entryform3.htm

携帯の方
https://24auto.biz/keinlogi/touroku/sp/entryform3.htm


■物流購買の勘所(6) RFIの実施

物流サプライヤーに業務を発注する際のステップについて確認していきましょう。

最初に実施すべきことはその会社の情報を集めることです。

有名な会社だから発注する、といった短絡的なソーシングはやっていないと思いま
すが、有名な会社、大きな会社だからしっかりとした仕事をやってもらえるとは限
りません。

一方で小さな会社、無名な会社でも優秀な会社であることも多々あります。

また、発注側との相性もあります。

そこでまずRFI(Request for Information)を実施していきましょう。

情報提供依頼が目的です。

そこで質問状には自社が知りたいことを列記して、物流サプライヤーに投げればよ
いと思います。

いつも申し上げているとおり、SQDCM、つまり安全、物流品質、納期管理、物流コ
スト、マネジメントの各項目を網羅できるように質問を作りましょう。

質問状への回答は原則として書面で受け付けます。

一方的な回答となるため、物流サプライヤー側としましては実力以上を記してくる
ことが考えられます。

そこでそれぞれの項目を裏付ける資料を提出してもらうことを考えてもよいでしょう。

最初が肝心です。

相手のことをよく知るためには、多少お互い手間をかけてでもやっておいた方がよ
いこともあります。

RFIは今後発注する可能性のある候補会社を選定するためのプロセスです。

「紙」でのやり取りとともに、実際にその会社を訪問することも必要です。

効果的な方法は、RFIの回答をもらった後に、それが実際にその通りかどうか、その
会社の物流現場で確認するやり方です。

それとともに、「物流現場診断シート」を使って評価を行いましょう。

5Sができていない、フォークリフトが傷だらけ、床にはフォークリフトのスリップ跡、
こういった会社は当然取引対象外となります。

次にRFP(Request for Proposal)のステップへと移行します。

このステップでは自社に対してどのように物流サービスを提供できるかを確認します。

これは重要です。

相手先の提案能力を把握できるからです。

多くの物流サプライヤーがユーザーに対して提案できずにいます。

そこで時間を取ってサプライヤーにプレゼンテーションする場を提供します。

そこでどれだけ魅力のある話をしてもらえるかがポイントになるわけです。

次回に続きます。

----------------------------------------

■編集後記

仕事を実施していく上で非常に重要なことがあります。

それは「インプット」でした。

雑誌、インターネット、テレビ、人との話・・・・。

いろいろな方法で情報を仕入れることができます。

しかしただ漫然とやっているだけでは効果はないかもしれません。

意識して情報を取ることが重要な気がします。

そして「これは」という情報に接したらすかさずメモを取ることです。

この繰り返しが仕事には役立つと思います。

もう一つ、「遊ぶ」ことも重要ですね。

その中から新たな情報を得ることは可能ですから。

----------------------------------------

■ご意見・ご感想をお待ちしております!

 sr-gs-fp-ks@khh.biglobe.ne.jp

----------------------------------------

■ 輸送改善の書籍を出版しました!

『みるみる効果が上がる!製造業の輸送改善 ~物流コストを30%削減~』

 製造業の物流コストのおよそ6割が輸送コストです。つまり物流コストを下げるため
 には輸送の効率を向上させることが最重要なのです。
 本書では単なる輸送価格を下げるだけではなく、根本的に輸送効率を向上させ、輸送
 コストを下げるための方策を数多く例示しました。
 輸送価格上昇の時代に突入しましたが、そのような環境下でも輸送コストを下げなが
 らジャストインタイム輸送を実現しましょう!

 http://pub.nikkan.co.jp/books/detail/00003268

■新着セミナー情報 

1.東京で物流標準時間のセミナーを実施します!

  「物流標準時間活用による物流管理
   ~物流作業を定量化し、会社の収益向上に結びつける~」

 2019年3月6日(水) 10:00~16:30
 東京国際フォーラム 会議室 (東京 有楽町)
 
 詳細は以下からお願いいたします。
 http://www.tmainc.co.jp/seminor/top/3464/

2.名古屋で工場内物流のセミナーを実施します!

  「工場内物流改善の基礎実務
   ~生産ラインの効率を引き出す物流改善!~」

 2019年3月12日(火) 10:00~16:30
 名古屋ダイヤビルディング 会議室

 詳細は以下からお願いいたします。
 http://www.tmainc.co.jp/seminor/top/3461/

3.大阪で構内物流改善のセミナーを実施します!

  「3ステップで理解する 構内物流改善の正しい進め方
   ~物流改革を阻害する「よくある思い込み・勘違い」を是正し、
    構内物流で生産統制を実施する手法~」

 2019年3月18日(月) 10:00~17:00
 日刊工業新聞社 大阪支社 セミナー会場

 詳細は以下からお願いいたします。
 https://corp.nikkan.co.jp/seminars/view/2376

4.名古屋で輸送改善のセミナーを実施します!

  「~運賃値上げに打ち克つ!~ 輸送改善の取り組み方」

 2019年4月12日(金) 10:00~16:30
 愛知県産業労働センター 「ウインクあいち」

 詳細は以下からお願いいたします。
 http://www.tmainc.co.jp/seminor/top/3469/

5.東京で輸送改善のセミナーを実施します!

  「物流コストの約60%を占める輸送費大幅削減の実践
    ドライバー不足時代は改善で乗り切れる!」

 2019年4月16日(火) 10:00~17:00
 千代田区平河町近隣 会議室

 詳細は以下からお願いいたします。
 http://www.j-ie.com/activity/ie-seminar/ie-specialty/post-34287/

■日刊工業新聞社 工場管理 2月号 好評連載中! 

 「工場物流進化論~物流変革時代を乗り切るヒント
  第10回  荷主の役割を認識する(上)」

 http://pub.nikkan.co.jp/magazine_series/detail/0007

■E-Learningを始めました!

  『3つの役割を果たす!構内物流改善の進め方』

 株式会社グロースベースとKein物流改善研究所との協働制作講座が完成しま
 した!
 物流のE-learningは珍しいかもしれません。
 一部無料で見られますので皆さんもアクセスしてみて下さいね。

 https://www.kaizen-base.com/contents/logi-42826/
 
■無料メールセミナーのご案内

 前回の無料動画メールセミナーは以下からご覧いただけます。
 5回に分けて「工場の効率を劇的に向上する!
        ~構内物流の果たすべき役割はこれだ!~」
 という題目で実施します。

 まだの方はぜひぜひご覧ください!

 お申し込みは以下からどうぞ。

 <PC>  https://24auto.biz/keinlogi/touroku/entryform2.htm

 <携帯> https://24auto.biz/keinlogi/touroku/sp/entryform2.htm

■物流改革で「収益力向上!」「品質力向上!」「人財力向上」
 Kein物流改善研究所

 http://www.keinlogi.jp/

----------------------------------------

メールマガジン「会社収益がみるみる向上する!1分でわかる物流コスト改善のツボ」

☆発行責任者:Kein物流改善研究所 仙石惠一
☆公式サイト:http://www.keinlogi.jp/
☆問い合わせ:sr-gs-fp-ks@khh.biglobe.ne.jp

会社収益がみるみる向上する!1分でわかる物流コスト改善のツボ

発行周期: 月曜日、水曜日、金曜日に発行します。 最新号:  2019/02/22 部数:  270部

ついでに読みたい

会社収益がみるみる向上する!1分でわかる物流コスト改善のツボ

発行周期:  月曜日、水曜日、金曜日に発行します。 最新号:  2019/02/22 部数:  270部

他のメルマガを読む