ニュージーランド移住記録「西蘭花通信」

「西蘭花通信」~あれから10年~ Vol.0743

カテゴリー: 2018年09月16日
大変ご無沙汰しています。オークランドはすっかり春めいてきました。
タイトルだけでお察しがつくかと思いますが、そのとおりのアレです(笑)

==================================================================   
「西蘭花通信」経済編 ~あれから10年~   Vol.0743   2018年9月16日
==================================================================    

『いやぁ~、すんごーい1日でした~! 仕事もろくに手につかないまま、新聞
やネットのニュースを読み、為替や株価チャートを見、なんだかんだと1日が終
わってしまいました。温にも経済面の一面を全部読ませました。歴史的な事に
なるかもしれませんからね~。』
とブログに記したのは10年前の今日、2008年9月16日。
https://blog.goo.ne.jp/nzijukiroku-sailanbiyori/d/20080916
日本では「リーマンショック」という和製英語で定着することになった、
米名門投資銀行リーマン・ブラザーズの経営破たんが起きた日でした。

歴史上15日とされる出来事は、NZでは時差の関係で16日となり、「歴史的な事
になる」と直感できるほど、金融市場は荒れに荒れました。経済面の一面を全
部読んだ当時の長男・温は14歳でした。漢字のない英語の便利さで、その年で
あれば新聞記事でも十分に理解でき、経済や政治の話が絶えない我が家では、
子どもたちなりに「為替」だの「金利」だの「格付け」だのがどういうものな
のか、メカニズムとして理解していたと思います。

興味深いのは「リーマンショック」という名称です。英語のように聞こえます
が、実際の英語での会話ではまず通じないでしょう。「リーマン・ブラザーズ
・ショック」とでも言えば、なんのことかはわかってもらえるでしょうが、英
語では通常、GFC(Global Financial Crisis、世界金融危機)といいます。GFC
はリーマンの破たんだけでなく、2007年からのサブプライム問題やその後の欧
州債務危機までを含めた一連の世界的経済危機を指すことが多く、話の脈略に
よってはリーマンショックそのものを指すこともあります。

サブプライム問題とは、アメリカでサブプライムローンと呼ばれた信用力の低
い人々への住宅ローンを証券化した不動産担保証券、いわゆるローン証券の問
題です。証券化の妙味による利益追求のあまり、銀行など金融機関が返済能力
のない人々にまで融資を行った結果、サブプライムローン証券そのものが崩壊
してしまったことを指します。2007年に問題が表面化したとき、世界中の人々
が、金融関係者でさえ「サブプライム」という聞き慣れない言葉に戸惑い、慌
ててググったことでしょう。私ももちろんそうでした。「サブプライムローン
とは」というメディアの解説を何度目にしたことでしょう。

証券化は銀行にとって甘い蜜のようなもので、そのための過剰融資ぶりは1回目
の返済からつまずいてしまう借り手が続出するほどだったといわれました。ア
メリカの住宅相場は2006年にピークアウトしており、融資の焦げ付きで金融機
関が差し押さえた住宅を売却しても損失が出てしまい、不良債権が雪だるま式
に増えていきました。こうした中、リーマンは負債総額6,000億ドル(当時の為
替で63兆円)を抱えて破たんし、アメリカ史上最大の企業倒産となり今でもそ
の記録は破られていません。

欧州の金融機関は、崩壊するまで高格付けを誇ったサブプライムローン証券に
こぞって投資していたため、問題はたちまち欧州にも飛び火しました。しかし、
日本はこうした証券化商品への投資に出遅れていたことが幸いし、金融機関の
痛手が限られ、当事者意識が薄かったのではないでしょうか。ゆえに歴史的な
金融危機の出発点が、欧米で認識されている2007年ではなくリーマンが破たん
した2008年にズレ込み、「リーマンショック」という名称が定着したのではな
いかと個人的には勘ぐっています。

豪銀にほぼ丸投げのNZの金融業界にも、サブプライムのサの字もありませんで
した。しかし、NZ自体が加熱した住宅ブームのただなかにあり、「午前中に買
って午後に売る」というような話がまことしやかに語られていた時期でした。
その上、NZもオーストラリアも国内の旺盛な資金需要の相当部分を海外での調
達に頼っていたため、海外での信用収縮は調達金利の上昇として即座に顕在化
し、資産バブルという上昇気流に乗って大変な高度にあった景気はきりもみ状
態の緊急着陸を余儀なくされました。

住宅価格が下がるとみた気の早い私は、「条件さえ合えば」と投資物件の購入
を検討し始め、2007年12月初旬には目に止まった物件の下見に行き、オファー
まで入れていました。リーマンショックが起きる10ヵ月も前のことでした(爆)
リーマンショック後の大幅利下げを考えると、あの時のオファーが受け入れら
れず購入できなかったのは運が良かったのか、現在価格がオファーの3倍以上に
なっているので、運が悪かったのか。いずれにせよご縁はありませんでした。
当時のことはメルマガにしていたので、よろしかったらご覧ください。

~眺めのいい部屋~ 
<http://www.sailanmikoto.com/mailmagazine/vol.0457.html>
~眺めのいい部屋2~
<http://www.sailanmikoto.com/mailmagazine/vol.0458.html>

さすがに10年も前なので詳しい事は覚えていませんが、当時の私はその後の経
済や社会、果ては世界がどうなっていく可能性があるのかを、子どもたちが理
解できるよう、できるだけ細かくわかりやすく説明し続けました。人生に幾度
とはない経済危機というものを、少しでも鮮明に記憶し、金融システムがマヒ
したときにどういうことが起き、誰が、どこで、どんな影響を被るのかを報道
を通して見聞し、子どもたちなりに「経済危機の防災マニュアル」が確立でき
るようになってほしいと願っていました。その思いが少しは通じたかどうかは、
いつか来るべき新たな危機の中で明らかになるかもしれません。

=================================================================     

「マヨネーズ」
メディアがこぞって取り上げる、リーマンショックの10周年。そう何回もある
経験ではないので、自分なりに振り返ってみました。10年の節目で再び危機?
!というのはよく言われることですが、「警戒を強めているときに限って危機
は起きない」と思うのですが、どうでしょう?後ズレすればするほど、とんで
もないことになる(汗)???

西蘭みこと

===============================================================       


■このメルマガは西蘭家のホームページ                                 
http://www.sailanmikoto.com/                                          
に掲載しています。  

写真入りのバックナンバーもどうぞ。  
http://www.sailanmikoto.com/mailmagazine/mailmagazine.html            


他のブログやHPは以下の通りです。                                

■ブログ日記「さいらん日和」(移住生活の日常をつづっています)      
http://blog.goo.ne.jp/nzijukiroku-sailanbiyori/                       


■「さいらんガーデン」(庭や外での小さなお話)  
http://blog.goo.ne.jp/tanikuhongan/    
   

■新しく始めた旅と夢限定ブログ「みたび」
http://blog.goo.ne.jp/nzijukiroku-mitabi


■2007年に永眠した飼い猫ピッピのブログ「シロ猫ピッピのおいら物語」 
http://blog.goo.ne.jp/oiramonogatari/                             
      

■ご感想は
mikoto@sailanmikoto.com
へお願い致します。
(メールでの個人的なご質問にはお答えできませんので予めご了承下さい) 

ニュージーランド移住記録「西蘭花通信」

発行周期: 週2回 最新号:  2018/12/04 部数:  383部

ついでに読みたい

ニュージーランド移住記録「西蘭花通信」

発行周期:  週2回 最新号:  2018/12/04 部数:  383部

他のメルマガを読む