ニュージーランド移住記録「西蘭花通信」

「西蘭花通信」~ココとの1年~ Vol.0736

カテゴリー: 2018年02月06日
連続配信となってしまい恐縮ですが、今日の分を配信します。
3匹目の猫ココが虹の橋に行きました。
まさかこんなことになるなんて(涙)

==================================================================   
「西蘭花通信」生活編 ~ココとの1年~   Vol.0736  2018年2月6日
==================================================================    

去年の今頃配信した、~小夏物語:初夏の出会い~、
<http://www.sailanmikoto.com/mailmagazine/vol.0727.html>
~小夏物語:晩夏のお別れ~
<http://www.sailanmikoto.com/mailmagazine/vol.0728.html> 
は、2012年の終わり頃、NZでいえば夏の初めに庭に姿を現した白黒の野良猫の
話でした。

小夏と名付け外飼いながらも可愛がってきました。そんな小夏が2016年の夏、
それまで一度も見たことがなかった小柄の白黒猫を伴って突然庭に現れ、私
たちだけでなくお隣さんまでびっくり仰天でした。当時は小夏の娘だと信じ
ていたので、猫は小夏の子としてココナツと名付けられました。その経緯は
メルマガのとおりです。

ココナツは身ごもっており、2017年2月2日、産後1ヵ月経ったところで捕獲して
去勢し、子猫2匹は里親を探してもらうよう獣医に託ました。翌3日には手術を
終え、ケージに入ったまま帰ってきました。ちょうど節分の日で息子が友人を
呼んで、賑やかに豆まきパーティーをしていました。完全に野良猫だったココ
ナツもケージから出ようと賑やかに暴れ回り、顔に擦り傷を負うほどでした。
4日には庭に放しました。

しばらくの間は甲高い声で姿が見えなくなった子猫たちを呼び、その声に胸が
締め付けられる思いでした。7日には小夏も捕獲に成功し、獣医に連れていきま
した。その結果、メスだと信じていた小夏がオスで、猫免疫不全ウイルス(FI
V)が陽性の猫エイズのキャリアであることが発覚しました。外飼いではウイル
スを拡散させる恐れがあるため、獣医の指示で安楽死させることになってしま
いました。

子どもも愛するパートナーも失ったココナツはココと呼ばれ、我が家とお隣さ
んで食事を与えて飼い猫同様に見守っていくことにしました。小夏に連れられ
て来るまでどこにいたのか見当もつきませんが、ココはどこにも行く気配があ
りませんでした。すぐに我が家の飼い猫で、小夏に似て白い靴下を履いた白黒
猫コロに懐き、ほとんどの時間を我が家の庭で過ごすようになりました。

夏が行き朝晩冷え込むようになった頃、ココは飼い猫たちを真似て猫ドアをく
ぐることを覚え、4月には自分から家の中に入って来るようになりました。その
うち長雨が続く寒い冬を迎え、ココは夜だけでなく、私たちがウロウロしてい
る日中も家の中で過ごすようになりました。飼い猫を見習ってせっせと家猫修
行に励み、決まった時間に食事をし、オモチャで遊び、自分専用のベッドで寝
ました。私たちもココを本格的に飼う覚悟を決め、3匹を平等に扱い大事にして
きました。

ココは家の中にすっかり慣れた反面、私たちが触れることだけは許さず、頭で
もなでようものなら後ろにすっ飛びました。
「いつになったらブラッシングをしたり、ノミ取り薬を塗ったりできるのかし
ら?」
と、家猫となったからには協力してほしい点もあったものの、野良として生ま
れ育った経歴に敬意を払ってココがそれを許すようになるまで待つことにしま
した。それでもご飯の時間になると嬉しくて我慢できなくなるのか、用意をし
ている私の脚に後からそっと擦り寄ってくることもあり、それが唯一の接点で
した。

「お隣さんから『コロが家にいるか?』って電話が入ったんだ。」
3日に外出から戻ると、夫が言いました。話を聞くと、私たちは面識のない近所
の人が、『お宅の前で夜中に交通事故に遭った白黒猫を助け、獣医に連れて行
く途中で息絶えた』と、お隣さんに言いに来たそうです。驚いたお隣さんが白
黒のコロがいる我が家に電話をしてきたのです。私たちはその日の朝、コロを
目にしていました。
「ココは?」
私の質問に夫がはっとし、
「そういえば見てない!」

恐ろしい予感は的中してしまいました。近所の人がクルマで家の前の道を通り
かかった時、お隣さんとの境界辺りに猫が倒れており、すでに事故の後でした。
夜間営業の獣医に駆け込んだものの間に合わず、荼毘に付してもらうよう頼ん
でくれたそうです。3日午前2~3時のことでした。

ココはほとんどの時間を我が家かお隣さんの敷地内で過ごし、私たちの誰も道
を渡る姿を見たことがなかったので、お隣さんも白黒猫と聞いてコロのことし
か思い浮かばなかったそうです。ココは野良猫だっただけでなく、幼い頃の栄
養不良のせいか片目が見えなかったので何事にも慎重で、道を渡って遠出して
いるなど思いつきもしませんでした。

こうして2017年2月3日に獣医からこの地に舞い戻ったココは、2018年2月3日未
明にこの地から永久に姿を消してしまいました。家の中で過ごすようになって
も野良猫の矜持を失わず、猫には慣れても人にはそれほど慣れませんでした。
それでも食事やベッドには嬉しそうで、ほどほどの距離感を保ちながら、ほど
ほどの信頼を示してくれました。

ココは地域の人に見守られ最後も地域の人の見送られ、ずっと野良猫で通した
小夏のもとに帰っていきました。今頃は2匹一緒でもう二度と離れることはない
でしょう。
ココちゃん、ここに来てくれて、楽しい1年をありがとう。
いつまでも忘れないよ。

=================================================================     

「マヨネーズ」

「世の中に偶然はない」と信じる私でも驚く、きっかり365日だったココとの時
間。「元家猫だったのでは?」と思うほどか弱く見えた小夏は意外にも野良猫
で通しましたが、ココはちょっと家猫を経験してみたかったのか?丸1年を過ご
した後、一周忌で戻ってきた小夏について行き、2匹はまた一緒になり、幸せな
んだと信じることにします。

見ず知らずの人が、道に倒れている猫を午前3時に獣医に連れて行ってくれるとは!
なかなかできないことです。息のあるうちに救助されたことに心から感謝します。

西蘭みこと

===============================================================       

■このメルマガは西蘭家のホームページ                                 
http://www.sailanmikoto.com/                                          
に掲載しています。  

写真入りのバックナンバーもどうぞ。  
http://www.sailanmikoto.com/mailmagazine/mailmagazine.html            



他のブログやHPは以下の通りです。                                

■ブログ日記「さいらん日和」(移住生活の日常をつづっています)      
http://blog.goo.ne.jp/nzijukiroku-sailanbiyori/                       


■「さいらんガーデン」(庭や外での小さなお話)  
http://blog.goo.ne.jp/tanikuhongan/    
   

■新しく始めた旅と夢限定ブログ「みたび」
http://blog.goo.ne.jp/nzijukiroku-mitabi


■2007年に永眠した飼い猫ピッピのブログ「シロ猫ピッピのおいら物語」 
http://blog.goo.ne.jp/oiramonogatari/                             
      

■ご感想は
mikoto@sailanmikoto.com
へお願い致します。
(メールでの個人的なご質問にはお答えできませんので予めご了承下さい)  

ニュージーランド移住記録「西蘭花通信」

発行周期: 週2回 最新号:  2018/12/04 部数:  383部

ついでに読みたい

ニュージーランド移住記録「西蘭花通信」

発行周期:  週2回 最新号:  2018/12/04 部数:  383部

他のメルマガを読む