ニュージーランド移住記録「西蘭花通信」

「西蘭花通信」~こうして彼らはいなくなった~ Vol.0726


カテゴリー: 2017年02月06日
2月に入りましたね。
今日はNZの誕生日ワイタンギデー
明日は自分の誕生日(笑)
毎年このつながりが、気に入っています(←単純ちゃん)

==================================================================   
「西蘭花通信」生活編 ~こうして彼らはいなくなった~  Vol.0726  2017年2月6日
==================================================================    

去年の11月。運転中の夫に掛かってきた友人からの電話は想像を絶するもので
した。
「時間がないから手短に話すけど、しばらくIRD(税務署)と揉めてて、家を売
ることになったんだ。それでも足りないので自己破産すると思う。いろいろ立
て込んでいてクリスマスパーティーには行けないけど、タカと家族のみんなに
メリークリスマス。」
オリバーとは長年の付き合いで、知り合い以上友だち未満ぐらいの年に何回か
会って食事をする間柄でした。年齢が近く、お互い海外経験が長く、外食と旅
行が好きで、会えば話が弾みました。

運転中の上、余りにも驚きの内容に返す言葉もないまま電話が切れ、それ以降
はこちらから電話をかけてもつながらなくなってしまいました。友人同士のク
リスマスパーティーは予定通り、以前から予約していたレストランで行われま
した。来ないとわかっていてもオリバーのためのセッティングを片付けてもら
う気になれず、不意に現れてもいいようにそのままにしておいてもらいました。

「みんな本人から電話をもらったと思うけどオリバーが大変なことになってる
んだ。立場上僕が一番事情を知ってると思うから、わかっている限りのことを
話すよ。」
仲間内で一番オリバーと親しいダニエルが口火を切りました。ここ数ヶ月、IR
Dと税金の件で話し合いを続け、11月に入ってとうとう結論が出たこと。その直
後に仲間全員が電話をもらい、以降連絡が取れなくなったこと。どうやら過去
にさかのぼって30万ドル(約2,500万円)の税金を払わなくてはいけなくなり、
罰金、追徴金、複利の金利等で最終的な支払額が100万ドルを超え、家を売って
も追いつかず自己破産したということでした。

「でも彼の家って、ゆうに100万ドルは超えるんじゃないか?」
誰もが思ったことを仲間の1人が聞きました。今時のオークランドの家は特に高
級住宅ではなくても、土地付きの戸建てであればどんどん100万ドルを越えてき
ており、ましてやオリバーの家は海辺の高級住宅地として知られているエリア
にありました。

「住宅ローンが少し残っていたらしい。家はオリバーとベティーの共同名義で、
7対3だったか6対4だったかで、ベティーにお金が残るようにしたみたいだ。」
これにはみな納得しました。いくら税務署といえども、奥さんの資産には手が
つけられません。仮に家が150万ドルで売れたとして所有比率が6:4なら、取り
分はオリバーが90万、奥さんが60万。ローンが残っていればそれぞれが比率に
応じて負担し、けりをつけることでしょう。

「これは僕の想像だけど、これからはベティーのお金で生活いていくんじゃな
いかな。子どもは独立してるし、あと数年で国から年金がもらえる年齢だ。両
親とも資産家で80代や90代だから、時間の問題で遺産も入ってくるしね。」
ダニエルの言葉に、みなさらに納得しました。ベティーを拝み倒して彼女の分
の売却代金を拠出してもらいIRDに耳を揃えて返済するよりも、自己破産という
不名誉を選んで数年をしのぐことを選んだのでしょう。例えベティーと力を合
わせ全額返済できたとしても、この件を隠し続けることは難しく、それまで務
めてきた会社の役員が続けられなくなって収入を失っていたことでしょうから、
ダニエルの想像は的を得ていると思いました。

みな事の展開に納得しつつも、釈然としないものを感じつつ、運ばれてきたメ
インコースを黙々と口に運んでいました。初めての店でしたが料理は美味しく
なく、いいのは雰囲気ばかりというウォーターフロントにありがちな店でした。
クリスマス前の書き入れ時で、ウェイトレスやウェイターは無理やり作った必
死の笑顔で走り回らんばかりでした。ざわついた中での大味な料理に食指も動
かず、噛むたびに口の中に苦味が広がるようでした。

釈然としない最大の理由は、「なぜこんなことになったのか」という点に尽き
ます。最初に自己破産の話を聞いたとき、私はてっきり投資の失敗によるもの
だと思っていました。しかし、その後の話で問題は税金とわかりモヤモヤが募
りました。彼の仕事や暮らしぶりからみて、年収はゆうに6桁を超えていたはず。
未納分が30万ドルなら、年間3万ドルとして過去10年間。「知らなかった」「う
っかりしていた」という金額でも期間でもなく、このまま誰にも知られず、数
年で引退してしまえば不問になるとでも思っていたのか。

オリバーはいつも穏やかで知的な印象の人でした。ここぞというときには気の
利いたジョークを欠かさないものの、天性の聞き役でした。食への造詣が深く
オークランドの名だたるレストランについて語れる人でした。ベティーは話し
出したら止まらない、おしゃべりの早口。仲間が集まるとベティーが話の中心
になることがよくあり、明るい快活な人でした。オリバーの席は最初から最後
まで空席のままでした。こうして彼らはいなくなり、私たちはもう2度と会うこ
とはないでしょう。

=================================================================     

「マヨネーズ」

オリバーの話を最初に知らされたとき、とっさに投資の失敗だと思い込んだ私は、
「会えるものならぜひ会ってカネはカネ、それ以外はそれ以外。私たちは気に
しないという気持ちを伝えたいのだけれど、どうかそんな機会が与えられます
ように(祈)」(ブログ「さいらん日和」より)
と思っていました。
<http://blog.goo.ne.jp/nzijukiroku-sailanbiyori/d/20161123>

 しかし、事が税金とわかるとその気持ちは完全に消えました。失敗という偶
然と脱税という故意の根本的な違いが身に応えました。それは仲間の誰もが感
じたことだったはずで、超えてはいけない一線のあちら側とこちら側で私たち
は袂を分かち合いました。次にみんなで会うときには、もうオリバーのことが
話題に上ることもないでしょう。私たちはこちら側で前に進んでいきましょう。

西蘭みこと

===============================================================       



■このメルマガは西蘭家のホームページ                                 
http://www.sailanmikoto.com/                                          
に掲載しています。  

写真入りのバックナンバーもどうぞ。  
http://www.sailanmikoto.com/mailmagazine/mailmagazine.html            



他のブログやHPは以下の通りです。                                

■ブログ日記「さいらん日和」(移住生活の日常をつづっています)      
http://blog.goo.ne.jp/nzijukiroku-sailanbiyori/                       


■「さいらんガーデン」(庭や外での小さなお話)  
http://blog.goo.ne.jp/tanikuhongan/    
   

■新しく始めた旅と夢限定ブログ「みたび」
http://blog.goo.ne.jp/nzijukiroku-mitabi


■2007年に永眠した飼い猫ピッピのブログ「シロ猫ピッピのおいら物語」 
http://blog.goo.ne.jp/oiramonogatari/                             
      

■ご感想は
mikoto@sailanmikoto.com
へお願い致します。
(メールでの個人的なご質問にはお答えできませんので予めご了承下さい)  

ニュージーランド移住記録「西蘭花通信」

RSSを登録する
発行周期 週2回
最新号 2018/09/21
部数 393部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

ニュージーランド移住記録「西蘭花通信」

RSSを登録する
発行周期 週2回
最新号 2018/09/21
部数 393部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング