ニュージーランド移住記録「西蘭花通信」

「西蘭花通信」~50代の宿題9:母娘~ Vol.0721

カテゴリー: 2016年03月05日
ご無沙汰しているうちに、2月で私も54歳。
「50代の宿題」とのんびり構えて始めた連載も、夏休みの宿題で言えば時期的
には8月の第1週が終わったようなもの。月末に泣きを見なくてもいいように
がんばらないとー!(笑)
(※毎年泣きを見るタイプでした)

==================================================================   
「西蘭花通信」スピリチュアル編 ~50代の宿題9:母娘~  Vol.0721       
2016年3月5日
==================================================================    

「やっと会えた。」
と思った人は、小さな棺の中でした。73歳の友人でありボランティア仲間であ
るケイトの母親はその5日前、2015年5月に95歳で亡くなりました。娘が4人、孫
が24人、曾孫が確か7、8人、玄孫が2人という大家族の長でした。晩年は老人ホ
ームで過ごし認知症が進んでいたものの、身体はいたって健康で心身のギャッ
プが気の毒なほどでした。最期は脳卒中で倒れ、10分で駆けつけたケイトです
ら間に合いませんでした。

私とケイトが知り合ってから7年の月日が流れていました。ケイトや私たちはオ
ークランドの東側で暮らし、母親は西の端で長年1人暮らしを続けていました。
認知症が出始めたため説得してホームに入れ、肩の荷が下りたところでケイト
はボランティアに加わりました。彼女は天性の性格で、あっという間に仲間内
のリーダーになっていきました。

私たちは親子ほど歳が違っても、英語の持つ気楽さや率直さ、お互いのさばけ
た性格で急速に親しくなっていきました。より正確に言えば、私がケイトを慕
っていったというべきでしょう。私たちには年齢以外にも、共通するものはほ
とんどありません。しかし、私は彼女の多くのものに惹かれ、彼女の話に耳を
傾けることが大きな楽しみでした。特に心惹かれたのが、彼女の母親オードリ
ーとの話でした。

「母が一家の中心だったわ。父は物静かな人だった。先日も母と出かけた時に、
『腰がもうちょっとよくなったら、あそこまで泳ぎたいわねぇ』と指差した先
は、デボンポートよ!(注:ワイテマタ湾を挟んだ対岸)本人もう94歳で歩く
のがやっとなのに。」 (Vol.0631 ~人生の春夏秋冬:賑やかな冬~)
http://www.sailanmikoto.com/mailmagazine/vol.0631.html
と、ケイトが語っていたように、母親は彼女にそっくりでした。飛びぬけたユ
ーモアのセンスと地に足の着いた強さ。ただし、身長だけは170cm以上あるケイ
トとは違い、晩年は一段と縮んで150cm台だったそうです。

1世紀近く生きた女傑は咽頭ガンになるまで長年タバコを吸い続け、晩酌を欠か
さず、高台の家に住み、道路から家まで百段近くある急な階段を毎日のように
上り下りし、頑丈な身体を持ち、野菜を作り花を愛で、子どもたちがどんなに
拝み倒しても決して自動車の免許を取ろうとせず、母親の送迎がない娘4人は何
キロも歩いて通学せざるをえませんでした。

ケイトは晩年の母親の世話を一手に引き受け、週2回はホームに会いに行き、う
ち1回はカフェに連れ出し、公園を散歩したりしていました。母親は自分が認知
症であることを理解しており、「覚えていられない」と嘆きました。
「大丈夫よママ。何回でも同じことを話してあげるから。私の話なんてたいし
たもんじゃないから、覚えてなくても平気よ。」
「そうね。あなたの話は昔からたいしたことなかったわ。」
と、逆にやりこめられたり(笑)

個性的で頑固ながら、正しいと思えばすぐに翻意できる柔軟性と聡明さを備え
(長年拒否してきたホーム入居も、いざ認知症とわかるとケイトも驚くほどす
ぐに決断したそうです)、別の考えや新しい環境を受け入れようと努力し、記
憶がまだらになってからも使える脳を頼りに必死で覚え考えようと努力する、
自立した人でした。そして最後はボケなのか天然なのか、微妙なところでみん
なを笑いの渦に引き込むのでした。

涙あり、笑いあり、ケンカあり、仲直りありの関係。それが何度も何度も繰り
返されて深まっていく母娘の絆。仲直りできる自信があるからこそ派手なケン
カもし、病気、別居、死別といった家族の危機にお互い肩を抱いて泣いても、
最後は涙を流しながら一緒に笑っているような関係でした。彼女のお葬式も涙、
笑い、笑い、涙、笑い、笑いの連続でした。

「これが母娘なのか!」
私は50歳を過ぎて、初めて母娘のリアルな関係というものを身近に知るところ
となりました。移住仲間は親が本国におり、キウイの友人でも地方からオーク
ランドに出てきていると、ここまで頻繁に親とのつながりがありません。ケイ
トたちの関係は私が生涯初めて詳しく知るところとなった、母と娘の関係だっ
たのです。

私と母の間には、涙も笑いも、ケンカも仲直りもありません。あるのは義理と
礼儀、我慢と沈黙です。涙や笑いを許す感情は、子どもの頃に捨ててしまいま
した。そういうものに翻弄されている余裕が、私にはありませんでした。母親
が近くにいる時はただただ相手の出方を見つめ、機嫌がいいのか悪いのか、悪
いなら自分のせいなのかそうではないのか、自分のせいならこの後どういう言
動に出るのかをじっと見極め、少しでも母の怒りの火の粉が降りかからないよ
う、最大限の注意を払うばかりでした。

こんな私たちにケンカなどあろうはずがなく、仲直りなど悪い冗談でした。母
は私が盾を突こうものなら、その後何年も、いえ一生涯でも私をなじる格好の
理由を手に入れ、
「あの時あなたはああ言った」
「あなたはいつもそうだった」
と言い続けるので、私はどんなにケンカを売られても決して買うことはありま
せんでした。親の正義を信じていた幼い頃、正直に反論した後の苦い展開から
私は身を守る方法を学んだのです。沈黙は金でした。

「ありがとう、オードリー。あちらに行ってもお元気で。」
今にもスクッと起き上がりそうなニヤッと笑ったままの口元を見つめながら、
私は棺に花を手向けました。多くのことを私に教え、何よりもケイトを残して
くれたオードリーは、まるで眠っているようで、愛らしく、祝福に満ちていま
した。

(不定期で続く)

=================================================================     
「マヨネーズ」

子どもの中でも一番面倒を見ていたケイトの誕生日を待っていたように、その
数日後に亡くなったオードリー。1年近く前の話ですが、ふと思い出し書き留め
ました。心からご冥福をお祈りします。

西蘭みこと

===============================================================       


■このメルマガは西蘭家のホームページ                                 
http://www.sailanmikoto.com/                                          

に掲載しています。  
写真入りのバックナンバーもどうぞ。  
http://www.sailanmikoto.com/mailmagazine/mailmagazine.html            



他のブログやHPは以下の通りです。                                

■ブログ日記「さいらん日和」(移住生活の日常をつづっています)      
http://blog.goo.ne.jp/nzijukiroku-sailanbiyori/                       


■「さいらんガーデン」(庭や外での小さなお話)  
http://blog.goo.ne.jp/tanikuhongan/    
   

■2007年に永眠した飼い猫ピッピのブログ「シロ猫ピッピのおいら物語」 
http://blog.goo.ne.jp/oiramonogatari/                             
      

■ご感想は
mikoto@sailanmikoto.com
へお願い致します。
(メールでの個人的なご質問にはお答えできませんので予めご了承下さい)  

ニュージーランド移住記録「西蘭花通信」

発行周期: 週2回 最新号:  2018/12/04 部数:  384部

ついでに読みたい

ニュージーランド移住記録「西蘭花通信」

発行周期:  週2回 最新号:  2018/12/04 部数:  384部

他のメルマガを読む