ニュージーランド移住記録「西蘭花通信」

サンプル誌


カテゴリー:
「西蘭花通信」Vol.0498  生活編  ~漫画と映画と動画と~                  2009年12月3日 

11月中旬にオークランド日本領事館の主催で日本映画祭がありました。上映作品は「千と千尋の神隠し」、
「デスノート」前後編、「舞妓はーん」、グっと時代が遡って「東京物語」で、全5日間。「毎晩邦画が愉し
める♪」というステキ企画。西蘭家は3日連続でキウイや学生さんに混じって愉しんできました。お目当ては、
温(15歳)が盛んに観たがっていた「デスノート」。人気漫画の映画化なので彼に吹き込まれなかったら、
観ていなかったかも。(でも「20世紀少年」は観たかったりして。なにかと矛盾の多いアラフィーです) 

映画は前後編の2本立てで2日にわたって上映されました(本当はオークランド大学の階段教室の大スクリーン
でDVDを観たのですが)。日本では前後編合わせて80億円の興行収入があったそうで、こちらでもオタク系ア
ジア人を中心に話題になり、一般上映はなかったもののDVDをゲット済みのコもけっこういたとか
(息子情報)。 

なーんの予備知識もなく臨んだ私。映画が始まるや、主人公の名前が夜神月(やがみライト)というあま
りにもマンガちっくなネーミングで、ガツンと一発お見舞いされました。 
「警視庁のおエラいさんが、息子に『ライト』なんて名前付けるぅ~?」 
と、早くもつまづくアラフィー。しかも、主役のルックスがミステリアスと程遠い『丸顔』で、 
「うっ、入り込めない!Tシャツのイラストとかーなーり雰囲気違うんですけど~」 
と感情移入にてこずること数分、いや、もっと、うん?最後までだったか? 

しかし、まごつく私など置き去りにして、ストーリーはグングン進みます。さすが次号へと引っ張るのがお得
意の漫画が原作だけあって、10分に1回ぐらい背中を押されるような展開になり、 
「おー、週刊が一気に読める~♪」 
みたいなスピード感とお値打ち感(←主婦には高得点?!って、そもそもこの企画、無料なんですけど
ー。ーゞ)。 

しかし、映画作りとしては、 
「映画という3Dを、あえてマンガと同じ2Dに焼き直してる?」 
と深読みしたくなるほど、ちゃっち~(ファンの方、陳謝) 
「今ドキ、ドラマだってもっと凝ってない?」 
というシーンがいくつもあり、 
「この低予算(多分)で高収益、スゴい利益率だったんだろうなぁ。」 
と話に引き込まれつつも、冷静に考えている自分がいました。 

ウィキによれば、 当初は連続テレビドラマ+劇場公開という抱き合わせ企画だったそうで、ある意味、最初
から「ドラマと映画の中間のようなもの」を狙ったのかな、と思いましたが、これだけヒットして前後編の
観客動員数が合わせて650万人(((@@)))という数字からみて、逆に、 
「これは今ドキの趨勢なのかな~」
と思い直しました。 

映画だろうがドラマだろうが、「YouTubeで十分」という世代の視聴者に、往年の銀幕へのオマージュなど
期待する方が無理。ジャンル別の作り込み方などどーでもよろしく、ストーリー性と俳優が重視される傾向
が強まっているのではないでしょうか?ここ数年広く使われるようになった「動画」という言葉がそんな傾向
を端的に表しているような。 
「動いてりゃいい。」 
みたいな、ぶっちゃけたものがあるような気がします。 

映画はこよなく愛してもテレビドラマは最後に観たのが、「東京ラブストーリー」(ググってみたら1991年の
作品でした^^;)という私には、映画として観る「動画」はけっこう新鮮でした。こういう新世代映画が
ガシガシ稼ぐことで、生粋の映画人への刺激になり、邦画がボーダーレスに発展していったらいいなぁと、
素直に思います。ただ、この作品の成功は原作に負っているところが大きいと思われ、むしろ原作のスゴさを
感じました。 

映画制作はとかくお金がかかるので、「ヒット作が続くといい作品がどんどん出てくる」という、一種の業況
サイクルがあると思います。映画ファンドを組成して巨額の資金をあっという間に調達!みたいなことが、
ちょっと前まではホイホイできたわけで、不況とともにハリウッドの凋落ぶりも本格化?!それと対照的な邦画
の躍進は心強いです。 

後編は前編の緊張感が惜しまれるほど中弛みしてしまったけれど、 
「動画だしね。」 
と思うと妙に納得。作品そのものからその周辺までいろいろ考えが及んで、二重に愉しめた映画でした。子ども
たちももちろん大満足。善(12歳)は日本語補習校を休んで鑑賞。やや渋々だった夫も、 
「恐かった~」(どこが?) 
と言いつつも、エンジョイしてました。 

3日目は子どもたちにフラれたので夫婦で「舞妓はーん」へ。 
笑って笑って、 
「くだらないにもほどがある~」(←西蘭家では立派な褒め言葉) 
と言いながら笑い倒してきました。いや、もう最高!こちらはしっかり「映画」でした。 

観客も日を追って増え、「舞妓はーん」の方が「デスノート」より満員だったのは驚きでした。 
(キウイくんたち、内容を知ってて来てたのか、舞妓さんの着物姿が目に止まって"ニッポン文化"を期待して
来てたのかはナゾです) 

=========================================================================== 

「マヨネーズ」 
世界中で凶悪犯が次々と心臓発作で死んでいく・・・・・
これを救世主キラの御業と吹聴して、影で操るナゾの天才。一歩間違えば自分も危ないというのに、地球を救う
ために悪に立ち向かう警視庁の数名(確か5、6人)。 

「これってウルトラマンのウルトラ警備隊じゃな~い!」 
と思ってしまったのは私だけ?日本でばかり集中的に起こる事件に、たったの数人で立ち向かうって、
「ちょっとムリがない~?」
と子どもながらに思いつつも欠かさず観ていた初代ウルトラマン。いざとなるとウルトラマンがやってきて、
一件落着! 

ということは、ナゾの天才に立ち向かうこれまたナゾだらけの天才Lはウルトラマン?! 

西蘭みこと

ニュージーランド移住記録「西蘭花通信」

RSSを登録する
発行周期 週2回
最新号 2018/06/12
部数 392部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

ニュージーランド移住記録「西蘭花通信」

RSSを登録する
発行周期 週2回
最新号 2018/06/12
部数 392部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング