ピースあいち・メールマガジン

ピースあいち・メールマガジン第99号をお届けします!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ピースあいち・メールマガジン         [第99号]  2018/2/25
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 2月27日から企画展「杉山千佐子追悼 名古屋空襲と戦傷者たち」が
始まります。杉山さんは29歳の時、1945年3月25日の名古屋空襲で被災して
左目を失いました。傷を受けながらも立ち上がり、全国の戦災傷害者の闘い
の先頭に立ってきました。
 企画展は、昨年100歳で亡くなった杉山さんの生涯を振り返りながら、
民間の戦災傷害者はどのように扱われたのか、国はどんな対応をしてきたのか、
彼女が生涯をかけて訴えてきたものは何であったのか、という点に焦点を
当てています。全国の戦災傷害者たちとの活動の資料や遺品も展示しています。
 「防空」のコーナー展示では、当時の実物資料が展示されています。
また関連イベントもさまざまに企画されています。

 まだまだ寒い日が続きますが、どうぞご来館ください。  (宮原 大輔)

☆今月号の内容***************************************************
今月号の内容
◆これからの催し・お知らせ
◆開館10周年記念募金目標達成お礼・・・そして今後に向けて  
◆2017(平成29)年度 戦争体験語り手の会の活動
◆戦時下の防空法- 企画展「名古屋空襲と戦傷者たち」に寄せて
◆長野県阿智村からピースあいちを訪れて
◆亀岡を訪れて
◆ネパールへの旅~ヒマラヤ・エベレストと仏教・世界遺産都市めぐり~
◆ボランティア雑感◆ボランティアをすることは学ぶこと
◆今月のピースあいち◆来館者アンケートより
◆所蔵品から◆資料ナンバー8920 「防空絵とき」の話

☆***************************************************************
◆これからの催し・お知らせ
*****************************************************************
★杉山千佐子追悼 名古屋空襲と戦傷者たち
 2018年2月27日(火)~5月19日(土)
  ピースあいち3階展示室
◆関連イベント
●2月27日(火)13時30分~15時 
 講演会「私はひとつの眼からしか涙が出ない~杉山千佐子と3月25日の空襲」
 お話 西形久司さん(東海高校教諭)
●3月3日(土)13時30分~15時 
 愛知学院大学法学部国際法ゼミの学生による研究発表
 「国際法からみる名古屋空襲」
●3月24日(土)
 16時~16時45分 
 椙山女学園高校放送部による「杉山千佐子の戦争体験の語り継ぎ」
 17時~18時 
 「名古屋空襲から73年 犠牲者追悼の夕べ」
 緑風の会による朗読会とともし火法要
●4月14日(土)13時30分~15時
 講演会「杉山千佐子とは何だったのか」
 お話 岩崎建弥さん(全国空襲被害者連絡協議会副運営委員長)

★「福島原発大事故」~7年後、避難者のいま~
 2018年2月27日(火)~4月14日(土)
 ピースあいち2階プチギャラリー
◆関連イベント
 『福島原発―避難者の報告と訴え』
  と き 3月10日(土) 13時~ 14時
  ところ 1階 交流のひろば

募集中
★戦争体験を語り継ごう!ピースあいち「語り継ぎ手の会」会員募集

(↓これからの催し・お知らせ/詳しくはこちら)
http://www.peace-aichi.com/piace_aichi/201802/vol_99-1.html

☆****************************************************************
◆開館10周年記念募金目標達成お礼・・・そして今後に向けて  
                        10周年記念募金委員  河原 忠弘
******************************************************************
ピースあいち開館10周年を迎え、記念事業のための募金を、昨年5月から年末まで
お願い致しました。日頃からご支援下さっている方の57人に「呼びかけ人」と
なってもらい、広くご支援の輪をひろげて頂きました。その結果、12月末には
目標額1000万円のところ1185万円と、大幅な達成となり、募金活動を終了
いたしました。ありがとうございました…

(↓全文はこちら)
http://www.peace-aichi.com/piace_aichi/201802/vol_99-6.html

☆*****************************************************************
◆2017(平成29)年度 戦争体験語り手の会の活動
                      語り手の会事務局長  竹川 日出男
******************************************************************* 
ピースあいちは2007年5月に開館しましたが、語り手の会はその2年後の2009年7月に
発足しました。以来、充実した活動を行ってきました。今年度は戦争体験者の
語り事業は延べ82回、聴衆は総勢5000人を超えるという活気ある年となりました…

(↓全文はこちら)
http://www.peace-aichi.com/piace_aichi/201802/vol_99-7.html

☆*****************************************************************
◆戦時下の防空法- 企画展「名古屋空襲と戦傷者たち」に寄せて
                             運営委員  金子  力
******************************************************************* 
戦争の歴史は大量に殺人や破壊ができる兵器の開発の歴史でもありました。
とりわけ第一次世界大戦で出現した航空機は、これまでの戦争の姿を大きく
変えることになります。それまでは訓練を受けた兵士が戦場で武器を持ち、
敵国の兵士と戦うというものでしたが、航空機による空から大量の爆弾・
焼夷弾の投下は武器を持たない大勢の一般市民を短時間で大量に殺傷、
都市を壊滅させる戦争へと変えていきました…

(↓本文はこちら)
http://www.peace-aichi.com/piace_aichi/201802/vol_99-8.html

☆****************************************************************
◆長野県阿智村からピースあいちを訪れて
                     阿智村村民劇プロジェクト  大石 真紀子
******************************************************************
長野県・阿智村は名古屋から中央自動車道で約90分のところに位置する、
昼神温泉を有する人口約6500人の農山村です。阿智村では村民が村の課題を
考えあうことを主目的として、「社会教育研究集会」を毎年実施し、
今年で51回目を迎えます。この集会において第47回から「平和」分科会を
実施しており、今回その一環としてピースあいちに伺いました…

(↓本文はこちら)
http://www.peace-aichi.com/piace_aichi/201802/vol_99-9.html
 
☆******************************************************************
◆亀岡を訪れて
                           ボランティア  原田 拓郎
********************************************************************
2017年8月、京都府亀岡市の亀岡市文化資料館で開催されていた「戦争・平和展2017」を
見に行ってきました。文化資料館内のわずかなロビーを使ったロビー展でしたが、
亀岡出身で神風特攻隊や人間魚雷「回天」の乗組員だった3名の方をパネル展示し、
その方々の日記や遺品なども展示してありました…

(↓本文はこちら)
http://www.peace-aichi.com/piace_aichi/201802/vol_99-10.html

☆******************************************************************
◆ネパールへの旅~ヒマラヤ・エベレストと仏教・世界遺産都市めぐり~
                            ボランティア  吉田  稔
********************************************************************
1月23日~29日まで1週間、5年前から行こうと思っていたネパール旅行に行って
きました。今年75歳の後期高齢者になる前に、最後の海外旅行をどこにしようかと
思ってきました。世界の最高峰・エベレストが見られて、仏教の発祥の地である
ネパールこそが自分の思いに近いものだと感じて、70歳になった時から検討していました…

(↓本文はこちら)
http://www.peace-aichi.com/piace_aichi/201802/vol_99-11.html

☆******************************************************************
◆ボランティア雑感◆ボランティアをすることは学ぶこと
                            ボランティア  加藤 令子      
********************************************************************
年に何回か小中学生の団体がやってくる。1階に椅子を並べて待つ。語り手の方の
お話を聞いて、館内をガイドしてもらって見る。多くの子供たちはボードを持ち、
メモをとりながら聞いたり、見たりしている…

(↓本文はこちら)
http://www.peace-aichi.com/piace_aichi/201802/vol_99-2.html	

☆******************************************************************
◆今月のピースあいち◆来館者アンケートより
********************************************************************
今まで戦争の話を少しは聞いていたけれど、さらに大変な事がいっぱいあったとは
初めて知りました。食べ物の話やそかいの話など、実物なども見ることができて、
当時の様子が伝わってきました。戦争や戦争中の日本での生活は、これからも
さまざまな人に知ってもらい、そうぞうのできない事などを伝えていくといいと
思いました。(12歳男)

(↓全文はこちら)
http://www.peace-aichi.com/piace_aichi/201802/vol_99-12.html

☆******************************************************************
◆所蔵品から◆資料ナンバー8920 「防空絵とき」の話
                                  資料班
********************************************************************
今月は、冊子「防空絵とき」をご紹介します。
「防空絵とき」は、常設展の「愛知県下の空襲」コーナーで展示中です。
2月27日からの企画展「杉山千佐子追悼 名古屋空襲と戦傷者たち」でも、
「防空絵とき」についての展示があります。 
今回の「所蔵品から」では、展示で紹介していないページをご覧いただこう
と思います。

(↓全文はこちら)
http://www.peace-aichi.com/piace_aichi/201802/vol_99-5.html
 
詳しい画像はこちらからどうぞ。 
http://www.peace-aichi.com/pdf/20180222_boukuuetoki.pdf

ピースあいちウェブサイトの「所蔵品の紹介」のページからも、バックナンバー
の画像が見られます。よかったらこちらもどうぞ。
http://www.peace-aichi.com/objects/
 
☆******************************************************************
 
よりよいメルマガにするために、みなさんのご意見をお聞かせください。
 NPO法人戦争と平和の資料館 ピースあいち
 〒465-0091 名古屋市名東区よもぎ台2-820
 TEL・FAX 052-602-4222
 電子メール アドレス peace@key.ocn.ne.jp
 URL http://peace-aichi.com/
◎バックナンバーはホームページに公開しています。
◎ピースあいち・メールマガジン
のバックナンバー・配信停止はこちら
⇒ http://archive.mag2.com/0001054640/index.html

ピースあいち・メールマガジン

発行周期: 月刊 最新号:  2018/11/25 部数:  443部

ついでに読みたい

ピースあいち・メールマガジン

発行周期:  月刊 最新号:  2018/11/25 部数:  443部

他のメルマガを読む