『週刊 塾ビジネス』

脱原田。ベネッセの行方

----------------------------------------------------------------------
twitterで経営教育研究所の記事が読める! https://twitter.com/MEresearch
----------------------------------------------------------------------


2016.7.11
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

  教育サービス メールマガジン  『週刊 塾ビジネス』

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<


『脱原田。ベネッセの行方』



◆先週の気になった教育ビジネスニュース

--------------------------------------------------------------------------
【決算】 明光ネット、今期経常を26%下方修正【連結】
--------------------------------------------------------------------------
https://s.kabutan.jp/news/k201607080064/



--------------------------------------------------------------------------
お稽古・習い事市場に関する調査を実施(2016年)
--------------------------------------------------------------------------
http://www.yano.co.jp/press/press.php/001551



--------------------------------------------------------------------------
東京個別が反落、先行費用など影響し第1四半期経常の赤字幅拡大
--------------------------------------------------------------------------
http://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n201607070195



--------------------------------------------------------------------------
市進HD?大幅反発、アドバイザー選任で学研HDとの業務・資本提携を強化
--------------------------------------------------------------------------
http://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n201506150134




=========================================================


◆今週の取材ノート


--------------------------------------------------------------------------
脱原田。ベネッセの行方
--------------------------------------------------------------------------

●先月末、多くのエリアベネッセが閉店した。エリアベネッセとは、地域の学びの相談所
として登場したベネッセの新しいプロモーションの一環。

◆エリアベネッセ閉店
http://heiten-sale.jp/archives/25033


●ベネッセの新しい社長に就任した福原賢一副社長は6月の記者会見で、 
「(就任後の)ミッションとしては一に業績の回復」と述べ、収益力の強化に注力する考
えを示した。 


●収益となっていないエリアベネッセは、真っ先に切り落とされたわけだ。しかし一番深
刻なのは、長年ベネッセの屋台を支えてきたゼミ事業だろう。ゼミの国内4月会員数は、
26年365万人、27年271万人、28年243万人と年々減少。


●会員数はこの3年間で120万人が減り3分の2になった。原田前社長のそもそもの退
任理由が、進研ゼミ会員の減少が引き起こした赤字であり、この減り方を見ると突然と思
える退任劇にも納得がいく。


●流石にゼミ事業を潰すわけにはいかないので、ベネッセが打った手が進研ゼミのデジタ
ル化とフランチャイズ化であった。こちらは仕組みは出来たものの、消費者への対応や現
場での運用を急速に進めないと、社長が掲げる収益力の強化に繋がらない。


●教育のデジタル化もフランチャイズ化も既に目新しいことではないが、ベネッセが取り
まとめることで大きなシナジー効果を生み出す可能性がある。


●ベネッセには、「地方一番塾と提携(FC)」「減ったと言え200万人以上の会員数」
「あらゆる教育のデジタル化」「圧倒的なブランド力」など、他塾と比べて差別化要因と
なるまだまだ大きなアドバンテージがあるからだ。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
経営教育研究所 http://jyuku.wordpress.com/
--------------------------------------------------------------------
MAIL:kon_sult@me.com FAX:020-4623-9545

このマガジンは「教育サービス業界」をあらゆる角度から分析し毎週配信して
おります。よろしければ、お知り合いの方々にも是非おすすめ下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
----------------------------------------------------------------------
◆経営教育研究所のサービス

■フランチャイズの導入・運営強化
【FC展開により成長戦略を描く。FCパッケージの構築・強化からSV育成まで】

■教育ビジネス強化
【戦略的M&A、マネージャー研修、WEBマーケティング】

■異業種からの教育ビジネス参入
【FC加盟、教育パッケージのマッチング・拡販】

経営教育研究所のネットワークを活かして、解決のお手伝いをさせて頂きます。
----------------------------------------------------------------------

このメルマガは現在休刊中です

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む