アメリカ発 ビジネス現場の英語

夏休み復習号 アメリカ発 ビジネス現場の英語 Volume 44

カテゴリー: 2010年08月11日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
アメリカ発 ビジネス現場の英語 Volume 44
    August 11, 2010			http://bizeigo.seesaa.net/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

LAタイムズが一石を投じました
(編集後記にて)

───────────────────────────────────
★ これまでの復習
───────────────────────────────────

今週は夏季休暇を取っている方も多いと思うので
この号はいつもの内容ではなく、復習にあてたいと思います。
最近このメルマガに登録してくださった方は
併設するブログ(http://bizeigo.seesaa.net/)を参考にして下さい。
画面左にある「検索」機能が便利です。

今回は私からの回答を掲載しません。
ご自分でやってみて添削をご希望される方は直接Eメールでお送り下さい。
メルマガで紹介したもの以外でも「こんなのはどう?」という提案があれば
どんどん送って下さい。責任を持ってリビューさせていただきます。

カッコ内に記したシチュエーションを想定しながら
以下の文を英語で表現してみて下さい。

 1) 当社は8月12日から15日まで夏季休業ですのでご注意下さい。
  (顧客に夏休みを知らせるEメールで)

 2) ご質問があればお気軽にご連絡下さい。
  (Eメールの締めくくりのフレーズとして)

 3) 御社への訪問の件でご連絡しています。
  (取引先へのEメールの冒頭で)

 4) 私は8月31日にサンフランシスコに到着する予定です。
  (出張の予定を相手に知らせる時のフレーズとして)

 5) サインをいただけますか?
  (承認として上司に署名を依頼する時に)

 6) 申し訳ありませんがこのモデルは入荷待ちとなっています。
  (製品に対するお客からの問い合わせに対して)

 7) 当社ではこれ以上お力になれないのではないかと思います。
  (相手からの要求に対する断りのフレーズとして)

 8) 個人情報は公開されませんのでご安心下さい。
  (顧客に個人情報を聞く時の注意事項として)

 9) お支払いが期限を過ぎていることを懸念しています。
  (支払いを催促する時の丁重な言い方)

 10) お客様の未払い額は1200ドルです。
  (支払いを催促する文書で)

 11) 海外発送への追加料金はありますか?
  (海外の企業に物品を注文する時の質問として)

 12) 最近の注文における賠償請求を行いたいと思います。
  (注文した品に欠陥があった時)

 13) 今日、1ヵ月ぶりに残業しました。
  (応用です。「~ぶりに」の表現を覚えていますか?)

 14) 今夜は取引先を接待しなきゃならないんだ。また次回誘ってよ。
  (友達から「今夜飲まない?」と誘われた時の返事として)

 15) ここは会社がお支払いします。
  (取引先を接待する会食の席で)


100%日本語の通りでなくて構いません。
言いたいことが伝わる文を自由に考えてみて下さい。
全問回答していなくても添削しますのでお気軽にどうぞ。
一応、締切は8月31日(火)にしておきます。


───────────────────────────────────
★ 編集後記
───────────────────────────────────

こちらでは今、公務員の給与スキャンダルが大きな話題となっています。
ロサンゼルス市に隣接するベル(City of Bell)という市の議員や職員が
全米最高と思われる法外な報酬を受け取っていたことが発覚しました。

ベルは人口約3万7000人の小さな市で、
住民の世帯平均年収も3万ドル(約250万円)以下と低く、
いわゆる貧困地域が多く存在する自治体です。
ところが、市の総務責任者には年間80万ドル(約7000万円)、
非常勤の市政代行官補佐に37万ドル、やはり非常勤の市長に10万ドルという、
常識では考えられない給与が支払われていました。
ちなみに、税金から支払われるオバマ大統領の給与は40万ドルです。

これをスッパ抜いたのは地元紙のロサンゼルスタイムズで、
同紙はベルの不明瞭な給与システムに対する特集を組み、
連日のようにこの問題を報道しています。
他のメディアやテレビ局も注目するようになり、
カリフォルニアの州務長官が調査に着手しました。
ベル市の住民に対する詐欺罪なども視野に入れており、
刑事事件に発展する可能性も出てきました。
経過が非常に気になるところです。

最近、インターネットや電子媒体に押されて
非常に苦しい立場に立たされているアメリカの新聞ですが、
LAタイムズは今回の事件を通じて
新聞ジャーナリズムの底力を発揮したと言えます。

また来週お会いしましょう。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ☆ アメリカ発 ビジネス現場の英語 ☆
▽発行人 さとうみゆき (info@imtc-usa.com)
▽発行媒体 まぐまぐ	ID: 0001029902
▽配信の登録、変更、解除 http://www.mag2.com/m/0001029902.html
▽許可のない二次使用、転載を禁じます。

~バックナンバーはブログに掲載しています http://bizeigo.seesaa.net/
~一緒に英語でつぶやきませんか? http://twitter.com/satomiyuki

発行人プロフィール 
http://bizeigo.seesaa.net/article/146762292.html

発行人著書:
写真で覚えるビジネス英語 オフィス編   http://bit.ly/cEGZTd
写真で覚えるビジネス英語 商談・交渉編  http://bit.ly/9yulzm
写真で覚えるビジネス英語 海外出張編   http://bit.ly/dqjwkH

ご質問やご意見があれば、お気軽にご連絡下さい。
このメルマガに返信する形でEメールが送れます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このメルマガは現在休刊中です

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む