渡辺カツユキの日本一元気になるビジネスマガジン

日本一元気第3009号【渡辺勝幸一般質問】答弁要旨(後半)【第366回宮城県議会】

【最近私が読んだおもしろかった本】


第1位 竹村 亞希子『リーダーの易経「兆し」を察知する力をきたえる』
⇒ http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4047313777/cuccakatsu-22/ref=nosim

第2位 北方謙三『チンギス紀 一 火眼 単行本』
⇒ http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4087711323/cuccakatsu-22/ref=nosim

第3位 湯澤剛『ある日突然40億円の借金を背負う──それでも人生はなんとかなる。』
⇒ http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4569825486/cuccakatsu-22/ref=nosim

第4位 ピーター ナヴァロ著、赤根洋子訳『米中もし戦わば』
⇒ http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4163905677/cuccakatsu-22/ref=nosim

第5位 三條慶八『会社と家族を守って借金を返す法』
⇒ http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4894516241/cuccakatsu-22/ref=nosim



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 日本一元気になるビジネスマガジン

  第3009号 平成30年12月10日(月)発行
  発行部数 11,999 部

【渡辺勝幸一般質問】答弁要旨(後半)【第366回宮城県議会】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━








【渡辺勝幸一般質問】答弁要旨(後半)【第366回宮城県議会】


12月5日、
第366回宮城県議会(平成30年11月定例会)において、
渡辺勝幸は一般質問に立ちましたので、

このメルマガで数回に渡って、
一般質問の内容等についてお伝えしました。


今回は、質疑に対する答弁内容後半について、
お伝えしたいと思います。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


【大綱3】歯と口腔の健康について以下2点について知事の所見を伺いたい。


(1)歯と口腔の健康啓発運動を更に推進し、歯科医師会等と連携して普及啓発を進め、
  歯科検診の必要性や家庭等での取組の正しい知識・情報を提供していく必要があると思うがどうか。

知事の答弁:
日常の適切な口腔ケアや定期的な歯科検診により、歯と口腔の健康を維持することは、
全身の健康維持・増進にも大切であり、県民への普及啓発が重要であると考えている。

県民に向けた普及啓発は、主として市町村が、検診や健康イベント等の機会を捉えて行っており、
県では、市町村職員を対象とした研修会を実施するとともに、
妊娠期・乳幼児期の口腔ケアに関するリーフレットを配布するなど、
ライフステージに応じた情報提供に努めているところ。

また、より広域的な取組が必要となる職域での普及啓発については、
県歯科医師会や全国健康保険協会宮城支部等と連携し、
各圏域で事業所の健康づくり担当者を対象として、歯周病の予防対策等の研修会を実施している。

県としては、今後とも、県歯科医師会や市町村等と連携して、様々な場面で、
歯と口腔の健康に関する正しい知識の普及啓発に積極的に取り組んでいく。


(2)特に在宅療養中の要介護高齢者は、十分な口腔ケアを受ける機会が少ない場合もあり、
  高齢者の歯と口腔の健康維持施策を今後更に推進すべきと思うがどうか。

保健福祉部長の答弁:
高齢者の歯と口腔の健康を維持するためには、本人はもとより、
周囲の支援者による適切な口腔ケアが必要であると考えている。
そのため、県では、県歯科医師会と連携し、歯科医師のほか、歯科衛生士、
介護職員等多職種を対象とした研修会を実施することにより、
地域の歯科医療機関や高齢者施設等との連携強化を図るとともに、
在宅歯科診療に必要な機器を貸し出しするなど、
在宅要介護者等の歯と口腔の健康を維持する体制の構築に取り組んでいるところ。
今後とも、県歯科医師会や市町村、介護サービス事業所等と連携し、
地域における訪問歯科診療の充実を図ることにより、高齢者の歯と口腔の健康づくりを推進していく。



【大綱4】河川関係事業費の確保及び水系単位の圏域防災について
     以下2点について知事の所見を伺いたい。

(1)河川関係事業費予算が不十分であることから、
  河川改良費及び河川維持修繕費の予算確保を国に強く求めるとともに、県の取組も推進すべきと思うがどうか。

土木部長の答弁:
県では、河川や流域の特性等を踏まえ、人口や資産が集積する大規模河川や水害常襲河川を中心に、
計画的に河川整備を進めるとともに、河川の流下能力を早期に確保するため、
堆積土砂の撤去や支障木の伐採について、流水への影響や背後の土地利用状況などを踏まえ、
優先度を定めながら実施している。
特に、名取川や広瀬川などについては、関東・東北豪雨を踏まえて策定した
「災害に強い川づくり緊急対策事業アクションプラン」に基づき、
予算を拡充しながら河道掘削や支障木伐採などを緊急かつ集中的に実施している。
また、近年、集中豪雨等が頻発化しており、水害リスクが高まっていることから、
今後も河川の整備や維持管理に重点的に取り組む必要があると認識している。
県としては、現在、国が検討している「防災・減災及び国土強靭化のための緊急対策」の
予算を確実に確保していくとともに、河川整備や維持管理に必要な予算について、
引き続き国に対して強く要望し、名取川や広瀬川を含め、重点的に取り組んでいく。


(2)国のビジョンに基づき河川の水系単位での圏域防災の取組を進め、
  各自治体と連携を図ることが治水の観点からも重要であり、更に推進すべきと思うがどうか。

近年、気候変動に伴う集中豪雨が頻発化していることから、
「施設では防ぎきれない大洪水は必ず発生すること」を前提とした国のビジョンに基づき、
河川管理者や市町村などの関係者が一体となり、
減災に向けた取組を推進していくことは大変重要であると認識している。
我が県においても、国や市町村などの関係機関で構成する減災対策協議会を5つの圏域に設置し、
昨年度末までに、全ての県管理河川を対象として、今後5か年の「減災に係る取組方針」を策定した。
この方針を基に、河川整備などのハード対策と併せ、
円滑な避難確保に向けた浸水想定区域図の作成や、避難場所の相互利用をはじめとする
市町村の広域的連携など、ソフト対策を進めているところ。
また、今年度は、7月の西日本豪雨を踏まえ、
被害状況や被災地での課題などについて情報共有を図り、
特に住民にわかりやすい洪水ハザードマップの策定と、その更なる利活用を図っていくこととしている。
県としては、引き続き、減災対策協議会の取組方針に基づき、「人的被害ゼロ」の目標に向けて、
市町村などの関係機関と密接に連携しながら、
ハード・ソフト一体となった取組を鋭意推進していく。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


質問内容についてのご感想、
ご意見、ご質問などいただければありがたく存じます。

すべてにお返事はできませんが、
今後の活動に役立ててまいります。





「渡辺勝幸 宮城県議会県政活動報告」(ブログ)
⇒ http://cuccanet.blog72.fc2.com/blog-category-42.html



ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【渡辺勝幸一般質問要旨】

【大綱1】県民の体力向上・障害者スポーツの推進について
     以下5点について知事及び教育長の所見を伺いたい。

(1)「復興五輪」として東京オリンピック・パラリンピックを成功させるため、
  県が大会に向けた機運醸成を主導すべきと思うが、
  今後の具体策と知事の意気込みについてどうか。

(2)運動部活動への新たな支援や総合型地域スポーツクラブの設立支援等により、
  県民のスポーツ参加機会を増やすべきと思うが、
  県民の体力向上のための施策展開についてどうか。

(3)宮城県障害者スポーツ協会の基盤体制の充実も含め、
  各地域の課題に対応した障害者スポーツの実施環境整備が必要だと思うがどうか。

(4)障害者スポーツの指導者養成について、地域偏在を防ぐため、
  市町村をはじめとした福祉関係者と協力した仕組みづくりが重要だと思うがどうか。

(5)特別支援学校の体育施設を開放する仕組みづくりや
  障害者スポーツ団体と社会福祉施設の連携など、
  特別支援学校卒業後の障害者のスポーツ参加の促進について見解はどうか。


【大綱2】子供たちの教育に関する課題について
     以下4点について知事及び教育長の所見を伺いたい。

(1)思いやりや助け合いなどの福祉の価値を学ぶことが子供の成長の糧になることから、
  障害者スポーツを通した福祉教育を推進すべきと思うがどうか。

(2)小・中・高等学校における出前授業や職場体験は、
  各業種の後継者不足の解消やキャリア教育の観点からも効果が大きいと思うが、
  現状及び今後の展開についてどうか。

(3)不登校対策として、子どもの気持ちに寄り添いながら
  保護者に対してもアドバイスを行う訪問型の家庭教育支援が急務だと思うがどうか。

(4)若い世代に北朝鮮による拉致問題を伝えることは人権啓発としても重要であることから、
  石巻管内のみならず全県に拡大して継続的に啓発活動に取り組むべきと思うがどうか。


【大綱3】歯と口腔の健康について
     以下2点について知事の所見を伺いたい。

(1)歯と口腔の健康啓発運動を更に推進し、歯科医師会等と連携して普及啓発を進め、
  歯科検診の必要性や家庭等での取組の正しい知識・情報を提供していく必要があると思うがどうか。

(2)特に在宅療養中の要介護高齢者は、十分な口腔ケアを受ける機会が少ない場合もあり、
  高齢者の歯と口腔の健康維持施策を今後更に推進すべきと思うがどうか。


【大綱4】河川関係事業費の確保及び水系単位の圏域防災について
     以下2点について知事の所見を伺いたい。

(1)河川関係事業費予算が不十分であることから、
  河川改良費及び河川維持修繕費の予算確保を国に強く求めるとともに、
  県の取組も推進すべきと思うがどうか。

(2)国のビジョンに基づき河川の水系単位での圏域防災の取組を進め、
  各自治体と連携を図ることが治水の観点からも重要であり、
  更に推進すべきと思うがどうか。


【一般質問要旨ここまで】
───────────────────────────





■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


【第5回渡辺勝幸政策フォーラム】

平成30年12月19日(水)

講演会 午後6時30分より
サッカー日本代表コーチ、元ベガルタ仙台監督の
手倉森誠さんをお迎えし、講演をしていただきます。

懇親会 午後7時30分より
仙台市青葉区にて

会費7000円(この催物は、政治資金規正法8条の2に規定する政治資金パーティです)

ご参加希望の方はぜひご連絡ください。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【編集後記】

歯の健康、河川の整備などは地域での気づきでした。






今日のメルマガはいかがでしたか。
読んでいただきありがとうございます。

「よかった」と思われた方、「イイネ」と思われた方、
感想を伝えたい、
こんな元気になる話を紹介したい、
いい話を紹介したいという方は、
以下をクリックして教えていただけるとうれしいです


http://clap.mag2.com/wruuouruui?3009


いただいたご感想は、
メルマガ上などで取り上げさせていただくことがあります。

ご了承のうえ、ご投稿いただきますようお願いします。
もちろん、掲載不可の場合はその旨、ご記入ください

なおここでのご感想は300字までとなっておりますので、
渡辺に300字以上の感想を送りたいという方は、
watanabekatsuyuki@yahoo.co.jp
までお送りください。





【最近私が読んだおもしろかった本】


第1位 竹村 亞希子『リーダーの易経「兆し」を察知する力をきたえる』
⇒ http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4047313777/cuccakatsu-22/ref=nosim

第2位 北方謙三『チンギス紀 一 火眼 単行本』
⇒ http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4087711323/cuccakatsu-22/ref=nosim

第3位 湯澤剛『ある日突然40億円の借金を背負う──それでも人生はなんとかなる。』
⇒ http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4569825486/cuccakatsu-22/ref=nosim

第4位 ピーター ナヴァロ著、赤根洋子訳『米中もし戦わば』
⇒ http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4163905677/cuccakatsu-22/ref=nosim

第5位 三條慶八『会社と家族を守って借金を返す法』
⇒ http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4894516241/cuccakatsu-22/ref=nosim









───────────────────────────────────
【メルマガ広告掲載のお問い合わせはこちらから】

この日刊メルマガに広告を出してみませんか?

おかげさまで広告のお問い合わせをたくさんいただいております。
意識の高い勉強熱心な読者様向けの広告が、過去に掲載されております。


 ヘッダー広告 10,800円
 号外広告   64,800円

お気軽にお問い合わせください。お問い合わせはこちらからお願いいたします。

⇒ http://www.tsukurusendai.com/content/30




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「渡辺勝幸の日本一元気になるメールマガジン」
発行:株式会社つくる仙台
発行者:渡辺勝幸

バックナンバーはこちらのブログでどうぞ!
⇒ http://cuccanet.blog72.fc2.com/?mm=3009



【起業集団株式会社つくる仙台】
⇒ www.tsukurusendai.com
〒984-0816
 仙台市若林区河原町1-7-29-101
TEL 022-398-6266
FAX 022-398-6269


【Twitter】⇒ @katsuyuki510
【Facebook】⇒ facebook.com/katsuyuki.watanabe



お問い合わせはこちらからお願いいたします。
watanabekatsuyuki@yahoo.co.jp

メールマガジンの登録・解除はこちらから
http://www.mag2.com/m/0001672704.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





【渡辺勝幸の日本一元気になるメールマガジン】

【仙台発!】政治家であり起業家である渡辺勝幸の日刊メルマガ。
8年以上、2,900日以上連続でメルマガを書いています。
政治経済の裏事情、起業家、経営者向けのおトク最新情報を、独自の視点と素早く貴重な情報で、
意識の高い経営者、ビジネスパーソンに毎日お届け。
1通20円ですが、得られる情報はメディアにないものとなります。
失業、起業、震災、選挙落選、そして当選とここ数年波乱万丈な人生を送っている筆者が、東北の真の復興のための活動報告も。
著者は宮城県議会議員(仙台市若林区)43歳。
起業集団株式会社つくる仙台経営(起業支援、創業スクール事業)、東北大学大学院講師。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

このメルマガは日刊です。
関心のありそうな方にぜひご紹介してくださればうれしいです。

また、
ブログやメルマガでご紹介してくださっている方がいらっしゃればご連絡ください。
このメルマガでも相互紹介したいと思います。

日 フリー(政治経済)・読者の声
月 元気の出る話
火 昭和時代の私の履歴書
水 フリー
木 起業・経営のヒント、つくりすと(つくる仙台公認コンサル)記事
金 フリー
土 music

基本的には渡辺の書きたいことをただ書くというスタンスです。
そして読者の声を大切に、そしてそこからスピンオフさせながらメルマガを書いていきます。




【渡辺勝幸プロフィール】

渡辺勝幸(わたなべかつゆき)

昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市出身。43歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園。
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業。
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業。
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回、二年間応援団長を務める)。
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業。
     国会議員政策担当秘書資格試験合格。

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書。
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了。
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)。
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職。

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
          宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
          宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。


現在
宮城県議会議員(仙台市若林区)
 宮城県議会 議会運営委員会 委員。
 宮城県議会 文教警察委員会 委員。


自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。

北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。

宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会	副会長。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA 会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
 沖野東学区民体育振興会参与。沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。



事業計画・会社設立・ネット集客支援をはじめ、補助金に関する相談など、
起業・経営全般に関するアドバイスをしている。
平成21年よりはじめたビジネスについてのメールマガジンは好評を博し、
現在日刊で2,900日以上毎日書いている。

また仙台市内で政治活動をしており、
早朝の街頭演説は700回以上継続している。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


【平成30年重点目標】

1、宮城県議会議員として、政策立案能力を極め、発信する。

2、宮城を全国に売り込み、世界に売り込む。

3、起業家とのネットワークをつくる。



【平成30年目標】

1、2020年代に、日本に新しい政治体制をつくるための下地づくりをする。

2、県民の声を多く聞き、政策立案し、
よりよい制度を構築し、結果にこだわる。
この過程を広報する。

3、平成31年の宮城県議選において当選するために、
投票率が平成27年よりも5%上がる(目標36.28%)活動をする。

4、朝の街頭活動を年60回を目標に継続する。

5、県政報告会を議会定例会ごと(年4回)に区内各地で開催。
県政レポートを議会定例会ごとに発行する。

6、政治活動を活発化させるために、
後援会組織の充実、政治資金の安定的確保をめざす。


7、宮城県と海外をつなぐ活動を活発化させる。

8、憲法改正運動に取り組む。


9、中小企業支援とともに、起業志望者のコミュニティ、活動の場をつくる。

10、起業を盛んにするための、起業教育に取り組む。
次世代を担う若い世代の志を立てるための取り組みを実践する。


11、仙台の小中学生が育つ環境をよりよいものにする。

12、メルマガを毎日発行する。

13、全国にいるメルマガ読者と会い、さまざまな話を聞く機会を年に二回つくる。

14、オススメできるような本を月に5冊は読み、アウトプットする。

15、同じ志を持つ若い政治家を全国につくり、交流を深める。
東北を知り、東北発世界の可能性を模索する。

16、日々流されることなく、2050年をにらんで勉強する。
エネルギー戦略、食料増産、地球を育てる。


17、健康な体をつくるために定期的に運動をする。





■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】
⇒ http://cuccanet.blog72.fc2.com/blog-entry-2450.html

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】
⇒ http://cuccanet.blog72.fc2.com/blog-category-31.html


渡辺カツユキの日本一元気になるビジネスマガジン

発行周期: 日刊 最新号:  2018/12/10 部数:  11,994部

ついでに読みたい

渡辺カツユキの日本一元気になるビジネスマガジン

発行周期:  日刊 最新号:  2018/12/10 部数:  11,994部

他のメルマガを読む