経営脳+IT脳が成功を10倍加速させる

【経営脳+IT脳で成功】第一弾!あなたは、どうだ?「成功できない人?できる人?」

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 経営脳+IT脳が成功を10倍加速させる     [2012.7.17号]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
【第一弾!あなたは、どうだ?「成功できない人?できる人?」】


ネットde経営塾を開塾したのが2010年5月のことなので、
早、2年以上の歳月が過ぎ去った。

この間に本当に色々な塾生さんとコミュニケーションしてきたのだが、
つくづく、分かってしまったことがある。

なにが分かってしまったのかというと・・・


「あっ、この人は大丈夫だ」


「うーん、この人は厳しいなぁ」


こういうことが、2~3回、スカイプやメールでやり取りすると
分かってしまう。


これは、2年以上、色々な人と接し、成功したケースや失敗したケース、
消息不明になるケース(笑)なども含めて経験してきて、触覚の様なものが
発達してきたのかも知れない。


今回から数回に渡って、この触覚で感じる「この人は厳しいなぁ」という
部分を文書に落としてみることにした。


あなたが、成果がなかなか出なくてジレンマしている状況なら、きっと、
思い当たる節もあると思う。

この「思い当たる」というのが、実は、ビジネスでも、スポーツでも、
勉強でも結果を出すための強烈なスパイスになったりする。

共感できる部分もあれば、「うーん」という部分も当然あるだろうが、
すべて、わたしの私感なので参考までに眺めて見ても、時間の損には
ならないだろう。


まず今回はその第一弾。


あなたは、早く結果を出したいと近道を探していないか
---------------------------------

もしくは、

「早くライバルよりも秀でたいと、焦っている」
「誰かに追いつきたいと、ジレンマしている」

というのも同じことだ。

ようは「結果」を急いで求めようとしているということ。
「結果」というより「成果」と言った方がいいかな。

特にブログやSNSなどに浸っている人にこの傾向が強い。

ブログやSNSで読者や友達が多くて、華々しく活躍していそうな人
を見て、自分もあんな風になりたい、あんな風になれるのかと憧れる
のは良いのだが、その方法を得るために、彼らの商法にドップリとハ
マってしまったり、ノウハウコレクターになってしまう。

気が付けば、彼らのセミナーや会員に登録したり、手っ取り早く売る
方法みたいな情報に結果の出ない時間とお金を消費してネットde経営
塾にやってきた方。

こうい方と話をすると、直ぐに分かる。

「xxxっている無料ツールで、アクセスアップしたのですが」

「xxxサイトに登録するとアクセスが爆発的に増えるんですよね」

「メルマガの読者は、xxx人位いて、ずっと継続してます」

「ブログ読者もxxxx人いるので、本格的に売上を上げたい」

こんな感じの話が必ず出る。極めつけが・・・

「だいたい僕、パソコンあまり得意ではないんですよ」

「難しいことや面倒なことが苦手でできないんです」

「メルマガやブログをやめたら今のお客さん減るので、
 なかなか、ホームページに取り組む時間が無いんです」

こんな言葉を聞いたら【要注意】だ(笑)

だって、この人の裏にある心理って、

・他人が知らなくて

・簡単に(楽に)

・アクセスを集めるて、売り上げる

・しかもお金をかけずに


こんな方法を望んでいる。俗にいう裏ワザである。

ちなみに、ブログとかSNSで儲けると息巻いている人も、それ自体
がこの裏ワザと同じことだ。

考えて欲しい、仮に、こんな裏ワザがあったとしても、このワザを
あなた自身がコントロールできるのだろうか?

裏ワザなんてものは、多くの人が、このワザを使ってしまったら、
裏ワザでもなんでもなくなる。そもそも簡単に使えるワザなんだから
誰でも使えるワザだ。ブログやSNS自体が、いい例だ。

誰でも簡単に無料で情報発信できる、言わばホームページの裏ワザツ
ールだ。

だから、こういうことことに捕らわれている人は、簡単に結果を欲し
がるのだが、「成果」は得ることがなかなかできない。


もう一つは、「お金に困っている人」

今現在、資金繰りに困窮していて「まずは、資金繰りを改善する」とい
う目的でインターネット販売に人生を掛けようとしている人。

確かにインターネットを活用して売上を上げるのは少ない資本で可能だ。

実店舗の家賃に当たるのはサーバー使用料やドメイン使用料などで
年間を通しても2万円程度で済む。

自分でホームページを作れば、その費用も限りなく0(ゼロ)に近づく。

こういう人は、集中してホームページを作成して公開できれば、収入が
期待できるという、一念で時間とコストを掛けて取り組むケースが多い。

だが、公開しても直ぐにお客さんからの注文が入る訳では無い。

そんなに簡単なことではないのだ。

SEOのアドバイスも聞いて、まじめに取り組んでも、Googleのの検索
エンジンに作ったホームページがインデックスされるまでに時間がかか
るし、上位に表示されるまでには数か月の期間がかかる。

ホームページ作成で、時間とコストを使い果たしてしまっているので、
そんな期間は待っていられないのだ。

直ぐにアクセスを集めるには、PPC広告が手っ取り早いのだが、有料
の広告に踏み切る余裕も勇気も無い。

まさに八方ふさがり状態である。

こんな人は、ホームページを作ることに全集中してはいけない。
これは近道ではなく、結果的には遠回りという結果になり、悪くすれば
脱落することになる。

まずは、新聞配達でも、牛乳配達でもなんでもいいから仕事をして、
入ってくるお金の流れを作ることだ。

それと並行して、ホームページを作るのである。

「貧ずれば鈍ずる」とはよくいったものだ。


いかがだっただろう?

もし、あなたが耳の痛い思いをしたのなら、それはラッキーなことだ。

だって、自分を次のステージにあげる方法が、分かったではないか。


華やかに見ている成功者達だが、実は彼らは小さくて退屈なことを、素直
にコツコツと積み上げて来ている。

殆どの人が、面倒でやりたがらないことを実際にやっているのだ。


その証拠に、成功している会社や人はWEBサイトでよく見かけないか?

広告をクリックしたら、
「あっ、この会社(人)ってこんなとこにも」って思うことあるでしょ。

あらゆる場所に、コツコツと取り組んでいるからナンバー1になるのだ。


道を閉ざしてしまっているのは、あなた自身かもしれないぞ。




「いざ!ゴールへ」 from 川端



PS.

今すぐに、インターネットに取り組みたい!売上を上げてみたい!
ホームページを作りたい!という、あなたは、是非、「ネットde経営塾」
の門を叩いてみてもらいたい。

川端がマンツーマンでメールやスカイプを活用してアドバイスする塾だ。

川端へのコンタクトは、以下のURLをクリック。


●ネットde経営塾の【塾生受付中】
 http://www.firstitpro.jp/content1.html


●入塾前に「塾長 川端が直接相談に応じます」お気軽にどうぞ
 http://www.firstitpro.jp/kawabata_qa.html


■お知らせ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 独自配信メルマガへの切り替え登録をお願いします
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

実は、このメルマガ、「経営脳+IT脳が成功を10倍加速させる」なん
ですが、独自配信メルマガとしても、同じ内容を配信しています。

これからは読者のみなさんに、もう少しスポット的な号外情報など、
この「まぐまぐ」ではお伝え出来ない情報も、独自配信メルマガでは、
お伝えしていこうとおもっています。

変な前後の宣伝広告なども無くなりスッキリと読めるのも良い点です。

独自配信メルマガへの登録は以下のアドレスに「空メール」を送信頂く
か、メールアドレスを登録フォームから入力して頂くかで完了します。

是非、内容の濃い独自配信メルマガに切り替えて、ご購読ください。

▼空メールの送信先
t+53945@1lejend.com

▼登録フォーム
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=53945

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

発行者情報 

 FIRSTITPRO 代表コンサルタント 川端俊之

■FIRSTITPROの『給与計算ソフト販売』サイト
 http://www.firstitpro.com/

■FIRSTITPROの『ネットde経営塾』サイト
 http://www.firstitpro.jp/

■FIRSTITPRO代表 川端俊之のブログ
 http://ameblo.jp/firstitpro/

■Twitterでもつぶやいてます。フォロー歓迎!
 http://twitter.com/firstitpro

■facebookもやってます。友達募集中!
 http://twitter.com/firstitpro

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このメルマガは現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む