経営脳+IT脳が成功を10倍加速させる

「あなたはナニ屋さん?」自分を簡単な言葉で伝える2つの方法

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 経営脳+IT脳が成功を10倍加速させる     [2012.5.30号]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
【「あなたはナニ屋さん?」自分を簡単な言葉で伝える2つの方法】


このメルマガを読んでくれている、あなたは知っているでしょうが、
わたしは、小さな会社のIT絡みの経営コンサルをやってます。

こういう言い方すると、凄く分かりずらいですよねぇ。

「IT絡みの経営コンサル」ってフレーズは、なんとなく分かりそう
で分からない。実態がイメージできないですもんね。

「ふーん、そうなの」って終わってしまうんですわ。(笑)

なので、随分前から、新規のクライアントさんを紹介して頂いたり、
はじめてお会いする方には、違う言い方をしてます。

どういう言い方をしているかというと…


「ホームページを使って集客したり売上を
 上げることのアドバイスをしてます。」

「興味があれば、ご相談ください。
 必ずホームページで売上を上げるられる様になりますから」


こんな具合です。伝わりますかね?(笑)


実際には、現在、お付き合い頂いているクライアントさんは
ホームページというよりも、自社システムの電算化のアドバイス
から始まって、ホームページからの注文を自社システムに流し込んで
顧客管理まで連動し、それをさらにマーケティングに活用するという
仕組みの構築などをアドバイスさせて頂いてます。


こうなってくると、IT絡みの経営コンサルってことになるわけです。

でも、初めての方には、こんな話をしても伝わりにくい。(笑)



▼簡単な言葉でシンプルに伝えることって結構難しい


自分のやっている仕事の内容を、初対面の方に、興味を持って
もらえるようにセールストークするのって意外に難しい。

よくあるのが、だらだらと商品の特徴やら、会社の勢いだとか、
なにができる、これもできると、そんなことを並べ立てて話すパターン。

結果的に、話が長くて、なにが言いたいのか、よくわからない。


みんな、自分の仕事に関しては、ある種のプライドみたいなもんも
あるし、その道のプロ。当然、ライバル社などと、いつも戦ってる
わけで、プロ同士が切磋琢磨した中で自分のところの商品やサービス
を選択してくれているお客さんがいる。


そんな思いや、こだわりから積上げた実績を含めて、、

「うちはこんなこだわりがあって、こんなことをしているんです。
 価格も頑張っているし、質も良いんですよ」

とやり出すものだから、話は長くなって、逆に伝わらないんですよね。
というか、話半分で聞かれてしまうことになります。

こんな話、聞かされた経験、あるでしょう?


冒頭で言った、「ふーん、そうなの」って終わってしまう話。(笑)



▼では、どうやって伝えたら良いのだろう?

お勧めの方法があるので、シェアしますね。

自分の会社や自分の商品(サービス)を、自ら売り込むのは難しいの
ですが、あなたの商売のお客さんや取引先が、あなたの商品やサービス
を他の人に紹介するのって比較的、簡単なんです。

この紹介文句を、パクればいいのです。(笑)

とは言っても「どうやってよ?」となりますので、
2つ程、その方法をあげておきます。

【その1】
あなたの商品(サービス)を利用している人・知っている人達に
ざっくばらんに聞いてみてください。

「うちの商品(サービス)を他の人にススメルとしたら
 なんて言ってすすめます?」


【その2】
実際に取引先の方と同席の場で、人を紹介してもらう場面では
「すみませんが、わたしの(商売)こと簡単に紹介して頂けますか」
と言って紹介してもらいましょう。その時の言葉を記憶してください。


冒頭で言った、わたし自身の紹介文句。

実は、わたしのクライアントの社長さんから、知人の社長さんを
ご紹介頂いた時に、わたしのことを、あんな風に紹介して頂いたんです。

それ以来、パクらせてもらってるということです(笑)


「なーんだ、最近よく言われる、お客様視点、目線ってやつか」

と思うでしょうが、ちょっと違うんですよね。



▼お客様視点とか目線とかってのは実はマスターベーション


お客様視点とか目線というものの「お客さん」というのは、
あなたが想像(イメージ)している「お客さん」、それも見込客の
場合が多いですよね?

いわゆる妄想客です。

これをマスターベーション客って、わたしは言ってます(笑)

今回の話でいう「お客さん」というのは既存客のことですし、
取引先というのも実際に取引している業者さん達のことです。

あなたの会社や商品(サービス)のことを体感している人達です。

これにすごく近いのが「お客様の声」っていうやつ。
なんで、「お客様の声」というのが必要不可欠なのかというと、
企業側からすると商品アピールするのに、企業側から商品のいい
ところだけをセールスしても押し付けになって、お客様の関心を引
きにくいからです。

実際に体験したお客様の声を聞いてもらうほうが真実味があるし、
共感されやすいからですよね。

マスターベーション客では無くて「リアル客」の声ということです。



▼「リアル客」(既存客)から学べ

これまでお話ししたように、「リアル客」(既存客)の言葉というのは
は非常に真意を突いてきます。そして分かりやすい。

あなたが自分の商売の事を語る場合と、もしかしたら全く別の価値の話
をされる場合もあります。受け手側の感覚というのは、送り手側の想定
を超えることもあるのですが、これは重要な学びですね。

どうでしょう、あなたのお客さんや取引先から、学んでみてください。

そして、この質問に答えてみましょう。

「あなたはナニ屋さん?」

自分を簡単な言葉で相手に伝えましょう。




追伸.
 ちなみに、「俺は”とんかつ屋”だ!」というのは回答NGですよ(笑)

追追伸.
 そういえば皆さんに報告があります。
 私事ですが、本年4月から「東京商工会議所のWEB戦略パートナー」
 として選抜され活動が始まりました。登録会員の方がおられましたら
 こちらから、質問すると私が回答するかもしれません(笑)
 
 http://faq-it.tokyo-cci.or.jp



「いざ!ゴールへ」 from 川端




●ネットde経営塾の【塾生受付中】
 http://www.firstitpro.jp/content1.html


●入塾前に「塾長 川端が直接相談に応じます」お気軽にどうぞ
 http://www.firstitpro.jp/kawabata_qa.html


■お知らせ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 独自配信メルマガへの切り替え登録をお願いします
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

実は、このメルマガ、「経営脳+IT脳が成功を10倍加速させる」なん
ですが、独自配信メルマガとしても、同じ内容を配信しています。

これからは読者のみなさんに、もう少しスポット的な号外情報など、
この「まぐまぐ」ではお伝え出来ない情報も、独自配信メルマガでは、
お伝えしていこうとおもっています。

変な前後の宣伝広告なども無くなりスッキリと読めるのも良い点です。

独自配信メルマガへの登録は以下のアドレスに「空メール」を送信頂く
か、メールアドレスを登録フォームから入力して頂くかで完了します。

是非、内容の濃い独自配信メルマガに切り替えて、ご購読ください。

▼空メールの送信先
t+53945@1lejend.com

▼登録フォーム
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=53945

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

発行者情報 

 FIRSTITPRO 代表コンサルタント 川端俊之

■FIRSTITPROの『給与計算ソフト販売』サイト
 http://www.firstitpro.com/

■FIRSTITPROの『ネットde経営塾』サイト
 http://www.firstitpro.jp/

■FIRSTITPRO代表 川端俊之のブログ
 http://ameblo.jp/firstitpro/

■Twitterでもつぶやいてます。フォロー歓迎!
 http://twitter.com/firstitpro

■facebookもやってます。友達募集中!
 http://twitter.com/firstitpro

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このメルマガは現在休刊中です

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む