経営脳+IT脳が成功を10倍加速させる

12.1.30号 【あなたはセールスレターで売上が上がると思いますか?】

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 経営脳+IT脳が成功を10倍加速させる     [2012.1.30号]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
【あなたはセールスレターで売上が上がると思いますか?】



今回は、まずあなたへの質問から入ります。

「レターの書き方で、売上が上がるって心から信じられますか?」


どうだろう?

たぶん、リアルに広告を打ったり、ホームページでヘッドラインを
触ったり、PPC広告で悩んだりした経験がある方は、


「もちろん、信じられる」って答えると思います。



では、ちょっと、質問を変えてみます。


「レターの書き方で、売上が変動すると心から信じられますか?」


どうだろう。


先の質問で、「うーん、どうかなぁ~?」と思っていた、あなたは
今回の質問には、こう思ったと思います。


「うん、それは変動するでしょう」


実は、この質問自体が、レターの書き方に通ずる部分があるんです。




▼テクニックに翻弄される前に


「売上が上がる」

「売上が変動する」

この2つの表現で、反応が変わってくるのは分かりますよね。

そう、前者は「売上が上がる」という1つの選択を問うもので、
後者は「売上が上がる」「売上が下がる」2つの選択を問う表現です。

当たり前のように思うかもしれませんが、何気なく書いているレター
のヘッドラインでも、これに似た過ちを犯しているケースは多くあります。


今回、気付いてもらいたいのは、どちらの表現を使うかで、
反応するお客さんが変わってくるということです。


前者の表現で質問すると、

・売上を上げた経験がある人



後者の表現で質問すると、

・売上を上げた経験がある人
・売上を上げた経験の無い人
・レターで売上が上がったのか分からない人
・売上が下がった人


こんな人達が質問にイエスと反応するわけです。



この中には、以下の人達はノーと答えているかも知れないですよね。

・レターを書いたことが無くて判断できない人
・レターを書いても、売上はズーと横這いの人
・そもそも売上自体を意識していない人


ついでにもう一つ質問してみますね。


「レターの書き方で、売上が変わるはずないと心から信じられますか?」


この質問には、殆どの方が、ノーと答えるでしょう。
今までに上げた方々は、ほとんど全てノーと答えるはずです。


面白いもので、このように言い方(書き方)一つで、
あなたの意図する人達を誘導することも可能なんです。


わたし達は、ビジネスを展開してますから、
セールスレター・セールスコピー・広告宣伝とは
常に背中合わせでいるわけです。

こういう基本部分は常に意識しておく必要がありますね。


だって、売上に影響するんですから。




▼さて、お気付きでしょうか?


あなたは・・・

「やっぱり、レターの書き方で売上を上げられるんだな」

って、この時点で思ってますよね。


これまでに書いてきた文章自体が、
実は誘導を意識して書いたレターなんです。


レターというくらいですから、それには書き手と読み手が当然いる
わけで、書き手は伝えたいことを、読み手に飽きられずに伝えきり、
読み手を書き手の思う行動に誘えなければ意味がありません。

そしてこれが出来たとき、レターは売上を上げることが出来るんです。

「うーん、難しい」

そう、これをまともに考えていたのでは、「難しい」という感覚
で終わってしまうんですよね。

でも、確実に、レターの内容で売上は上がりもすれば下がりもします。


さてさて、どうすれば良いでしょうか?




▼実は、反応の取れるレターにはパターンがある


そうです。必勝のパターン(笑)

レターやチャッチコピーなどコピーライティングの産物というのは
実は、巷に腐るほどあります。

あなたが、レターの書き方で悩んでいるのなら、それは、ゼロから
自分で文章を生み出そうとしているから。

そんなことはする必要ないのです。

だって、今の情報化が進んだ、この世の中を見てください。

どこを見たって、コピー・レターで溢れかえっているじゃないですか。

これからのあなたは何をすれば良いのか?をアドバイスしますね。

1.コピー・レターをビジネス眼鏡で見て
 「ぐっ」ときたものをコレクションする

2.その中で、商品名をあなたの商品に読み替えてみて
  使えそうなコピー・レターを選択する。

3.全体の文章をあなたの商品向けに修正する

こういう訓練を常に行うようにしてみてください。

そして、出来上がったコピーやレターは実際に発信してみるのです。


そういうことを積み上げていくだけで、知らず知らずに
『反応の取れる、レターやコピーにはパターンがある』ということに
気が付いてきます。


情報化が進み、携帯電話をスマホが量がする時代、レターやコピーを
各スキルを持っているだけで、食うに困らない時代だと言っても過言
ではないでしょう。



「いざ!ゴールへ」 from 川端



PS.

 ネットde経営塾の次回の塾長講義では、
 「セールスレターの必勝パターン」についてお話します。


 
●ネットde経営塾の【新規塾生受付中!】
 http://www.firstitpro.jp/content1.html


●入塾前に「塾長 川端が直接相談に応じます」お気軽にどうぞ
 http://www.firstitpro.jp/kawabata_qa.html


■お知らせ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 独自配信メルマガへの切り替え登録をお願いします
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

実は、このメルマガ、「経営脳+IT脳が成功を10倍加速させる」なん
ですが、独自配信メルマガとしても、同じ内容を配信しています。

これからは読者のみなさんに、もう少しスポット的な号外情報など、
この「まぐまぐ」ではお伝え出来ない情報も、独自配信メルマガでは、
お伝えしていこうとおもっています。

変な前後の宣伝広告なども無くなりスッキリと読めるのも良い点です。

独自配信メルマガへの登録は以下のアドレスに「空メール」を送信頂く
か、メールアドレスを登録フォームから入力して頂くかで完了します。

是非、内容の濃い独自配信メルマガに切り替えて、ご購読ください。

▼空メールの送信先
t+53945@1lejend.com

▼登録フォーム
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=53945

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

発行者情報 

 FIRSTITPRO 代表コンサルタント 川端俊之

■FIRSTITPROの『給与計算ソフト販売』サイト
 http://www.firstitpro.com/

■FIRSTITPROの『ネットde経営塾』サイト
 http://www.firstitpro.jp/

■FIRSTITPRO代表 川端俊之のブログ
 http://ameblo.jp/firstitpro/

■Twitterでもつぶやいてます。フォロー歓迎!
 http://twitter.com/firstitpro

■facebookもやってます。友達募集中!
 http://twitter.com/firstitpro

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このメルマガは現在休刊中です

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む