勉強のやる気に火がつく!意欲アップ達成術

●必ず成功体験を出来る方法

☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――――

             ~勉強のやる気に火がつく!意欲アップ達成術~

          発行人:デスクスタイル フィール 後藤 智則

――――――――――――――――――――――――――――― 第 21号

こんにちは。

後藤です。

さて本日も

やる気を起こす“ツボ”シリーズです。

先週お伝えした、

「得意な事は何?」

「何をしている時が楽しい?」

とお子さんに聞いてみましたか?

お子さんは

好きな事、得意な事にとりかかる時に
やる気が起こります。

ただ、私が出会う保護者の方からは
このような相談を受ける事も少なく
ありません。

「うちの子、好きな事、得意な事が
 何もないんです・・・」

自分の強みや個性を理解し、それを
活かすといっても、

その子自身がまず自分の事をしっかり
考える力をつけないといけません。

だから、もし保護者であるあなたから
みてお子さんが本当に好きな事、得意な
事がなく、自分の強み、個性に全く気付けて
いないようでしたら、

お子さんの

『セルフイメージを高め考える力を養う』

必要があります。

その力が身につくと、結果として
自分の強み、個性に気付き、
自分の最大の強みにフォーカスする事が
出来るようになり、伸びが加速していきます。

ではそのようになる為にはどうしたらいいのか?


------------------------------
■「成功体験」+「自分だったらどうする?」
------------------------------

成功体験を作るにはどうしたらいいか?

それは

「問題点を小さく分解する」

という事です。

問題点を小さく小さく分解すれば
1つ1つが解決出来る問題点になります。

そして1つ1つその小さな問題点を
解決すれば結果として大きな問題点を
解決する事が出来るのです。

この時に重要になるのが、

その小さな問題点を解決した時に
親であるあなたがちゃんとみてあげて
褒めてあげる事です。

大きな問題を解決した時だけでなく、
その過程である小さな問題点を
解決した時にも“しっかりと”褒めて
あげる必要があります。

お子さんはその度に達成感を感じ、
モチベーションをあげるはずです。

そして、少し壁にぶつかった時に

「どうすれば解決出来ると思う?」

と常に子供に問いかける事がとても
重要です。

このように

「あなただったらどうする?」

「どうやったら解決出来ると思う?」

と常に問いかける事で、お子さんは
考える力、想像力が飛躍的に伸びます。

そして問題を解決する力が付き、
小さな成功体験を積み上げていく
事で大きな成功体験を体験する事が
出来るようになります。

このように、

「成功体験」

と

「自分だったらどうするのか考える」

を繰り返す事で、

自分の強み、個性に自然と気付いてきます。

まずは色々取り組んでみる事が大事ですが、
早いうちに自分の強み、個性がわかると
自分をコントロールする事がで、最大の強み
にフォーカス出来るようになるので自分の
モチベーションをコントロールする事が
出来るようになります。

つまり、

やる気が常にみなぎっている状態を
自分で作る事が出来るようになるという
事です。

是非お子さんと一緒に頑張って取り組んで
下さい。

もう1回まとめておきます。

もし、お子さんが自信がない、
何をやるにしても最初からあきらめる、
得意な事も何もない・・・

このような状態であれば、
以下のステップ1~5を繰り返して下さい。

ステップ1:問題を出来る限り小さく分解する

ステップ2:問題を解決する度に褒める

ステップ3:つまずいたら「どうしたらいい?」
      と考えさせる

ステップ4:その結果つまずいた問題を解決させる

ステップ5:これを繰り返し大きな問題を解決させる

その結果、

お子さんは問題を解決出来る
セルフイメージを持つ事が出来るようになり、
考える力、想像力を身につける事も出来ます。

その結果、自分のやる気をコントロール出来る
ようになるのです。

PS
お子さんのやる気で困っている事があれば
遠慮なくメール下さい。

解決策をこのメルマガ上で行っていきたい
と思っています。

メールはコチラ ⇒ magmag@ekatekyo.com


___________________________________

メールマガジン「勉強のやる気に火がつく!意欲アップ達成術」

☆発行責任者:デスクスタイルフィール 後藤智則
☆公式サイト:http://www.ekatekyo.com/ 
☆問い合わせ:magmag@ekatekyo.com

このメルマガは現在休刊中です

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む