勉強のやる気に火がつく!意欲アップ達成術

●「人」=「集中力の敵」

☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――――

             ~勉強のやる気に火がつく!意欲アップ達成術~

          発行人:デスクスタイル フィール 後藤 智則

――――――――――――――――――――――――――――― 第 16号

おはようございます。

後藤です。

前回までで

目的をハッキリさせる
↓
集中して勉強出来る場所
↓
視界に入る邪魔するもの
↓
携帯電話の電源を切る時間

を話してきました。

今までより、

勉強の集中力、効率を
数倍に高める事が出来るので
是非取り組んで下さい。

今日は、

お子さんから「やる気」、「集中力」を
奪う大きな原因の一つである

『人』

についての話です。

------------------------------
■人は人に反応する
------------------------------

例えば、こんな経験ないですか?

「よし!やるぞ!」

と思って机に座ったら、

「テレビの上のリモコンどこ行った
 か知っている~?」

と兄弟から声をかけられる・・・

せっかく勉強やろうと思ったのに、
何か集中力が切れて、やる気が
起きない・・・。

それでも、もう一回

「今度こそやるぞ!」

と思って問題集を開くと、

「何でカバンを置きっぱなしに
 してるの!」

もう勉強いいわ~

と意欲をなくす結果に・・・。

私達は、周りの人の『行動』や
『会話』に反応します。

反応すると感情が起こります。

良い感情か悪い感情。

どちらにしても、今現在取り組んで
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
いた事がストップして集中力が
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
一旦途切れます。
~~~~~~~~~~~~~~
良い感情ならまだましですが、
それに気持ちや意識を取られて
しまうと集中力は下がるので、
集中力、効率の点から考えると
あまりよくありません。

ではどうしたらいいのか?

それは勉強や、何かにとりかかる
時は、人の影響を受けないように
するという事です。

人から影響を受けないと、
その人の行動、会話に反応しなくて
よくなるので、集中力を極限まで
高める事が出来ます。

お子さんにとって、人の影響を
受けない時間を作ってあげる事が
大事です。

夜勉強する時間を決めて、その時間
は声をかけないようにするとか、

朝早起きして時間をとって勉強する
など。

大事なのは、それを習慣化する事です。

1回だけやるのではなく、出来れば毎日
そういう

『人から影響を受けない時間』

を作る事が大事です。

以前お伝えした、携帯電話も

「人」から影響を受けるという面では
同じようなものです。

集中する時は、

●反応して、感情が揺さぶられるものを
 避ける事が必要です。

子供より、自分を律する事が出来る、
私達大人でさえも「人」に反応して、
感情が揺さぶられてしまい、
集中力をなくしてしまうのですから、

お子さんの場合言うまでもありません。

だから、親が協力してそういう時間を
作ってあげましょう。

ステップ1:
お子さんが一番集中できる時間を聞く。

ステップ2:
その時間は干渉せず話しかけないという
ルールを決める

ステップ3:
その時は、テレビを消してお子さんを
反応させない。

ステップ4:
もちろん携帯電話も電源を切らせる


このステップで、人による反応が
ない環境で集中できるようにしてあげて
下さい。

とても効果がありますよ。


PS

もしまだ、私の国語の勉強法のメルマガに
登録していない方は、こちらもご購読下さい。

最短で結果が出る【国語力】トレーニング
~誰でも国語・読解力は伸ばす事が出来る

メルマガ登録はコチラ⇒ http://www.mag2.com/m/0001061285.html

国語の勉強法、読解力アップに役立つ勉強法を
提供しています。


___________________________________

メールマガジン「勉強のやる気に火がつく!意欲アップ達成術」

☆発行責任者:デスクスタイルフィール 後藤智則
☆公式サイト:http://www.ekatekyo.com/ 
☆問い合わせ:magmag@ekatekyo.com

このメルマガは現在休刊中です

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む