人生を変える奇跡/80文字の物語

『被災児童に寄り添う「夢ハウス」』


☆★☆―――――――――

人生を変える80文字の物語

【2014.5.10号】
『被災児童に寄り添う「夢ハウス」』

____________

マガジンID= 0001014522

☆登録・解除:http://archive.mag2.com/0001014522/index.html 
____________


目次

■ごあいさつ
■なぞなぞ
■本文
■編集後記

____________

■ごあいさつ
____________


こんにちは、フェニックス岡本です。


今日は

被災児童に寄り添う「夢ハウス」

のお話し




『●●を経験したからこそ、成長してほしい』






●に言葉を入れて下さい。(ひらがなで4文字)





答えは、本文で

_________

■本文
_________


大津波によって町の大半が壊滅した
岩手県大槌(おおつち)町。

高台に残る民家を借り、
山口市の社会福祉法人・夢のみずうみ村が

被災児童のたまり場
「子ども夢ハウスおおつち」を開設しました。


*  *  *


夢ハウスの管理者は、吉山周作さん

作業療法士の資格を取り、

カンボジアやインドで
日本とは環境の異なる看護や教育を学びました。


帰国後、
岩手県の沿岸被災地で
ボランティア活動に汗を流しました。


夢ハウスの開設を模索する理事長から
「管理者として住み込まないか」との打診が。


不安は大きかったが、
「自分なりに復興のお役に立てることがあれば」と快諾しました。


*  *  *


開所時間に決まりはなく、
親や住民も出入り自由です。

宿題をしたり、ゲームをしたり、料理をしたり。

冷蔵庫の食材も好きに食べることができる夢ハウスは、
「わが家」にも似たぬくもりに満ちています。


「被災地の子どもの中には、ひきこもりになったり、
自ら命を絶とうとする子さえいるんです」


「震災を経験したからこそ、豊かな優しさを持つ人間に成長してほしい」






公明新聞 2014.4.11

___________________

■編集後記
___________________


冷蔵庫の食材も好きに食べることができるなんて、

“わが家”のぬくもりを感じます。





「人生とはなんだろう?」 その答えを求めて。

ご感想・ご意見は、お気軽に。
          
________________________

メールマガジン「人生を変える奇跡/80文字の物語」

☆発行責任者:フェニックス岡本

☆管理人ブログhttp://plaza.rakuten.co.jp/phoenix1967/

☆ニコニコ静画「つぶやきのある風景」http://seiga.nicovideo.jp/watch/sg11035

☆ワクワクする人生 http://plaza.rakuten.co.jp/genkidaseyo2003/

☆スピリチュアル・メッセージ  http://mixi.jp/show_friend.pl?id=3866750

☆目の前の一人を大切にする信仰 http://blogs.yahoo.co.jp/genkidaseyo2003

☆問い合わせ:genkidaseyo2003@yahoo.co.jp

☆登録・解除:http://archive.mag2.com/0001014522/index.html
___________________________________

ついでに読みたい

人生を変える奇跡/80文字の物語

発行周期:  ほぼ 週刊 最新号:  2019/03/16 部数:  71部

他のメルマガを読む