腐っても鯛、アメリカ不動産・保険・証券投資

アメリカのリビングトラスト

今回よりアメリカのリビングトラストについてお知らせいたします。

先日東京に出張に行った際、知り会った方からこんな話を聞きました。
「その方は10年前にカリフォルニアでアパートを購入、その後は妹に
管理を任せていましたが、最近では妹も病気がちで歳も取り、もし自分が
死んだらアパートの管理が出来なくなると心配しています。
娘もいますが、ニューヨークに住んでいるので、カリフォルアのアパート管理
までは出来そうもなく、アパートの名義は日本に住んでいる私ですが、
もし私が死んだ後にはどうなってしまうのでしょうか?」と言った内容でした。

アメリカにおいて、名義人の方が亡くなった場合にはProbate Court
(検認裁判)にかかります。この処理には時間も費用も掛かります。
アメリカでは、この検認裁判を避ける為にリビングトラストという制度が
あります。日本でも、ある大手銀行がアメリカのリビングトラストを
作成するサービスをしていますが、アメリカに住んでいる我々から見ると
驚くほどの金額設定となっています。アメリカにおいて、このリビング
トラストは非常に良い制度で多くの方が利用しています。

これから5回ほどに渡り、アメリカのトラスト制度についてお知らせ
して行きたいと思います。

追伸;アメリカ不動産のユニークな投資方法もありますので、これもまた
追ってお知らせして行きたいと思いますので、お楽しみに!

----------------------------------------------------------
アメリカの保険は、www.USHoken.com または www.USHoken.com
カリフォルニアの不動産は、www.USFudosan.net
アメリカ競売不動産ファンドは、www.ReavansCapital.com
総合サイト、www.Reavans.com
----------------------------------------------------------

このメルマガは現在休刊中です

ついでに読みたい

このメルマガは
現在休刊中です

他のメルマガを読む