知って差がつく! 新フランチャイズ発想法

「新フランチャイズ発想法」第459号をお送りします!

■◆■━━━━━━━━━━━━━━━━2019.1.6
「新フランチャイズ発想法」 第459号
発行者:竹村義宏事務所 HP:http://www.fc-takemura.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━■◆■



今日もメルマガ開封ありがとうございます!



業界歴30年、40を超えるFCに関わってきた、発行人、竹村義宏がフランチャイズを上手に利用するための「考え方」「情報」をお送りします。
今年で10年目、ほぼ週1回日曜日に配信しています。

竹村のプロフィール
はこのメルマガの最後にあります。

または下記のHPから御覧ください。
【竹村の公式サイト】http://www.fc-takemura.com/



明けましておめでとうございます!



本日はまだ松の内、ということでこのメルマガも正月版として軽めに(笑)、お送りさせていただきますのでご了承ください。



年末は家族で雪降る温泉地で過ごし、そこから年始は実家に行ったり、まぁ、いつもの正月、でした。



平成最後の紅白はyumingの「やさしさに包まれたなら」から、“究極の大トリ”サザンへの盛り上がり方はスゴかった、ですね。久々に45%を超える視聴率で、素晴らしい平成最後の大晦日の幕引き、だったと思います。

そして視聴率、という意味では1月2日、3日の「箱根駅伝」も2日とも30%を超える快挙。午前中から昼の時間でこれだけ観られているわけで、これぞ、正月のお化け番組(笑)。しかし、これはあくまで関東ローカル、の数字です。「箱根駅伝」はあくまでも関東の大学が競う地方大会ですから関西では盛り上がらないのは当たり前、それでも視聴率15%あるのはやはり、正月効果、でしょう。

「箱根駅伝」は日テレですが、他局はテレ朝が6時55分から「『おっさんずラブ」全話一挙放送』をやるなど、ほぼ“試合放棄”的に再放送番組のオンパレード(笑)。これも毎年のこと、ですね。普通だったら絶対興味を持たない私のような人間まで、ほぼ毎年これだけは観ているわけですから、これぞ“正月の謎”です(笑)。



さて、正月だからなにか特別なことをするか、というとそれはあまりありません。新しい手帳をおろして、そこに今年の仕事に関して「課題」を書き出すくらいです。現状の課題と、今年想定される課題、みたいな形で。これは毎年やります。



「目標」とかは書きません。目標を明確にしたり、年間目標を数値化して、それを月間に落として、みたいなことは性に合わないのです。性に合わないというのは、それをやると自分のモチベーションがむしろ落ちる、ということです。もちろん、サラリーマン時代は営業、営業マネージャーでしたから会社には数値目標は出さねばならなかったので、一応は出してましたが、嫌な作業だったことを思い出します。



これは結構重要なことだと思いますが、人生を切り開いていく、何か物事を達成していくための思考様式、行動様式というのは、ひとそれぞれ違う、のです。常に目標を明確にしてそれを数値化して頑張る、ことで成果を出す人もいれば、目標は明確にせずに、単なるイメージだけもって流れに任せてやっていく方が成果につながる、人もいる。
もっと細かく言えば、目標を明確にした方が良いという人にも、高い目標をもって最後の最後までまでやりきらせた方が良いタイプと、低めの目標を確実に達成してそれを褒めた方が良いタイプがあり、これも一緒じゃありません。

ホント、人それぞれ、なのです。

勉強法や読書法にも人それぞれ自分にあったやり方、があるように、成果を出すためにも自分に合ったやり方がある。これは大事な認識だと思いますね。合ってないやり方をしたら、motivationが続かず、逆に成果が出ない、わけですから。



そういえば、「フランチャイズ・チャンネル」のチャンネル登録者数が、ついに3000名を超えました。めでたいですね(笑)。年末の動画でもお話したとおり、今年の毎日更新で力を入れていきますのでご期待ください。



ただ、モノリスの岩井社長が始められた「就活の虎CHANNEL」の登録数、再生回数にはビックリ、です(笑)。「フランチャイズ・チャンネル」が3年やって3000登録、に対して、こちらは開始2週間で登録者数5000人超え、ですから。流石はマネーの虎!虎と比べりゃこちらはフランチャイズの猫、レベルですね、まだまだ(笑)。

内容は就活を考える大学生向け、なんですが、私が聞いてもドレもコレも面白い(笑)。



南原社長の最終回なんて、サラリとですがスゴイこと言ってますよ。

-------------------------------------
【DNAで決まっている!?】南原社長が思う就活生に必要な考え方!! "南原竜樹" 社長
https://www.youtube.com/watch?v=31Jy0604PEE
-------------------------------------

人間なんてDNAで決まってて、向き不向きがあるんだ、と。それは幼稚園の運動会を観たらわかる、と。リレーのアンカーを走るような子は幼稚園児でもストライドが違う。でも一方でかけっこには転がったほうが速いんじゃないか、というような子もいる、これはDNA、だと。



これは簡単で大事な理屈、だと思うわけです。



「自分が何に向いてるか、それは自分が分かるはず、努力や勉強というのは向いてることについてやった方がいいよ」、という極めてシンプルな理屈です。



逆上がりができない子に、何度も練習させて逆上がりをできるようにすることで「やればできる」なんてことを教えずに、別なことで努力の面白さを教えるべき、ということです。



そんなことを考えながら、最後にコレ。



正月にはいつも聞いている、「大愚和尚の新年のご挨拶」。

今年の言葉も素晴らしかった、と思います。

-------------------------------------
福厳寺の除夜の鐘 大愚和尚より新年のご挨拶
https://www.youtube.com/watch?v=ejGtthesaeE
-------------------------------------

除夜の鐘、から始まり和尚の話は1時間40分くらいから始まります。



今年の言葉は「自覚」。

自らを覚る、という「自覚」です。



-------------------------------------
自分がどこから来て、今どこに立っていて、これからどこに向かおうとしているのか?
-------------------------------------



これができているのが「自覚」ができている人、だというわけです。



もちろん、殆どの人ができていない。「流されて」生きている。



だから、少なくとも

-------------------------------------
自分がどこから来て、今どこに立っていて、これからどこに向かおうとしているのか?
-------------------------------------

と意識して「自覚」を目指していこう、ということです。



こんな和尚の話を聞いて、原点に帰りながら、先のこと、周りのことを考える。これも正月だからできること、ですね。



今回もメルマガを最後までお読み頂き、感謝します。



ご意見、ご要望は

info@fc-takemura.com

まで、お気軽に。



竹村義宏 公式メールマガジン

【発行責任者】 竹村義宏
【公式HP】http://www.fc-takemura.com
【Facebook】 http://www.facebook.com/yoshihiro.takemura


配信解除はコチラから
http://kai11.net/d.php?t=test&m=info@fc-takemura.com



-------------------------------------

◆発行者:竹村 義宏の簡単なプロフィール

-------------------------------------
フランチャイズ・プロデューサー。

1966年茨城県取手市出身。清真学園高校から早稲田大学卒業後、平成元年株式会社ナガセ(東進ハイスクール)入社。東進衛星予備校のFC展開に携わる。
平成9年にFC総合支援企業であるベンチャー・リンクに転職。同社にて「車買取専門店ガリバー」を皮切りに「炭火焼肉酒家牛角」「TULLY'S COFFEE」「ITTO個別指導学院」
他、有名FCの加盟開発を経験。平成19年同社退社後、脱サラ個人起業向けFCのトータルサービス社に入社、パートナーサポート部マネージャーとして全国1000FCのサポート業務を経験。

平成21年フリーランスとして独立。「個別指導学院ヒーローズ」など複数のFC開発のプロジェクトに参画。
現在は業界を革新する可能性のあるビジネスの発掘からFC化を行い、その全国FC展開を支援する、FCプロデュース業を中心に活躍中。『エコランドリー マンマチャオ』では副業型FCとしてコインランドリーブームをつくり、
『日本初!授業をしない塾 武田塾』では営業マンをおかない、営業をしない新方式の加盟開発でFC募集開始から3年半で全国150校舎という成功例をつくりだす。

妻と子ども3人の5人家族+猫1匹で、千葉県の新浦安在住。



▼仕事に関する問い合わせ等は



info@fc-takemura.com

知って差がつく! 新フランチャイズ発想法

発行周期: ほぼ 週刊 最新号:  2019/02/17 部数:  307部

ついでに読みたい

知って差がつく! 新フランチャイズ発想法

発行周期:  ほぼ 週刊 最新号:  2019/02/17 部数:  307部

他のメルマガを読む