知って差がつく! 新フランチャイズ発想法

「新フランチャイズ発想法」第146号をお届けします。


業界歴25年、30のFCに関わってきた、
発行人、竹村義宏が
「フランチャイズ」を上手に利用するための
「考え方」「情報」をお送りします。

「フランチャイズ」に加盟検討する方、
「フランチャイズ本部」の方、の双方、
そして、フランチャイズに関心をもつ全ての方に、
役に立つ内容を目指します。

【発行者 竹村 のプロフィール】は
メルマガのいちばん最後にあります。

あるいはコチラからどうぞ!
↓↓↓
竹村のホームページ
http://www.ytakemura.com/


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


『知って差がつく!新フランチャイズ発想法』
2012年 9月30日 【通算 第146号】


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


こんにちは。竹村です。


本日もメルマガの開封ありがとうございます。


本日の内容目次です。

1■フランチャイズここだけの話
~フランチャイズと「物件」の関係
2■フランチャイズ加盟契約までの60日プログラム
<第4回>FC本部に資料を請求する
3■編集後記
~泥沼デフレとキャバ嬢に6億円と・・・


それでは、ここから本編です。


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


1■フランチャイズここだけの話



今回の「ここだけの話」は

 「物件」

について書いてみようと思います。



現在は不況ですが、

逆に「そのおかげで起業にプラスになっていること」

がいくつかあります。



そのひとつが、

良い立地の「物件」が見つけやすくなっている

ということです。



首都圏の方なら、この1年の「東京チカラめし」や「すためし・油そば」の一気の出店は驚かれている方も多いと思います。

みんな都心、繁華街の一等地に出店しています。

こんな出店ができるのは、今現在が「不景気」だからです。



思えば、今から10年前、飲食のFCは「物件探し」に本当に苦労しました。



竹村の関わったFCでは例えば「とり鉄」。



当時ベンチャー・リンクとして「牛角」の次に世に出したFCで、モデル店の売上も良くフランチャイズとして大ヒットの兆し、がありました。



ところが、「出店」できないのです。



「焼き鳥」業態ということもあり、「駅に近い階路面店で20坪程度」という立地を求めたわけですが、これが全く見つからない。



「牛角」というのは焼肉屋であり、焼肉屋というのは多少引っ込んだ立地でも出店可能でした。

繁華街と住宅街の境のような、少々駅から歩く立地でも出店OKだったのです。



ところが、「とり鉄」はそうはいかない。



結局、この「とり鉄」は出店ペースが上がらず、FCとして大成功できませんでした。



「出店できない」ということは、事業計画が全て狂う、ということです。

売上も利益もゼロなわけですから。

出店できれば確実に売上が上がる業態でも出店できなければ全くのダメ業態になる、わけです。



また、物件を「多少妥協して」つまり、苦し紛れに基準を満たさない物件で出店することが、「不採算店」を作ってしまう要因になるわけです。



そういう意味で、今は本当に「チャンス」です。

繁華街の良い物件もかなり空います。



そして「借り手市場」ですので、条件交渉もききます。



「保証金」なんかが減額できるケースも多く、それはそのまま「初期投資」が安く済むことにつながります。



ひとつのFC業態を見るときに、

「物件」

の視点から見ることは大切です。



その業態の業績は「物件」にどれだけ左右されるか?

その業態に合った「物件」は見つかりやすいか?



その意味で、「個別指導学院ヒーローズ」も、「訪問医療マッサージ こころ」も「物件」には左右されない業態で安心です。


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

竹村のオススメFC近況 その1

■個別指導学院 ヒーローズ■

>9月27日発売のアントレはヒーローズのヒーロー、松田社長が見開きカラー広告で登場!

竹村のブログで紹介しています!必見!
http://ytakemurablog.blog.fc2.com/blog-entry-232.html


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


2■フランチャイズ加盟契約までの60日プログラム
<第4回>FC本部に資料を請求する



さて、今回からいよいよ、「フランチャイズ選び」のアクションに入っていきます。



まずは、

▼10日目~15日目 各フランチャイズ本部に資料請求する

というアクションです。



中には、

「自分はこのFCに決めている、このFCしかない」

という方もおられると思います。



○○のFCをやるために5年間資金を貯めてきた、という方もいるでしょう。



ただ、その場合でも、そのFC本部ひとつだけに接触していくのではなく、最低でもそのFCと同業種のFCには資料請求を行って下さい。



これは同業他社、ライバルの「研究」でもあります。



同業と比べることで、意中のFCの「強みとほぼ同じところ、そして弱み」が見えてきますから。







さて、明確に「業種」「FC」が絞れていない場合、です。



この場合も、「色々な可能性が広がっている」というように、ポジティブにとらえましょう。



このような場合の「業種選びの視点」としてよく受ける質問は、2つあります。



ひとつは、

「好きな仕事をするか、儲かる仕事をするか?」

という質問です。

そして、もうひとつが、

「どの分野が伸びるか、有望か?」

という質問です。



実はこの2つの質問は、正直に答えれば、「人それぞれ」としか言えません。

その方の「性格=価値観」によるところが大きいのです。



ですから、この「資料請求」の段階では、自分の「直感」を信じることが大事です。

「直感」のアンテナに引っ掛かる、何かを大切にしましょう。




その際のひとつの視点があります。
以前このメルマガでも書きましたが。


それは、


「自分が成長できる、その分野の勉強がしたい」


と思える業界、業種、仕事を選ぶことです。




竹村がよくする言い方は、

「自分の意識を高校生まで戻して、卒業後専門学校に行く、という目線で」選んでください、

というアドバイスです。



このアドバイスをするようになってから、加盟検討の方が「脱線」せずに成功のレールを走ってくれる率が高くなった、と実感しています。



「将来この職で食っていくための勉強をする」というスタンスで業種、FCを選ぶと、

自分が好きになれない仕事は選ばない

ですし、

多少辛くても努力できる仕事を選びます。

そして、

自然と、

「将来のマーケット」も考えて選ぶようになります。



これが、「業界」「業種」選びのポイントです。




そして何より大事なことは、


ワクワクしながら選ぶkと、です。


第3回で詳しく解説した「ドーパミン(脳内快感ホルモン)」を出しながら、「業界」「業種」「FC」選びをすることです。




この段階で「絞る」何かを基準に「絞る」必要はありません。

「初期投資」で絞る必要もありません。



たとえ、現段階で「明らかに資金不足」で取り組めないFCでもこの段階で「資料」は取り寄せ、ビジネスモデルを見ておくべきです。



可能性を拡げて、面白い業界、業種、仕事を柔軟な発想で見つけていく。



これが、「FC資料請求」をする際の基本的考え方です。



そして、それを「効率的」に行うために使うのが、

「FC比較サイト」
「FC資料請求サイト」

です。



次回、こういった「サイト」を利用した資料請求の考え方、使い方、を解説します。


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


竹村のオススメFC近況 その2

■訪問医療マッサージ こころ■

>全国の開店情報が続々!ホームページにUPされています。

「Open情報」をご覧下さい。
http://www.cocoro-group.com/


説明会参加から最短2ヶ月でOpenすることができるのもこのFCの強み、です。


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


3■編集後記
~泥沼デフレとキャバ嬢に6億円と・・・



まだ野党、ではありますが安倍自民党総裁が、

「更なる金融緩和でデフレ脱却」

をかなり強調されていますね。



ただ、「金融緩和」して、紙幣の量を増やしてもなかなか反応してくれないのが今のデフレ。



今朝(9月30日)の朝の番組でも「デフレの正体」の著者、藻谷浩介さんなんかが出演して討論されていましたが、



今の「泥沼デフレ」は、

・若者は定職に就けなかったり、給料が低すぎたりでお金を使えない

・お金を持っている高齢者層はお金を使わず「貯蓄」に回す

ということによるところが大きいわけです。



刷り増した紙幣を「定職に就けない若者」に一律で50万ずつ配る、とか、
高齢者の一定以上の紙弊には「消費期限」を儲ける、
でもしないとなかなか効果はでないでしょう。



国民が「安いのが当たり前」に慣れすぎてしまったという心理的要因が大きく、年収が下がってもモノが安くなれば同じ、という、

「貧乏なれ」

こそ問題です。



「高い」モノを買う=無駄遣い

ではありません。

価値あるものは高い、その「価値」に金を払う

という消費をもう少し思い出さないと。



「贅沢は敵だ」は昭和15年の話です。



そういう中で、少し良いニュースだと思うのが、

新興外食企業のAPカンパニーの上場

でした。



APカンパニーは、「産地直送」の素材をウリにした居酒屋業態を展開、

「塚田農場」や「じとっこ」で有名。
http://www.apcompany.jp/



客単価は普通に飲んで食べて4千円程度では。
竹村が行けば飲み代がかさみ5千円は超えます。



ただ、やはり、食べ物は「一味」違ったり、「工夫」があったりします。

ちょっとした気の利いた「サービス」も激安居酒屋とは違うものです。



これなら、瓶ビール(中)1本に600円払っても、焼酎に550円払っても満足というものです。



確かにこの店を出た後、路上では「飲み放題980円!おつまみ全品300円!」というビラが配られているわけですが、「でも今日はコッチにして良かった」という満足感はあるのでは。



APカンパニーは、公募価格を大幅に上回る初値をつけて順調に株式市場に乗り出しました。

この「期待感」を更に大きくして「市場」の注目を集めて欲しいと思います。



また、このAPカンパニーには竹村が昔一緒に働いた仲間が何人か在籍して頑張っています。



もちろんその意味でも頑張って欲しい。

そんなところブログに書きました。
http://ytakemurablog.blog.fc2.com/blog-entry-225.html


・・・


さて最後に、こんなに「お金が流れない」世の中に、こんな「大金」が動いている、というニュースもあるわけです。



会社の金を「6億」横領し、キャバクラ嬢に貢いだ男が実刑7年!



貢がれたキャバ嬢はTV番組のインタビューにも答えており、

全部ホストに貢いだ
騙してごめんなさい

と。



「田舎の弟が難病」で、田舎に帰る「交通費」がいつの間にか「手術代」になるっている、という雪だるまトークは、古くから使われるキャバ嬢「基本文」です。

が、

この方は、

自分が胃がん!白血病!という荒手のトーク。



なんでも、「集中治療室にいると言えば会わなくても良いから」だと。



「もちろん途中から嘘かもと思ったが、それでも本当に好きだったので」

という男のトークは悲しいです。



ただ、「6億」のカネを、夜の街とギャンブルで使いまくった、とかではなく、

たったひとりの「女性」に貢いだ

というのは、想像すればするほどスゴイ話。



これは、ある意味「純愛」でしょう。



「騙したキャバ嬢も悪質であり、大幅に減刑、執行猶予も」なんて判決が下るより、この男としては幸せなのかも、とも思います。

恋愛は自己責任ですから。



愛はお金では買えませんね。



本日もこの長いメルマガを最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


竹村のオススメFC近況 その3

■エコランドリー マンマチャオ■

>ナイツとの共演番組がYouTubeにアップ!

千葉テレビで放映された「ナイツのHIT商品会議室」がYouTubeにUPされました。

竹村のブログの方でまとめて見れますので、是非!
http://ytakemurablog.blog.fc2.com/blog-entry-221.html


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


メールでいただく「ご質問」等には、
出来る限りタイムリーに答えていきたいと思います。



▼その他、ご意見・ご感想をお待ちしています。▼
その他「フランチャイズ」に関する質問などありましたら、
お気軽に、

info@ytakemura.com

まで、メールをいただければ幸いです。

~ 竹村 義宏 ~


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

■タイトル      『知って差がつく!新フランチャイズ発想法』
■発行者        竹村 義宏
■発行周期       ほぼ週刊
■発行システム     『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/

■配信中止はこちら  http://www.mag2.com/m/0001005201.html
■ご意見・ご感想    ytakemu0729@gmail.com


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


◆発行者:竹村 義宏のプロフィール


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


▼千葉県浦安市マリーナイースト在住の45歳、
妻と子ども3人の5人家族です。

▼平成元年、早稲田大学卒業後、
株式会社ナガセ(東進ハイスクール)に9年間勤務。
「東進衛星予備校」のフランチャイズ事業に携わる。

▼最初はなかなか加盟校の生徒が集まらず、
苦労するも、あるビジネス上のアイデア
をきっかけに全国で生徒が集まり出す。

▼オセロで黒が一気に白に変わっていくような
快感をビジネスで体験しました。

▼これでフランチャイズの面白さに取り付かれ、
より幅広いフランチャイズの仕事がしたくなり、
フランチャイズ事業支援のコンサルティング会社
株式会社ベンチャー・リンクに転職。

▼ここで10年。
携わったFC本部は7つ、
フランチャイズは20以上になります。

▼ここでは、数多くの成功もしましたし、
失敗もかなりありました。
上場した本部も数多くあれば、
残念ながら短期で本部自体消えてなくなった
フランチャイズもあります…

▼2001年1月1日、21世紀の初日の出を、
ハワイへ向かう豪華客船「飛鳥」から
FC事業で大成功した社長の方々
と見たのは、古き良き(?)思い出です。

▼その後、
株式会社トータルサービス
(カーリペアを中心とするフランチャイズ本部)に移り、
「個人起業のフランチャイズ」について、
様々な勉強をさせていただきました。

▼そして、

2010年7月より、
1986年創業で日本のFCコンサルティング会社の、
草分け的企業である、

 株式会社フランチャイズ総合研究所

の経営メンバーに参画しました。

▼現在は、
FCビジネスで「個人起業」の成功確率を上げる、
をテーマにいくつかのプロジェクトで
フリーエージェントとして動いています。


以上、大変長くなりましたが、
私の「フランチャイズ専門コンサルタント」としての
 ウリ としては、


▼塾、予備校の教育産業から、あらゆる外食、
中古車買い取り、岩盤浴から不動産、リペアビジネスまで。

仕事をしてきたフランチャイズの業種、数では
(おそらく)誰にも負けない、

ということ。

合わせて、

▼法人対象から
個人対象のフランチャイズまで経験しましたので、

 法人の新規事業としてもFC戦略、
 個人の起業としてのFCの見極め方と成功法、まで

幅広いノウハウのアドバイスができる

ということ。

です。

このメルマガで興味をもっていただけましたら、
下記までお気軽に連絡ください。


▼仕事に関する問い合わせ等は

  ytakemu0729@gmail.com

までお願いします。

知って差がつく! 新フランチャイズ発想法

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 週刊
最新号 2018/08/13
部数 275部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

知って差がつく! 新フランチャイズ発想法

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 週刊
最新号 2018/08/13
部数 275部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング