知って差がつく! 新フランチャイズ発想法

「新フランチャイズ発想法」第145号をお届けします。


業界歴25年、30のFCに関わってきた、
発行人、竹村義宏が
「フランチャイズ」を上手に利用するための
「考え方」「情報」をお送りします。

「フランチャイズ」に加盟検討する方、
「フランチャイズ本部」の方、の双方、
そして、フランチャイズに関心をもつ全ての方に、
役に立つ内容を目指します。

【発行者 竹村 のプロフィール】は
メルマガのいちばん最後にあります。

あるいはコチラからどうぞ!
↓↓↓
竹村のホームページ
http://www.ytakemura.com/


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


『知って差がつく!新フランチャイズ発想法』
2012年 9月23日 【通算 第145号】


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


こんにちは。竹村です。


本日もメルマガの開封ありがとうございます。


本日の内容目次です。


1) 新しいプロジェクトにチャレンジします!

2) 編集後記


今週は特別版で。


それでは、ここから本編です。



※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


1)新しいプロジェクトにチャレンジします!



今回は急遽いつもと内容を変えてお送りします。

「フランチャイズここだけの話」
「FC加盟契約までの60日間プログラム」

は一週お休みさせて頂き、竹村からのひとつの「お知らせ」です。



ブログのほうでも少しだけ触れましたが、

「新しいプロジェクト」にチャレンジすることを決めました。




具体的には、


代表的な「フランチャイズ資料請求サイト」


とアライアンス(協業)をさせていただき、様々な企画を進めます。




まだ正式契約前ですので「サイト名」の発表は控えますが、近々発表します。




「フランチャイズ資料請求サイト」の役割はFC業界において非常に大きくなってきています。

現在FC加盟をする方の、

約7割

が、このような各フランチャイズ本部への資料請求を一括で行うことができるサイト

を利用していると言われています。




このメルマガを継続してお読みの方は、既にお分かりいただいていることですが、



竹村は、

FC本部が「正しい加盟募集」を行い、

検討者が「きちんとしたスタンス」で契約を行う、

これで、

フランチャイズにおけるトラブルの多くは回避できると考えています。



上手くいっているFCは「加盟募集」が上手くいっているのであり、

逆に、現在「停滞」気味のFCは「加盟募集」に問題がある(あった)。



フランチャイズ成功のポイントの8割は、

「スタート時点で決まる」

というのが竹村の持論です。




「フランチャイズに加盟したが失敗した」

というトラブルのほとんどは、

「加盟検討から契約」の段階に原因がある、と考えています。




だからこそ、本部と加盟検討者のマッチングを行う

「フランチャイズ募集サイト」

の役割は本当に大きいのです。


・・・


もう一度「原点」にかえって考えてみたいと思います。


フランチャイズ加盟のメリットは何か?


様々ありますが、

一言で言えば、



成功までの「時間」を短縮し、成功「確率」を上げること



です。



個人でラーメン屋を始めるには修行に3年はかかって、成功家率は半分もない。

それがFC「利用すれば、

3ヶ月でオープンが可能で、8割の方が成功できる。



これが理想のフランチャイズです。



そして、この「フランチャイズのメリット」が活かせるか否かは、

「フランチャイズ選び」のステップで決まる、と言って過言ではないのです。



FC本部側から言えば、

「どのような方と組むか」

で、成功が決まり、


加盟者側からすれば、

「どのようなFC本部と組むか」

で、成功が決まるのです。




双方とも、「スタート時点の考え方」が大事なのです。




「フランチャイズという業界の中でいかに素晴らしい出会いをするか?」

これだけに絞って様々な企画を考えていきたいと思います。




FC本部側、加盟検討者側、ともに「良い相手」と出会うためには何をしていけば良いのか?

それを、体系的にまとめて情報発信していきたいと思います。




今回、このような方向で話が進んだのは、

今回タッグを組むサイトの担当者の方が、

竹村のブログを見て、関心をもっていただきご連絡をいただいたのがきっかけです。




実はこれまでにも、「FC資料請求サイト」の運営会社からご連絡を頂いたことは何度かありました。

ただ、これまでは単に、

「竹村さんのブログやサイトにバナー広告を載せたいが幾らでしょうか?」

というような問い合わせでした。




そんな商売をするつもりは全くありません。

そんなことで、業界は全く変わりませんから。




今回の仕事は「業界を変えられる仕事」だと思い、引き受けました。

引き受けた、というより「提案」させてもらいました。




次々と斬新な企画をやっていくつもりですので、ご期待下さい。





※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


竹村のオススメFC近況 

<エコランドリー マンマチャオ>

1>先週、マンマチャオ本部の三原厚社長の講演会が、横浜にて行われました。



起業から12年、一時は借金地獄のドン底から売上3倍増の「堂々経営」を、赤裸々に語られて大変好評でした。

FC選びでは、は本部の社長の理念=考え方に共鳴できるか?は最も重要な要素です。

その意味でこのような「本部社長」の生き様を聞ける機会は重要です。

皆様も検討しているFCの本部社長の講演などはぜひ積極的に参加して下さい。



2>ナイツとの共演番組がYouTubeにアップ!


千葉テレビで放映された「ナイツのHIT商品会議室」がYouTubeにUPされました。

ブログの方で見れますので、是非!

http://ytakemurablog.blog.fc2.com/blog-entry-221.html



※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※



2) 編集後記


尖閣諸島問題から端を発した、中国の「反日デモ」。



あれだけ過激だったのに、「中国政府」がやめろ!と言えばピタリと治まる。
なんか気持ち悪いくらいです。



日本のマスコミ報道ではどうしても中国人の「異様な行動」にスポットが当てられますが、
今回の件は明らかに、

「日本政府=野田首相」の対応の拙さ、

がことを大きくしたのは事実。



とにかく、この方の、

まず「決めて」しまって、後から説明する(しかない)

というスタンスは少々困ったものです。



最初は「自ら信ずるところをブレずに貫く」姿勢にも見えましたが、

どうもその裏には、

「どうせ説明しても分かってくれない=説得できない」

というネガティブな発想が感じられてしまい、いただけません。



日本国民相手でもこのやり方で支持が得られないのに、

それをそのまま、あの中国にやったらこうなります。



「石原さんが知事である都が買収したら過激な事態も予想されるので、
ひとまず国が動きます」

とかなんとか、もう少し「策」というか「見せ方」がないのか、

と思うわけです。



温家宝首相と会談した翌日に「国有化」発表!、では、

やはり日本人は全員が石原慎太郎だ!

と中国からは思われるでしょう。






さて、ちょっと話題を変えて「ランドセル」です。



竹村家でも3番目となる息子が、
来年の小学校入学に向けて「決める」季節です。



何を「決める」か?というと「色」です。



今は昔のように男子は黒、女子は赤、ではないですから。



子どもとしては大きな「自己主張」であり、
そこに親の「6年間使うのだから・・・」なんて意見もあるので、難しいのです。



今年ちょっと驚いたのは「価格」です。

2年前次女の入学の時にはニトリや、イオンが、
1万円以下や1万円台のモデルの発売を大々的に宣伝していました。



ところが、今年見当たりません。

調べてみると、「低価格帯のランドセル」は売れないんですね。




試しに「ランドセル 激安」で検索してみると、出てくるのは、

60000円が49800円、とか、
49800円が39800円、等。

こういう「激安」です。



1万円以下、なんて出てきません。



「安いものは壊れやすい」とか、
「安いものは使いづらい」という理由ではないようです。



各サイトのコメントを見ると、
子どもから、「何で他の友達と違って安物なの!」と言われるシーンを考えたら、
可哀想で買えない、というようなものまで。



ここまでナーバスにならなくても、
やはり、「一生一度の入学だから」という気持ちが強いのでしょう。



あと、「ランドセル」は祖父、祖母からのプレゼント、

というのが定着しつつあります。

「高級品」「高価格品」が人気になるのは、ここも大きな理由です。




何を隠そう、竹村家のランドセルも妻の実家からのプレゼントです。



そして・・・



「色」については親が強引に決めてはダメではないかと。

「後で後悔するから無難なクロにしとけ」

なんて野田首相的決定はいけません。



少なくとも「対話」の上での決定が大事。

そうしないと息子に「小さなデモ心」が生まれますからね。



本日もこの長いメルマガを最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


メールでいただく「ご質問」等には、
出来る限りタイムリーに答えていきたいと思います。



▼その他、ご意見・ご感想をお待ちしています。▼
その他「フランチャイズ」に関する質問などありましたら、
お気軽に、

info@ytakemura.com

まで、メールをいただければ幸いです。

~ 竹村 義宏 ~


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

■タイトル      『知って差がつく!新フランチャイズ発想法』
■発行者        竹村 義宏
■発行周期       ほぼ週刊
■発行システム     『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/

■配信中止はこちら  http://www.mag2.com/m/0001005201.html
■ご意見・ご感想    ytakemu0729@gmail.com


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


◆発行者:竹村 義宏のプロフィール


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


▼千葉県浦安市マリーナイースト在住の45歳、
妻と子ども3人の5人家族です。

▼平成元年、早稲田大学卒業後、
株式会社ナガセ(東進ハイスクール)に9年間勤務。
「東進衛星予備校」のフランチャイズ事業に携わる。

▼最初はなかなか加盟校の生徒が集まらず、
苦労するも、あるビジネス上のアイデア
をきっかけに全国で生徒が集まり出す。

▼オセロで黒が一気に白に変わっていくような
快感をビジネスで体験しました。

▼これでフランチャイズの面白さに取り付かれ、
より幅広いフランチャイズの仕事がしたくなり、
フランチャイズ事業支援のコンサルティング会社
株式会社ベンチャー・リンクに転職。

▼ここで10年。
携わったFC本部は7つ、
フランチャイズは20以上になります。

▼ここでは、数多くの成功もしましたし、
失敗もかなりありました。
上場した本部も数多くあれば、
残念ながら短期で本部自体消えてなくなった
フランチャイズもあります…

▼2001年1月1日、21世紀の初日の出を、
ハワイへ向かう豪華客船「飛鳥」から
FC事業で大成功した社長の方々
と見たのは、古き良き(?)思い出です。

▼その後、
株式会社トータルサービス
(カーリペアを中心とするフランチャイズ本部)に移り、
「個人起業のフランチャイズ」について、
様々な勉強をさせていただきました。

▼そして、

2010年7月より、
1986年創業で日本のFCコンサルティング会社の、
草分け的企業である、

 株式会社フランチャイズ総合研究所

の経営メンバーに参画しました。

▼現在は、
FCビジネスで「個人起業」の成功確率を上げる、
をテーマにいくつかのプロジェクトで
フリーエージェントとして動いています。


以上、大変長くなりましたが、
私の「フランチャイズ専門コンサルタント」としての
 ウリ としては、


▼塾、予備校の教育産業から、あらゆる外食、
中古車買い取り、岩盤浴から不動産、リペアビジネスまで。

仕事をしてきたフランチャイズの業種、数では
(おそらく)誰にも負けない、

ということ。

合わせて、

▼法人対象から
個人対象のフランチャイズまで経験しましたので、

 法人の新規事業としてもFC戦略、
 個人の起業としてのFCの見極め方と成功法、まで

幅広いノウハウのアドバイスができる

ということ。

です。

このメルマガで興味をもっていただけましたら、
下記までお気軽に連絡ください。


▼仕事に関する問い合わせ等は

  ytakemu0729@gmail.com

までお願いします。

知って差がつく! 新フランチャイズ発想法

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 週刊
最新号 2018/08/13
部数 275部

このメルマガを購読する

ついでに読みたい

知って差がつく! 新フランチャイズ発想法

RSSを登録する
発行周期 ほぼ 週刊
最新号 2018/08/13
部数 275部

このメルマガを購読する

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング