知って差がつく! 新フランチャイズ発想法

第83号をお届けします。『知って差がつく!新フランチャイズ活用法』

業界歴20年、25のFCに関わってきた、専門コンサルタントからの
フランチャイズシステムを上手に利用するためのワンポイント・アドバイス

【発行者 竹村 のプロフィール】はメルマガのいちばん最後です↓↓↓


■□■------------------------------------------------------■□■

『知って差がつく!新フランチャイズ活用法』  第82号 2011年4月17日

■□■------------------------------------------------------■□■

創刊から1年半、本日もメルマガ開封ありがとうございます。

このメルマガは、

・フランチャイズに加盟している、あるいは検討中の方(個人・法人)
また
・フランチャイズ本部を経営している企業様
・これから自社の事業フランチャイズ化を考えられている企業様

等など「フランチャイズ」というキーワードに関わる皆様に、
役立つ情報をお送りし続けたいと思います。


▼今回の目次です--------------------------------------------------------

【1】  フランチャイズの「ここだけの話」 <東進衛星予備校 第8回>
【2】 フランチャイズに役立つ「情報」
【3】 今週の竹村のBlogから 
【4】 編集後記 <「専門家」と「プロフェッショナル」の大違い>
【5】 発行者プロフィール  (毎回同内容)

本日から読むという方は、
是非お時間がある時に「バックナンバー」もお読み下さい。
 
 ↓ ↓ ↓

 http://archive.mag2.com/0001005201/index.html


【発行人 竹村 のホームページ】

  http://ytakemura.com/


【発行人 竹村 のBlog】 

「起業するなら移動販売?」 ライブドア ←ほぼ毎日更新のメインブログです。
 http://ido-axis.com/

「完全個別学習塾で起業する?」 アメブロ←ほぼ月水金更新
 http://ameblo.jp/ytakemura-juku/

「歌謡曲バーで起業する?」 アメブロ←ほぼ火木土更新
 http://ameblo.jp/ytakemura-bar/

【お・ま・け】
「自由が丘ヒットパレード Blog」 アメブロ←「たけ」のネームで毎日投稿中
  http://ameblo.jp/hippare/

↑竹村が趣味である「なつかしの歌謡曲」について毎日投稿しています。
歌謡曲好きな方は是非のぞいてみてください。


----------------------------------------------------------------------


▼【1】 フランチャイズの「ここだけの話」▼

 <東進衛星予備校 第 8 回> 

このコーナーでは、竹村がこれまでの仕事の中で関わってきたFCを取り上げ、
様々な「事例」「エピソード」を紹介していきます。
FCに取り組む上で「役立つ考え方」「使えるノウハウ」的に紹介していきます。

単なる「昔話」にならないよう意識して、毎回お送りします。


----------------------------------------------------------------------

今週は第7回ですね。

第1回  「東進衛星予備校」とは?
http://archive.mag2.com/0001005201/20110213130000000.html

第2回 「衛星予備校」が生まれるきっかけ
http://archive.mag2.com/0001005201/20110220130000000.html

第3回 加盟開発はまず最初に「理念」ありき
http://archive.mag2.com/0001005201/20110227160000000.html

第4回 全国に加盟校ができる、それだけではダメです
http://archive.mag2.com/0001005201/20110306140000000.html

第5回 生徒がなかなか集まらない~本部の施策は?
http://archive.mag2.com/0001005201/20110327170000000.html

第6回 「衛星予備校」大躍進のきっかけは?
http://archive.mag2.com/0001005201/20110403150000000.html

第7回 「きっかけ」をつかんだ本部はどう動いたか?
http://archive.mag2.com/0001005201/20110410140000000.html

これ以外に、「大震災」直後に配信させていただいた、
「号外版」に16年前の「阪神淡路大震災」における、
東進衛星予備校のFC本部としての少しだけ書いています。

震災号外版 にて 
「義援金」はスピードが命
http://archive.mag2.com/0001005201/20110314220000000.html


さて、今回第 8 回です。

「東進衛星予備校」編もそろそろ、最終コーナーです。

前々回、前回と、

「衛星予備校」が躍進するきっかけとなったのは、
加盟校が欠席した生徒の補習用に設置した、
1台の小さな「ビデオ一体型14型テレビ」だった。

ということを書きました。

今から思えば、「個別対応」というのがニーズだった、
というわかりやすい話です。

ただ、当時内部で仕事をしていたものとして、思い出しても、
「大画面・大迫力・ライブ感」というコンセプトで生徒がなかなか集まらない、
という状況で苦労をしても、

そもそも「大画面・大迫力・ライブ感」というコンセプトが、
ニーズをとらえてないんじゃないの?

という発想はできなかったと思います。


ビジネス的に言えば、

  顧客ニーズを全てをゼロベース思考で見直す

ということなのですが、社内でどんな「ブレスト的会議」をしても、
出てこなかったでしょう。


カリスマ社長が、自からの「体験」をベースにつくった事業コンセプトでしたし、
実際、「大画面」の授業に満足して受講している生徒も、沢山いたわけですから。


当初描いた「目標」とは大きく離れているものの、
生徒は徐々にではあるが増えている、
そんな状況において、

  「今やっている方向が間違いでは?」

とは思えないのが普通です。


そこに「風穴」を開けたのが「フランチャイズ」という仕組みですね。


一加盟校の成功を、「事例」にして、成功事例ノウハウにて、
全国の加盟校に広げたわけです。

これについては、「本部」の姿勢も素晴らしかったと思います。
「今まで言ってきたこと」に変こだわらなかったことが、
大胆な「方向転換」につながりました。

そして、それは「フランチャイズ」だからできたことだと確信しています。


ひとつのFCの成功事例を全体で共有しあう、

のがFCの最大のメリットですから。


しかし、ここでひとつ考えて欲しいと思います。


もし、衛星予備校が当初から、

「大画面・大迫力」を売りにせずに、

小さなテレビデオで「個別対応」を売りにしたら、

最初から生徒のニーズをつかむことができ、大成功していたでしょうか?


・・・

竹村の考えでは、それは「NO」だと思います。


おそらくは「ビデオ予備校」とか揶揄されて、全く生徒は集まらなかった、

と思います。


「ビデオを見るだけで授業料が高すぎる」

とか

「家で見るからレンタルしてくれ」

というようなことになっていたと思いますね。


この辺が、

  「新しいビジネス」で「新しい市場」を切り開く、

ことの難しさですね。



「ビジネスモデル」と簡単に言いますが、

  優れた「ビジネスモデル」があれば、成功したも同じ

なんてことはないのです。



「ビジネスモデルというのは、
関わる人間の“最初の”モチベーション高める役割、程度の認識ですね。
スタートには必要だが、最初のモデルでそのままいけるほどビジネスは甘くない」

これは、DeNA率いる南場智子代表の至言ですね。

全くその通りだと、
20年近の大部分を「新しいビジネス」を世に問うという仕事に、に関わってきて実感します。


次回、まだ「東進衛星予備校」編、つづきます。


----------------------------------------------------------------------


▼【2】 フランチャイズに役立つ「情報」▼


----------------------------------------------------------------------

■1) 「フリー戦略」が本当にわかりやすく解説された、ビデオセミナー

自身の会社もこの「フリー戦略」で年商20億にした、小川忠洋さんのビデオ講義。
ベストセラーとなったビジネス書「フリー戦略」(C.アンダーソン著)
より100倍わかりやすいと思います。

実践FREE戦略
 https://www.freestrategy.jp/

メール登録すると5日間、10~15分程度の動画が送られてきます。

フランチャイズ業界でも、最初のFCは「フリー」で加盟していただき、
それで儲けて、次のFCに加盟してもらう、なんて戦略が登場するのでは?



■2) 無料レポート「1週間でできる 起業資金のつくりかた」

竹村の無料レポートです。

「起業」を考える方の8割がぶつかる「資金」のハードルです。
そのひとつの解決法をまとめたレポートです。
実際に竹村がFC本部に勤務した時代に、資金不足の加盟検討者に紹介し、
実践して効果をあげた「ノウハウ」です。

「無料情報ドットコム」さんからダウンロードできます。
 http://www.muryoj.com/get.php?R=15770

また、このレポートは、フランチャイズ本部で加盟開発を担当される方にも、
かなり役立つ内容です。
この場合、もう少し詳細な「使い方」を個別にMailにてアドバイスいたしますので、
下記までお気軽にお問い合わせ下さい。

info@ytakemura.com


■3)有料教材「移動販売に役立つ本当の話」

「移動販売」フランチャイズで起業を検討されている方には、
まずこの「教材」を入手して勉強されることをオススメします。

名古屋で実際に「移動販売」で成功されているオーナーがまとめた「実践ノウハウ」です。

移動販売に役立つ本当の話
 http://www.infocart.jp/e/49202/149911/

「有料」ではありますが、
先輩オーナーの成功ノウハウ、失敗談が体系的のまとめられており、
「移動販売」に真剣に取り組むなら、手元に置くべきです。


■4)「7つの習慣」関連

フランチャイズ「起業」で、その「成否」の鍵のひとつが、
起業する本人のメンタル面、マインドです。
「サラリーマン発想」から「起業家発想」へのギアチェンジができるか、
がポイントになります。

「起業」で最も大切なのは、自身のマインド面のコントロールです。

「定番」ですが、これを超えるオススメ教材は出てきません。

「7つの習慣」のセルフスタディDVD
 http://123direct.info/tracking/af/164296/vyJJZf0a-S5niK8xv/

「7つの習慣」を日本に広めた、
ジェームス・スキナーの「ダイナミックな人生を生きる方法」
 http://123direct.info/tracking/af/164296/mZ03mYms-xErXB8Jb/



----------------------------------------------------------------------

▼【3】今週のBlogから ▼ 

-----------------------------------------------------------------------

竹村が日々綴っているBlog記事から、
いくつかの記事のリンクはっていきます。
是非お時間のある時に興味ある記事をクリックを!

「なんでんかんでん」川原社長にに「天誅」!
http://ido-axis.com/archives/51514456.html

余震の連発に改めて思う「塾」の意義
http://ameblo.jp/ytakemura-juku/entry-10859512630.html

「バールニーチャ」さん閉店してしまいました・・・
http://ameblo.jp/ytakemura-bar/entry-10859486778.html

「湘南My Love」をBGMにハイレグを想う・・・
http://ameblo.jp/hippare/entry-10863101814.html

-----------------------------------------------------------------------


▼【4】編集後記 ▼ <「専門家」と「プロフェッショナル」の大違い>


-----------------------------------------------------------------------

「放射能汚染」の今後についての「専門家」たちのコメントは困ったものです。

とくにテレビで長々と専門的な解説を聞かされた後、
「あくまで現時点での予測ですが。」なんて締めくくられると、頭が痛くなります。


「現時点では大丈夫ですが、今後は予断を許しません」

なんて、「何も言ってない」に等しいでしょう。


司会者とかが鋭く突っ込んだ時の、

「なかなかお答えが難しいんですが・・・」の枕詞は聞き飽きました。


今朝のTBSの番組、「時事放談」で、民主党の長老、渡部恒三さんが、

  専門家たちは、今や、「5 + 5 = 10」みたいなことすら言い切れない

と苦言を呈されていましたが、まさにそんな感じです。


ただ、専門家たちに同情するとすれば、それだけ、「想定外」のことが起こった、
ということなのでしょう。

そんな状況下で、専門家に「言い切れ」というのは無理な注文なんでしょう。


そういう意味では、YouTubeで話題になった大前研一さんの動画は、
かなり「言い切られて」いました。

大前さんは、専門家、評論家ではなく、「プロフェッショナル」志向を感じます。


「プロ」というのは、「言い切れ」るんですね。
というか、
その道「プロ」というのは、自らの経験から、言い切らなければなりません。
ハッキリ言わなければならないのです。



「プロ」をイメージするのにいちばんわかりやすいのは、一流の「板前」です。

一流の「板前」に、

  「今日美味しいハマチある?」

と聞いたら、答えは「ある」か「ない」かのどちらかなのです。

  「あるにはあるんですが・・・」

 「この時期、美味しいとまではどうかなぁ・・・」

なんてことは絶対に言わないはずです。



実は、「コンサルタント」という仕事も、

この「専門家」と「プロフェッショナル」の狭間が難しいですね。



竹村としては、もちろん、

「プロフェッショナル」を目指しています。




本日も最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。



-----------------------------------------------------------------------


メールでいただく「ご質問」には出来る限りタイムリーに答えていきたいと思います。

▼ご意見・ご感想をお待ちしています。▼
その他「フランチャイズ」に関する質問などありましたら、

takemura@axis-cg.jp

まで、メールいただけましたら、
今後のメルマガに掲載していきたいと思います。

~ たけむら ~

-----------------------------------------------------------------------

■タイトル      『知って差がつく!新フランチャイズ活用法』
■発行者        竹村 義宏
■発行周期       ほぼ週刊
■発行システム     『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/

■配信中止はこちら  http://www.mag2.com/m/0001005201.html
■ご意見・ご感想   takemura@axis-cg.jp

-----------------------------------------------------------------------

▼【4】発行者:竹村 義宏のプロフィール▼

-----------------------------------------------------------------------


▼千葉県浦安市マリーナイースト在住の44歳、
妻(専業主婦)と3人の子持ち。(全員子ども手当て対象!)

▼平成元年、早稲田大学卒業後、
学習塾、予備校経営の企業に9年間勤務。
全国の「衛星予備校」のフランチャイズ事業に携わる。

▼最初はなかなか加盟校の生徒が集まらず、苦労するも、
あるビジネス上のアイデアをきかっけに全国で生徒が集まりだす。

▼オセロで黒が一気に白に変わっていくような快感を
ビジネスで体験しました。

▼これでフランチャイズの面白さに取り付かれ、
より幅広いフランチャイズの仕事がしたくなり、
フランチャイズ事業支援のコンサルティング会社に転職。

▼ここで10年。
携わった本部は7つ、フランチャイズは20以上になります。

▼ここでは、数多くの成功もしましたし、失敗もかなりしました。
上場した本部も数多くあれば、残念ながら消えてなくなった
フランチャイズもあります。

▼世界でいちばん早い21世紀の初日の出を、
ハワイへ向かう豪華客船「飛鳥」から
フランチャイズで大成功した社長の方々と見たのは、
古き良き(?)思い出です。

▼その後、
現在急成長中のカーリペアを中心とするフランチャイズ本部に移り、
「個人起業のフランチャイズ」について様々な勉強をさせていただきました。

      (上記2社比べるとかなり短い在籍となりましたが、
         ここは本当に勉強になりました)

そして、

本年7月より、
FCコンサルティングを主業務とする

    株式会社アクシスプラス の設立に参加。

 あわせて、

1986年創業で日本のFCコンサルティングの草分け的企業である、

    株式会社フランチャイズ総合研究所

の経営メンバーに参画させていだきました。


以上、大変長くなりましたが、
私の「フランチャイズ専門コンサルタント」としての ウリ としては、


▼塾、予備校の教育産業から、あらゆる外食、中古車買取、
岩盤浴から不動産、リペアビジネスまで。

仕事をしてきたフランチャイズの業種、数では(おそらく)誰にも負けない、

ということ。

合わせて、

▼法人対象から個人対象のフランチャイズまで経験しましたので、

    法人の新規事業としてもFC戦略、
    個人の起業としてのFCの見極め方と成功法、まで

幅広いノウハウのアドバイスができる

ということ。

です。

このメルマガで興味をもっていただけましたら、
下記までお気軽に連絡ください。




▼仕事に関する問い合わせ等は

   takemura@axis-cg.jp

までお願いします。

知って差がつく! 新フランチャイズ発想法

発行周期: ほぼ 週刊 最新号:  2019/02/17 部数:  306部

ついでに読みたい

知って差がつく! 新フランチャイズ発想法

発行周期:  ほぼ 週刊 最新号:  2019/02/17 部数:  306部

他のメルマガを読む