ネーミング解体新書

ネーミング解体新書Vol.12  若者に絶大なる人気のあのお店、売り方の秘密とは?


カテゴリー: 2010年12月28日
 ■□□■□□■□□■□□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『Naming Lab』のメルマガ!  
http://www.naminglab.jp                 

          ☆★ネーミング解体新書★☆  vol.12
                        2010/12/27発行

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□□■□□■□□■□□■

こんにちは。
ネーミングラボ編集部です。

ネーミングメソッドから驚きのトリビアまで、
ネーミングにまつわるあれこれを解体しちゃうメルマガ「解体新書」。

ときにはカッチリと、ときにはソフトタッチでネーミングを解体、解剖します!



第12号、解体するお題は…
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                        ヴィレッジヴァンガード
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


このメルマガをご覧いただいている皆さんならもう、
ネーミングの大切さを十分にご理解されていることと思います。

ということで、今回はちょっとだけ横道に逸れて、
ネーミングの周りで活躍してくれるものの一つ、
「キャッチフレーズ」についてお話させて下さい。

舞台は、あの「遊べる本屋 ヴィレッジヴァンガード」です。

なぜ、「ヴィレッジヴァンガード」と「キャッチフレーズ」!?

時代を担ってきた大型百貨店が、不景気に喘ぎどんどん閉店していく昨今。

ついに、先日2010年12月25日。

バブル期、「流行の発信の拠点」と言われた有楽町・西武百貨店までも閉店。

そんな中、世間の不況はどこ吹く風、
地道に店舗を拡大させているお店がありました。

それがヴィレッジヴァンガード。

若者に人気のあの店です。

一体、ヴィレッジヴァンガードってどんなお店なのでしょう。




=====================================================
〜ヴィレッジヴァンガード 研究(1)〜
ヴィレッジヴァンガードって、変なお店!!
======================================================


ごちゃごちゃと何やら怪しげなものが雑多に積み上げられている・・・。

そんな店づくりの「ヴィレッジヴァンガード」。

実は、値引きもしなけりゃPOSの管理もしないという、
こんな不景気なご時世にとても珍しいお店なんです。

でも、どんどん店舗を拡大している!!

なぜでしょうか・・・。

売上のカギと言われるのが、黄色いPOPに書かれたキャッチフレーズ。

http://vgvd.jp/vv/goods/00000ol023/?rid=mc_bd_gv

ここには、いわゆるマス広告とは違った、
面白い手法のキャッチフレーズが存在しているのです。



======================================================
〜ヴィレッジヴァンガード 研究(2)〜
ヴィレッジヴァンガードの十八番、黄色いPOP!!
======================================================


順調な店舗展開の理由の一つとして外せないのが、
なんといっても黄色いPOP。

商品を説明するあの黄色いPOP、実はすべて各店舗店員さんの自作です。
だから、同じ商品でも店舗によって文言が違うんです。

300店舗あれば、300通りの文言が存在します。

お店によって持っている個性が違う、
それがまたヴィレッジヴァンガードの面白さなのです。

各店舗別。

そこには地域性やお客さんの色1人ひとりまでも考えられた
非・マスアプローチがあります。



======================================================
〜ヴィレッジヴァンガード 研究(3)〜
黄色いPOPは、商品を褒めない?
======================================================


さてさて、本来であればお店の売り上げを上げるために、
「商品の良いところをお客さんに知ってもらいたい!」
と思うのが通常の売り手の気持ちです。

しかし、実はこの黄色いPOP、
商品を決して正面からまっすぐに褒めてくれない。

ちょっとだけ、紹介しましょう。


例えば・・
----------------------------------------------

・普通のビニール傘のPOP
「おもしろくないカサ入りました」

・ムーミン谷スナフキンの人形のPOP
「元祖 プータロー」
----------------------------------------------


確かに!!!





======================================================
〜ヴィレッジヴァンガード 研究(4)〜
黄色いPOPは、買い手の心を掴む言葉を。
======================================================


そもそも、創設者の菊池敬一氏は、
「自分がお客さんだったら・・・」という思いで、
ヴィレッジヴァンガードというお店を発進させました。

書店であるにも関わらず、雑貨やCDなども一緒に販売する、
いわゆる複合型書店であるという特徴も菊池氏の
そういった発想から始まったそうです。

では菊池さんの発想をお借りして・・・

黄色いPOPを見たとき、
自分がお客さんだったらどう感じるでしょうか?

思わず、「ニヤッ」としてしまいませんか?

例えば先ほどのビニール傘の例。
同じものはコンビニでも売っています。

でも、まるでおもちゃ箱のようなヴィレッジヴァンガードの中で
あの斬新なキャッチフレーズを見ると、
ごく普通のビニール傘が、何か面白い商品であるような気がしてきませんか?





=========================================================
〜ヴィレッジヴァンガード 研究(5)〜
「遊べる本屋 ヴィレッジヴァンガード」の
「遊んだキャッチ」がお客さんをキャッチする。
=========================================================


つまり、ヴィレッジヴァンガードは「遊べる本屋」であり、
その売り方にも「遊べる本屋」を貫いているということになるのではないでしょうか。

ヴィレッジヴァンガードに来るお客さんは、普通の本屋ではなく、
遊べる本屋に来ているのです。

そこで、黄色いPOPというカタチで
その遊びたい心を刺激するキャッチフレーズが並んでいる。

黄色いPOPはまるで、親しい友達みたいじゃないですか?

一緒に買い物に来て、何か面白いことを言ってくる友達。

そして、1人で買い物に来るよりも、
つい何かを買ってしまうようなそんな感覚にさせるPOP。


つまり、キャッチフレーズとは、どう言うかの前に、
まずどのような場所で、誰に向けて発信するのか、が大事なのです。




=========================================================
〜ヴィレッジヴァンガード 研究(6)〜
アイディアのヒントをもらいに行こう!
=========================================================


今日も我が道を行くヴィレッジヴァンガードの
遊び心満載、自由過ぎるキャッチフレーズ。

しかし、どのような場で誰に発信するのかをよーく分かっています。

宣伝方法に悩んでいる方は、発想の切り口の参考に、
ブランディングに悩んでいる方も、成功するブランディングの参考に。

息抜きも兼ねて、ヴィレッジヴァンガードへ行ってみるのもいいかもしれませんね。

閉塞した空気のニッポン社会とは真逆の
おもちゃ箱のように楽しいヴィレッジヴァンガード。

もしかしたら、何かいいヒントが見つかるかもしれませんよ。

楽しい場所には楽しいアイディアがあるものです。






参考:ヴィレッジヴァンガードHP Wikipedia
======================================================
メールマガジン『ネーミング解体新書』
☆ 発行者:ネーミングラボ(有限会社ココカラ)
     〒107-0062 東京都港区南青山4-17-51 清水ビル1F
☆ご意見・ご感想・お問い合わせ:info@naminglab.jp
☆公式サイト:http://www.naminglab.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ アドレス変更:件名「アドレス変更」と記入のうえ、旧アドレスと
新アドレスを明記し、info@naminglab.jpへメールをお送りください。

★配信停止:本メール配信停止ご希望の場合は、以下のURLから
簡単に手続きが可能です。お手数ですがよろしくお願いいたします。
ご購読、ありがとうございました。
http://www/mag2.com/m/0001000371.html 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Copyright(c)2010cocokara Co.,Ltd. All Rights Reserved.

このメルマガは現在休刊中です

ネーミング解体新書

RSSを登録する
発行周期 隔週
最新号 2010/12/28
部数 0部

このメルマガは
現在休刊中です

ついでに読みたい

ネーミング解体新書

RSSを登録する
発行周期 隔週
最新号 2010/12/28
部数 0部

このメルマガは
現在休刊中です

今週のおすすめ!メルマガ3選

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

親鸞に学ぶ幸福論
【あなたを幸せにさせない理由はただ一つの心にあった。その心がなくなった瞬間に人生は一変する】と親鸞は解き明かします。 「本当の幸福とは何か」はっきり示す親鸞の教えを、初めての方にもわかるよう、身近な切り口から仏教講師が語ります。登録者にもれなく『あなたを幸せにさせない5つの間違った常識』小冊子プレゼント中。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2017年、億り人に。 平成24年より投資助言・代理業を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。 2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数3万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。 主な著書に『10万円から始める高配当株投資術』(あさ出版)『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』(日本実業出版社)
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

今週のおすすめ!メルマガ3選

右肩下がりの時代だからこそ、人の裏行く考えを【平成進化論】
【読者数12万人超・日刊配信5,000日継続の超・定番&まぐまぐ殿堂入りメルマガ】 ベストセラー「仕事は、かけ算。」をはじめとするビジネス書の著者であり、複数の高収益企業を経営、ベンチャー企業23社への投資家としての顔も持つ鮒谷周史の、気楽に読めて、すぐに役立つビジネスエッセイ。 創刊以来14年間、一日も欠かさず日刊配信。大勢の読者さんから支持されてきた定番メルマガ。 経験に裏打ちされた、ビジネスで即、結果を出すためのコミュニケーション、営業、マーケティング、投資、起業、経営、キャリア論など、盛り沢山のコンテンツ。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

●人生を変える方法【人生をよりよくしたい人必見!誰にでもできる方法を組み合わせました。】
■「人生(自分)の何かを変えたい!」と思ってる方、まずは最初の1分から始めましょう!今日は残っている人生の一番初めの日です。今、「人生を変える方法」を知ることで、一番長くこの方法を使っていくことができます。コーチングで15年間実践を続けてきている方法なので、自信をもってお勧めできます。「人生を良くしたい!」と思うのは人として当然のこと。でも、忙しい生活の中で人生(自分)を変えることって諦めてしまいがちですよね。誰かに変える方法を教えて欲しいけど、その方法を知っている人は少ない。だからこそ・・・。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

サラリーマンで年収1000万円を目指せ。
高卒、派遣社員という負け組から、外資系IT企業の部長になった男の、成功法則を全て公開します。誰にでも、どんな状況、状態からでも自分の力で人生を変えるための情報と知性を発信しています。人生を意のままにするには、脳みそとこころの両方が進化しなければなりません。そんな進化とは何か?をお届けする四コママンガ付きメルマガです。2014年から4年連続でまぐまぐ大賞部門賞を受賞しました 学歴やバックグラウンドに拘わらず、人生を思いのままに生きるために必要な考え方が書かれた、「良書リスト」も希望者に差し上げています。
  • メールアドレスを入力

  • 規約に同意して

他のメルマガを読む

ウィークリーランキング