~成功の研究~知って得する起業とビジネスのヒント

【中村健一郎:成功の研究Vol.191】給与体系

カテゴリー: 2017年06月15日
☆★☆────────────────

~成功の研究~
 知って得する起業とビジネスのヒント

─────────────── 第191号

多様なビジネスの現場に深くかかわる公認
会計士・税理士の立場で、見たこと・得た
知識・感じたことを、特に起業を志す人や
スモールビジネスの経営者の成功につなが
るよう、楽しく・分かりやすくお届けしま
す。

なお、筆者執筆中の(株)ASC・中村会
計のHPのASCレポート
(http://www.asc-report.jp/)との関係
は次の通りです。
1)月末:ASCレポートの一部要約版
2)月中:メルマガのオリジナル
___________________
目次
■今回のテーマ:給与体系
■まとめ
■編集後記
___________________

卸売業者、出版企画会社、介護事業者。

ここ半月ほどの間に、お客様の社長と従業
員の給与体系についてお話する機会が複数
ありました。

給与体系というか、その前段にある評価体
系と言って良いかもしれません。

その話は次の通りでした。

1.卸売業者
あるジャンルの商品について、一時期はル
ートセールスが全国を飛び回って飛ぶ鳥を
落とす勢いでした。
代表者の強力なリーダーシップで、体育会
に通じる乗りで従業員同士が切磋琢磨して
いました。
ルートセールスをしながら、さらに新規も
がんがん取っていく。
しかし、その方が一線を退いてからという
もの、現在に至るまで業績が低下中。

魅力的な商品の減少、消費者の購買意欲の
低下、等々ほかにも理由はありますが、大
きな原因の一つに報酬体系がほぼ固定化し
ていることがありそうです。

やってもやらなくても同じ。
こんな気持ちがまん延し、できる人までや
らなくなる悪循環。

以前の代表者の下では考えつかないような
怠慢な仕事ぶりが散見される事態でした。

そこで成果連動を強めた報酬体系に変更中
。
一定の混乱は生じるでしょうが、緊張感の
ある仕事とそれによる業績向上が期待でき
そうです。

2.出版企画会社
昨年からお客様になっていただいています
。
ある特定ジャンルの出版企画会社です。

そこでは、従業員の方に、こんな成果を出
すから年収はいくらほしい、という希望を
出させて、決定しています。

人数が少なく、良識的なメンバーだからで
きる、とのこと。

非常識な希望金額は出てこないそうで、個
人間での増減はあっても、全体として社長
の人件費イメージに沿った結果に落ち着く
そうです。

このような給与の決定方法は、実はアイデ
アとしては昔からビジネス書でも紹介され
るものですが、身近でうまく運用している
会社は初めてでした。
洗練された大人の会社でないとできません
。
少しでもおかしな人が出てくると収拾がつ
かなくなるからです。

3.介護事業者
昔からある大きな介護事業会社にお勤めだ
った社長。

以前の給与は等級号俸で決められていて、
それが嫌だったとのこと。

等級号俸は、お役所でよく取られる体系で
す。
等級でランクを、号俸で給与を決定します
。
たとえば、6等級にいる間は、号俸がいく
ら上がっても天井があって、5等級に上が
る必要があります。

ただ、そのランクアップが年次によること
が多いので、等級号俸イコール年功序列と
いうイメージがあるくらいの制度。

それゆえに、社長は成果に連動した別の体
系を模索されているのですがなかなか良い
ものが浮かばないとのこと。


給与体系、さらにはそこに至る人事評価方
法には絶対の正解がありません。

ただ、成果に対してリターン(特に経済的
リターン)を用意しないと従業員のやる気
を引き出せません。

起業家である人は、昔から仕事ができて、
放っといても高い給料をもらっていた人も
多く、さらに起業後も人一倍情熱があるた
め、繊細な昇給制度に思いを馳せるのが難
しい面があります。

しかし、人を使う立場になったら最重要な
部分でもあるため、常に念頭に置く必要が
あるのも確か。

私も、従業員がどこまで満足してくれてい
るかわかりませんが、ずいぶん工夫して今
に至っています。

■まとめ
___________________

給与体系・評価方法には絶対の正解がない
。
だからこそ、常に配慮と工夫が必要

■編集後記
___________________

先週、上記の三社とは別のお客様の事務所
に伺いました。

もう10年以上前からお世話になっていて
社長もおよそ50歳。

伺ったら、ちょうど英語の実力をブラッシ
ュアップしつつ、中国語を勉強中でした。

実際にどんな風に勉強しているかも見せて
くれて、ビジネスレベルで中国語を使える
と良いでしょ、と。

さらには、スペイン語とタガログ語も始め
るとのこと。
社長に言わせると、タガログ語は結構簡単
らしいです。
(うそかもしれません。)

ただ、自分よりも年上の人のチャレンジを
聞いていて、なんだかわくわくしました。

そんな私は、子供の頃から父に、英語はち
ゃんと話せるようにしろとよく言われまし
たが結局言う通りにしませんでした。

父は、仕事で海外とのやり取りがあったの
で、毎日欠かさず勉強していました。
外人が日本に来た時に連れてかれることも
ありましたが、私は片言、父が話す。

かなり居心地が悪いので、その時はちゃん
とやろう、と思ったりもしたのですが。。
。

___________________

メールマガジン「成功の研究」

☆発行責任者:中村健一郎
☆公式サイト:http://www.ascinc.co.jp/
 ☆問い合わせ:info@ascinc.co.jp
 ☆登録・解除:
http://www/mag2.com/m/0001000369.html

~成功の研究~知って得する起業とビジネスのヒント

発行周期: 隔週刊 最新号:  2019/01/15 部数:  1,211部

ついでに読みたい

~成功の研究~知って得する起業とビジネスのヒント

発行周期:  隔週刊 最新号:  2019/01/15 部数:  1,211部

他のメルマガを読む